一悟術

2015/03/15号

⇒メルマガに無料登録してみる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■一悟術メールマガジン                 2015.03.15号 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、メルマガ発行担当の矢野です。

ヒーラーの松村憲さんが
『日本一わかりやすいマインドフルネス瞑想 “今この瞬間”に心と身体をつなぐ』
を出版されました。
書店で手に取ってみてくださいね。

さて、それではメルマガスタートです。

●——————————————————————–

■コラム

15日号は向みどりさんによる全12回の連載「私と家族の物語」。
今回は第11回です。

私と家族の物語(11)~父を超える時~

私が10代の頃、母方の祖父の遺産相続で親族が揉めたことがありました。

正確に言うと、遺産を相続した時は揉めなかったのですが、
その後、祖母の介護問題などの諸事情とお金が絡み、
今まで仲の良かった親族がケンカをしては表面的に仲直りをするということが
長い間繰り返されました。

その間、母の愚痴や文句を私たち家族が聞かされ続けました。

今なら母のやり場のない気持ちを受け止めることもできるのですが、
高校生だった私や弟達には、「お金って汚い」「お金は人間関係を壊す」
「お金なんてなければいいのに」というネガティブな思いばかりが溜まっていきました。

あの出来事は家族全員にとって大きなトラウマとなりました。

そのため、遺産相続から20年以上経っても、家族で当時の話ができませんでしたし、
言い争った苦い思い出がよみがえり、今の実家を将来どうするかという話は
誰も触れようとしませんでした。

私もあの時の遺産相続が原因でお金が大嫌いでした。

しかし、ビジネスをしていく上でも、人生をさらに豊かに幸せに生きていく上でも、
お金のトラウマは解消する必要がありました。

そのため、この2~3年は、必死でお金と向き合ってきました。

その効果が出たのは去年の秋でした。
突然、今までガッチリとくっついていた「お金と幸せ」が切り離れたのです!

文字通り、お金があっても無くても幸せという感覚を掴むことができました。

その自由度と言ったら、体重が半分になったかと思うくらい軽く感じました
(実際の体重は変わりませんでしたが 笑)

そして、お金と幸せが切り離れた時、ふっと思いました。

「今なら、家族であの遺産相続のこと、実家の家や土地の将来のことを話せるかもしれない」

そこで意を決して、両親と2人の弟達に家族会議を提案しました。

すると意外にも、すんなり承諾してくれて、改めて家族で話し合うことになりました。

結果的に、それは大成功でした!

「俺は実家の遺産相続には関わらない!」と若い頃に言っていた末の弟が
積極的に話し合いをリードしてくれたのです。

末弟とは、お互いに忙しくて普段はあまり会話をしないのですが、
この時は、家族の想いを全てくみ取りながら、
みんなが協力できるようにまとめてくれました。

そして、これまで家の将来について多くを語らなかった父も、
どれだけ家族を想い、みんなが幸せになることを願っているかを話してくれました。

私が取り組んできたように、家族がそれぞれの人生で
過去のトラウマと向き合ってきたのだと思います。

お互いの絆を感じることができた和やかな話し合いになり、
家族がより良い形で再結成できたのを感じました。

「あの遺産相続から学べたからこそ、今の私たち家族がある」
全員がそう思えた時間だったと思います。

家族としてこの人生で出逢い、共に様々な経験をしてきました。
そして、この家族会議で、その一つのプロセスから卒業する時が来たのだと思いました。

親は親の役割を、子供は子供の役割を終えたのです。

子供が親を超えることで人類は成長してきました。
私にもその時が訪れたようでした。

父は私にとって、いつでも良きお手本であり、超えられない存在でした。

しかし先日、谷孝祐氏に「お父さんを超えてはいけないと思っていませんか?」と
聞かれた時、言葉にできない悲しさが込み上げてきました。

私は良妻賢母になる教育を受けていて、
男性を支える女性にならなければいけないと信じていました。
そのためには、決して男性を超えてはいけないと思っていました。

男性である父を超えるということは、
自分が人生で作り上げてきた価値観が総崩れになるということです。

こんなに悲しいことはありません。

1週間ほど、自宅で一人の時に、父を超える悲しさを感じて泣き続けました。

泣いて、泣いて、泣いて、やっと悲しいという感情がなくなってから、
父の凄いと思うところを書き出しました。

好きなことをしている
ワガママを貫いている
家族のことを心から想っている
・・・などなど

そして最後に、私の方が父よりも凄いと思えることを書き出しました。

好きなことをビジネスにしちゃった
ホテルを借り切ってイベントをするほど超ワガママ
インナーチャイルドを生まない家庭作りの専門家

・・・私、父より凄いかも・・・(笑)

