一悟術

一悟術のルーツ

一悟術は縄文時代初期に生まれた技術がルーツであると伝えられています。

もともと存在していた自然信仰の発展形として、
一悟術の元となる知恵が治療などの目的で使われるようになっていったとのことです。

もちろん現代医療のような機器や薬は存在していないので、
特殊な意識状態で使える人間の潜在能力が主として活用されたのです。

そして、この知恵は縄文時代中期には隆盛期を迎え、
多くの一般人にも活用されるようになりました。

その後、人々が自然と調和して生きる度合いが低下していく過程とともに衰退し、
一部の人々の間だけで伝承されていくようになりました。

より詳しい歴史

 

当初から、
その人が生まれ持った本来の状態に戻すという世界観で発展したことから、
生きづらさを軽減してその人本来の輝きを取り戻すのに有効です。

軽減するために

上に戻る