一悟術

2015/06/01号

⇒メルマガに無料登録してみる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■一悟術メールマガジン                 2015.06.01号 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、メルマガ発行担当の矢野です。

たまに本棚から適当に本を出してぱらぱらめくることがあります。
ちょうどその時にぴったりのヒントが見つかることがあって面白いです。

今回は『モモ』を手に取ったのですが、
「時間を節約すればするほど、生活はやせほそる」という言葉が
とても印象に残りました。
自分にとって何が大切かあらためてよく考えようと思います。

さて、それではメルマガスタートです。

●——————————————————————–

■コラム

1日号は無風涼さんによる全6回の連載
『ヒーリングとリーディングを受けて改善した、精神と身体の悩み』。
今回は第2回です。

第2回「終わりの見えない 緊張生活」

主治医に「好きなことをしてゆっくり過ごすように」
と言われていましたが、
家族はゆっくりさせてくれませんでした。

「鬱になったのは、わがままやからや!」
「根性叩き直したる!」みたいな言葉を
いつも浴びせられていたので
心は休まりません。

持っていきどころのない気持ちを感じたくなくて
次第に過食がひどくなっていきました。
2ヶ月経って、すぐに復帰したのですが、
過食生活が続き、とうとう膵炎になってしまいました。

思うように働けず、3ヶ月もたないうちに
結局、退職することになりました。

兄も働いていませんでしたし
私が入れる生活費を
当てにされていたこともありますが

いつ怒り出すか分からない母と
母と兄の激しい責め合いを聞きたくなくて
どうにかこうにかアルバイトをしながら、
体を回復させることにしました。

「家に帰りたくない。でも行くところがない。」

という思いが、子どもの頃からありました。

社会人になってからは、
家に帰る時間を少しでも遅くしたくて、
夜遅くまで仕事をしたり、
飲みに行ったりを繰り返していました。

でも病気になると、それもできません。
だから、早く元気になる必要がありました。

膵炎が落ち着いても
急性胃腸炎や胃潰瘍、慢性胃炎と
胃腸の病気が絶えず、胃薬とは長年のお友達で
相変わらず、病院の常連さんでした。
(相当怒りが溜まっていたんでしょうね)

バリバリ働けなくなった分
仕事のプレッシャーは少なくなりましたが
家にいる時の緊張感が増していました。

ひきこもりの兄が、毎日執拗に母から責められ続け
とうとうノイローゼになり、
ある日、夜中まで母に責められ続けた後、
私の部屋に入ってきて

 「俺、いつか家に火つけるから。
  その時は、お前も運命やと思って諦めてくれ」

と、真っ暗な部屋の中、私の枕元に立って
言うではありませんか。
あまりの怖さに、寝た振りをするしか
ありませんでしたよ。

その日から、自分の部屋にいても
安心して眠ることができなくなりました。

*****

子どもの頃から、
どうしようもなく辛くなった夜には
心の中で必死に叫んでいました。

「誰か助けて!」と。

でも、誰も助けに来てくれませんでした。

家の中でおこったことは、
友達にも話にくいものですが、
勇気を出して話をしても
「親がそんなこと、する(言う)はずない」
と、信じてもらえない事が多かったんです。

藁にもすがるような思いで話をしても
信じてもらえず、嘘つき呼ばわりですから
人が怖くなりました。

だから・・・といっては何ですが
「神も仏もいるもんかー!」
と思っていました。

前世で悪いことをしたから
今こんな目にあっているのかな?
と思って慰めたりもしました。

でも、そんな否定的な思いで過ごしていても、
どこかで
「諦めなければ、願いは必ず叶う!」
という根拠のない確信もありました。

もしかしたら、確信ではなく
生きる希望だったのかもしれません。

*****

子どもの頃からの夢は
「お嫁さんになること」でした。
(意外すぎる!と言われますが^^)

一時期、あまりに最悪な父母の関係に絶望し
「結婚なんかするもんか!」
と思った事もありましたが、

「結婚して家庭を持って、幸せに暮らすこと」
が、家(母親や兄)から逃れられる
唯一の道になっていたからでした。
(安全な家庭への憧れもありましたから)

*****

体力が回復して、
やっとの思いで、好きな仕事につけたのですが
望まない昇進後、再びプレッシャーの日々が続き
今度は原因不明の腰痛で立てなくなり
退職することになりました。

ほとほと体力に自信がなくなったので
回復後、初めて負担が少なそうな事務員で
再就職先を探すことにしました。

でもどこに行っても
「あなたは事務員向きじゃないよ」と言われ
気付けば、20社以上断られ続けていました。

「事務員じゃ働けないのかな」と 諦めかけた時、
一度、不採用になった会社から
「採用した人が1週間で辞めてしまって…」と連絡があり
やっと再就職先が決まりました。

その会社に、将来夫となる人が働いていたのでした。

おとぎ話なら、ここで「ハッピーエンド♪」
となるところですが、そうはいきません(笑)

結婚後、新たな戦いの火ぶたが切って落とされるのでした。

(つづく)

(無風涼 http://profile.ameba.jp/mufoo/ )

※第1回はこちら http://bit.ly/ichigo150501

●——————————————————————–

■一悟術開発者に聞く宇宙の真理

●質問
恋愛は表層の移ろう部分ということですが、
映画や小説を始め人々をこれだけ引きつけるものなので、
何か本質的な愛を表現している部分があったりしないでしょうか?
また、多くの場合恋愛感情は素晴らしいものですが、
一過性のもので、やがて薄れていってしまいます。
この時にどのように愛情に移行していくことができるでしょうか?