そう思った途端に、父が超えられない存在から、
そこそこ人生を楽しんでいる普通のオジサンに思えるようになりました(笑)

もちろん、父の方が凄いと思うことは他にもありますが、
今、私がしていることでは父よりも優れていると腑に落ちたのです。

父を超えようと思えたきっかけがもう一つあります。

男性である父や夫を支えたいという気持ちは以前からありました。

そして、谷さんからこう言われてハッと気づきました。

「超えなければ支えられませんよ」

そりゃそうだ!(笑)

弱い人間は誰も支えられません。
精神的にも経済的にも超えられるだけ超えて、本当の意味での良妻賢母になろう!

父を超えたと思えた瞬間、私はやっと親孝行ができたのかもしれません。

そしてこれからは、家族だけでなく、必要としてくれる人たちを支えられるように、
もっともっとしなやかに強くなっていきたいと思います。

次回は最終回、自分への深い信頼のお話です。

(向みどり http://ameblo.jp/kokorotabi/ )

※第1回はこちら http://bit.ly/ichigo140515
※第2回はこちら http://bit.ly/ichigo140615
※第3回はこちら http://bit.ly/ichigo140715
※第4回はこちら http://bit.ly/ichigo140815
※第5回はこちら http://bit.ly/ichigo140915
※第6回はこちら http://bit.ly/ichigo141015
※第7回はこちら http://bit.ly/ichigo141115
※第8回はこちら http://bit.ly/ichigo141215
※第9回はこちら http://bit.ly/ichigo150115
※第10回はこちら http://bit.ly/ichigo150215

●——————————————————————–

■一悟術開発者に聞く宇宙の真理

●質問
恋愛関係が滞る時には、やはりインナーチャイルドや過去生トラウマが
関わるのですね。恋愛のためにもヒーリングは効果あり?と実感することが
あります。しかし、恋愛しても人は学び続けるということでしょうか?
どこまで我々は学び続けるのでしょう?

●回答
本人の主観として学び続けていると感じるかどうかは別の問題になりますが、
本質的には永久に学び続けるものであると考えられます。
そういう意味で終わりのない旅なのかもしれません。
ただ、一つの学びが終わったら次の新たな学びが始まるというように、
学ぶべき対象が切り替わっていくものでもあります。
そして、成長すればするだけ厳しい学びは減っていき
遊びと変わらないようなものになっていくでしょう。

●質問
快眠グッズを改めて考えよう、と思いました。
さて、寝ている間のことも考えると興味深いのですが、
今回は改めて地球のことについて伺います。
魂の存在を仮定するならば、今生は私たちは地球を選んで生まれてきたとも
考えられるのですが、この地球に生まれる意味とは何なのでしょうか?
人々が色々な価値観を問い直す今だからこそ、聞いてみたいと思いました。

●回答
基本的には人それぞれであると考えられます。
ただ、もし共通点をあげるとするのであれば、
物理次元でどう生きていくかという課題に向き合うことなのかもしれません。
もう少し具体的に表現すると、
個が個を生かしつつ他と協調していくというエッセンスが主のように感じます。
それとともに、地球の豊かさを享受して楽しむことで
地球と協調するという傾向もあるように思います。

(回答:谷孝祐 http://www.honsitu.com/ )

前号の質問・回答の続きとなっていることがあります。
バックナンバーはこちら↓から確認できます。
http://www.ichigojyutsu.com/modules/backnumber/index.php?content_id=1

    ——————————————————    

一悟術ヒーラーの松村憲がみなさまに変わって、開発者に質問を投げかけます。
聞いてみたいことがありましたら、以下までご質問を募集しております。

↓質問はこちらから送ることができます。
http://www.ichigojyutsu.jp/modules/contents/index.php?content_id=54

すべての質問にお答えするのは難しいのですが、
できる限り多くの質問にお答えしていこうと考えています。

●——————————————————————–

■一悟術能力者インタビュー

今回は八神詠子さんへのインタビューです。

連続4回のうち最終回となる今号は、体験した変化と
能力開発を受けた経緯について語ってくれています。

==============================================
八神詠子(一悟術ヒーラー、沖縄県在住、活動歴5年)
http://ameblo.jp/healing8/
==============================================

●やや長い目で見ると、どんな変化がありましたか。

自分の感覚を信頼出来るようになりました。
以前は、こう感じているけど、こう感じる自分というのは
おかしいのじゃないかとか。
人に伝えるときも、こんなこと自分が言っていいのかという想いがあった。

今は、自分が感じているんだからそれでいいんじゃない。
それを相手がどう受け止めようがそれは相手の問題だなと。

そうそう、姿勢が良くなって、最近1センチ背が伸びたんですよ(笑)
人から見て姿勢がいいとよく言われます。

肌がきれいになって、肌トラブルがほんとになくなりました。
(沖縄なのに)日焼け止めなども塗ってないのに焼けないんです。

髪の毛とかもよくなった気がします。
コシがあるようになって、ハリ、つやが出てくる感じ。

子育てに関しては、堂々巡りがないと感じてます。
子供と何かあった時に、自分のインナーチャイルドにさかのぼり、
それを解消していくと子供との関係が変わっていきます。

流れが良くなり続けている感じですね。

●どうしてヒーリングの能力開発をしたのですか?

受けた後、いいと思ったから(笑)

これだと思った。
これすごいヒーリングだからと。
自分で変化も実感していたし。
効果もあるし、興味もあって、惹かれるヒーリングでもあったので。

世の中に根本的なものを広めていきたい。
人を変える根本的なものがあるに違いないと思っていて。
これこそ、そのものだと思った。

今、その想いが軸になってます。
そういうものがやっぱりあったんだ。
やっぱりこれだったんだと。
見つけられてよかったと思ってます。

●トラウマの連鎖を止めるという想いはどこから?

もともとは妊娠中の自分に対する想いでした。
(そして、子育てや自分の両親との関係を通じ、やってきたことだと)

自分はどういうヒーラーでありたいのか、
どういう理念を掲げたいのか、模索するうち、
今年に入ってから、はっきり意識しました。

トラウマの連鎖を止めることを伝えていきたいと。

子育て中の方。
子供に関わる方。
親子関係で悩んでいる方に。

そこが原点でもあり目指す地点です。

●ありがとうございました。

※第1回はこちら http://bit.ly/ichigo150201
※第2回はこちら http://bit.ly/ichigo150215
※第3回はこちら http://bit.ly/ichigo150301

●——————————————————————–

■イベント情報

———————————————————————-
 一悟術コミュニティに参加されている方が行うイベント情報です。
———————————————————————-

◆3月17日(火)「『こころのワダカマリ』シェア会」@新橋
http://cocoronobihaku.com/?p=330
主催:一悟術ヒーラー 永田雅宏

◆3月21日(土)「心の声を聞く魚座新月・お茶会」@静岡
http://www.reservestock.jp/events/61624
主催:一悟術ヒーラー モト

◆3月21日(土)「春本番!ココロ×カラダクリアリング」コラボ呼吸瞑想会@代々木
http://ameblo.jp/s-healing/entry-11993751673.html
主催:一悟術ヒーラー(Linden Salon) 熊木幸奈

◆3月22日(日)「春風を呼ぶ瞑想会」@都内十条
http://ameblo.jp/s-healing/entry-11993488409.html
主催:一悟術ヒーラー(Linden Salon) 熊木幸奈

◆3月28日(土)「『こころのワダカマリ』シェア会」@東京都立川市
http://cocoronobihaku.com/?p=330
主催:一悟術ヒーラー 永田雅宏

◆3月28日(土)「自分をステキにプロデュース『お茶会forセルフスタイリング』」@横浜
http://ameblo.jp/umikarakaela/entry-11998343430.html
主催:一悟術直感リーダー attirant パーソナルスタイリストRie

◆3月31日(火)「ボスニア・ヘルツェゴビナ大使の「本当にやりたいことを叶える」お茶会
~Dream Manifestation Tea Time with Bosnian Lady Ambassador~」@六本木
http://ameblo.jp/kokorotabi/entry-11997185902.html
主催:ロイヤルウーマンズLABO 向みどり

◆4月13日(月)「華麗なるスパークリング・メディテーションVol.2瞑想ライブ」@品川
http://ameblo.jp/s-healing/entry-11995614538.html
主催:一悟術ヒーラー(Linden Salon) 熊木幸奈

◆現在配信中 会員制配信型ブログ「しこうの楽しみ」
http://www.honsitu.com/
提供:谷孝祐

●——————————————————————–

■リーディング占い(3/15~3/31)

●A型 停滞感を感じる時。諦めず、コツコツと準備をしておくことが大切。
焦るよりマイペースに進めてみて。
幸運のカギ:フラワーアレンジメント ローズマリー 飛行機 温泉
恋愛:自分の気持ちを丁寧に感じると大きな気づきがありそう。
自分に素直に行動することが出会いに繋がる予感。
お金:出費の多い時。自分が心地よく感じる事やものに使うこと。
何気なく使っていると月末には火の車に。

●B型 疲れが出やすく、体調を崩しやすい時。余裕を持った行動が
ミスをカバーするポイントに。しっかり眠ることで感覚の変化を感じそう。
幸運のカギ:クッキー お味噌 テニス 国内旅行 ガーゼのパジャマ
恋愛:我慢の多い時。自分の気持ちを相手に伝えることが大切。この時期に
しっかりと伝えあえると最善の関係性に変わっていく予感。
お金:投資など、先を見据えた使い方がおすすめ。一度、お金について
しっかりと考える時間を作ってみると◎

●O型 思いがけないことが起こりそう。環境の変化や心境の変化を
軽やかに行えるように不要なものを手放すチャンスと考えて。
幸運のカギ:百合の花 鞄の新調 コットンパールのアクセサリー ロースィーツ たまねぎ
恋愛:断る勇気が大切。うやむやにしていると後々問題になりそう。
お金:必要なことには思い切って使いましょう!この時期に流しておくと
今年の後半に違う形で返ってくる予感。

●AB型 意地を張り過ぎて、素直になれないことが続きそう。
大好きなことをして気持ちに余裕を作る努力が必要。
幸運のカギ:淡いイエロー エプロン 芸術鑑賞 懐石料理 高層マンション キャンドルナイト
恋愛:相手の気持ちを考えて行動を。シングルの人は焦らず、自分が楽しむことに
集中することが大切。心から楽しんでいる時に素敵な出会いがありそう。
お金:支出に大きな動きがない時。出すときも受け取る時もいつもより
お金に意識を向けてみて。今まで気づかなかったことが急に見えてくるかも。

(佐野吏茴 http://ameblo.jp/0505-lovely )

●——————————————————————–

■編集後記

小さい頃にNHKの子ども向け番組を見ていた人も多いと思います。
人形劇のコーナーといえば「にこにこぷん」だと思っていたのですが、
歴代人形劇の一覧を見つけて驚きました。何度も変更されているのですね。
http://goo.gl/wJNKM5

今まで自分の中に、1度作ったものを変えるのは大変だから、
できることならそのままの状態が保たれて欲しいという思いがありました。
せっかく作ったものを壊すのはいやだな、という感覚です。

でも、人形劇が結構何度も変化しているのを見て思いました。
あらゆるものが常に何らかの変化を起こし続けている、ということです。

身近なところでは、身体の細胞はどんどん入れ替わっていますし、
時間だって経過しています。

ということは、自分がどれだけ変化したくないと思ったり、
1度作ったものはそのまま保持されればいいのにと願ったとしても、
この世は原則的にそうなっておらず、
何らかの変化が常に起こり続けているものと言えそうです。

常に変化し続けることがこの世の原理原則であるならば、
その原理原則と仲良く付き合っていく方がいいように思いました。

そう思うと、変化することに対してくっついていたイヤな感じが
減少したように感じます。

                              (矢野)

●——————————————————————–

 ★ご意見、ご感想は、 info@ichigojyutsu.jp までお願いします。
 
 ★内容のコピー、転送、ブログへの掲載はご自由にどうぞ
  その際、一悟術メルマガと出典を記載していただけると
  うれしいです。

●——————————————————————–

 発行責任者:矢野茂

 発行元:株式会社今を生きる人
 http://www.imaoikiruhito.com/

⇒メルマガに無料登録してみる

上に戻る