●回答
もちろん恋愛が本質的な愛を表現している部分はあるでしょう。
しかし、映画や小説はその性質をデフォルメして際立たせているということもあり、
また、それを経験している主体ではなく外から見ているからこそ感じられるという
立ち位置の違いも手伝います。
一過性のものからどのように愛情に移行するかのポイントは、
いかに相手を理解しようという気持ちになれるかというところにあります。
自分の都合ではなくありのままの相手を受け入れていく気持ちが
重要になるということです。

●質問
たくさんの星とその特徴がこんなにも豊かなのですね。楽しい気分になりました。
私たちの一部が宇宙の星に帰属しているとして、
それはどのような理由からなのでしょうか?
その意味を成就するために必要な態度のようなものはありますか?

●回答
理由があるのかどうかは何とも言えないところですが、
理由があるという前提でお答えするのであれば、
様々な出身の様々な性質をもった存在が交わることで
気づきや成長が助長されるということが考えられます。
これは異文化交流が新たな発展的文化を生み出すきっかけになるようなイメージです。
それを成就するためには、自分と異なる価値観を否定せずに受け入れ、
学べる部分を取り入れていく姿勢が重要になると思います。

(回答:谷孝祐 http://www.honsitu.com/ )

前号の質問・回答の続きとなっていることがあります。
バックナンバーはこちら↓から確認できます。
http://www.ichigojyutsu.com/modules/backnumber/index.php?content_id=1

    ——————————————————    

一悟術ヒーラーの松村憲がみなさまに変わって、開発者に質問を投げかけます。
聞いてみたいことがありましたら、以下までご質問を募集しております。

↓質問はこちらから送ることができます。
http://www.ichigojyutsu.jp/modules/contents/index.php?content_id=54

すべての質問にお答えするのは難しいのですが、
できる限り多くの質問にお答えしていこうと考えています。

●——————————————————————–

■一悟術能力者インタビュー

今回はMUERAさんへのインタビューです。

連続3回のうち最終回となる今号は、
ヒーリングを受けてどんなところが変わったか語ってくれています。

==============================================
 MUERA(一悟術ヒーラー、埼玉県在住、活動歴1年)
 http://www.heal-btic.com/
==============================================

●ヒーリングを受けてどんなところが変わりました?

大きな変化はヒーリングが終わった翌週に、お腹に命が
宿ったことです。

実際妊娠が分かったのは後のことですが、「ヒーリング終わった。
はい入った!」みたいな感じでした(笑)

ただそれ以外の変化はよく分かりませんでした。
ヒーリングを受けた後に妊娠しましたし、また周りの環境も
大きく変わったからです。

妊娠をした後に東日本大震災が起こりました。当時の状況では
今いる場所(東京)はあまり安心して子供を産める場所ではないと
感じていました。
そこで仕事で東京を離れることが出来ない(現在の)夫を置いて、
子供を連れてインドネシアのバリ島で生活することにしたのです。

そこでビックリしたことがありました。
バリ島にはあまり本を読む習慣が無く、本屋もありません。
ある時日本人が置いていった本を集めた簡易な図書室のような
ところを子供と訪ねてみると、そこにあったのです。
私がヒーリングを受ける転機となった子供の写真集が!
それには本当にビックリしました。

バリ島では3番目の子供を産み、上の二人の子供とともに
育てていましたが、日本に戻ることになったのです。
それで慣れた日本の環境に戻ってから、ヒーリング後の変化を
色々感じとれるようになりました。

●以前感じていた頑張っても頑張ってもいつも苦しく、
疲れていた状態はどう変化していましたか?

一言でいうと、より自然体でいられるようになりました。

無理をしない、人に良く思われるために疲れるまで頑張らない。
人が離れていくことを恐れて自分の本当の感情を無いことに
して、いい顔をする、というようなことがかなり減りました。

また人のことより自分自身のことに意識が向きやすくなりましたね。
自分を理解することに努めることで、自分に対する信頼と自信が
持てるようになりました。

以前は何をやっていても常に批判をする声が自分の内側に聞こえ
ていました。これは幼少期に受けたインナーチャイルドの影響
だったのかもしれませんが、自分がやっていること、決断に
自信が持てなかったので、さらに上を、さらに上を、という
感じでゴールのない道を走り続けている感じでした。

ヒーリングを受けた後は自分の価値を自分自身で認められる
ようになっていて、「自分」を生きている実感が持てるように
なりました。

●今後ヒーラーとしての活動は?

以前の私と同じように、頑張っても頑張っても「生きるのが何だか
しんどいな~」と思っている。そんな方もいらっしゃると思います。

そういった人が自分の持って生まれた才能をよりリラックスして
存分に発揮できるように、自然とシフトしていけるよう、
ヒーリングを通して一人でも多くの人の素敵な人生に立ち会えれば
と思っています。

(インタビュアー:永田雅弘)

※第1回はこちら http://bit.ly/ichigo150501
※第2回はこちら http://bit.ly/ichigo150515

●——————————————————————–

■イベント情報

———————————————————————-
 一悟術コミュニティに参加されている方が行うイベント情報です。
———————————————————————-

◆6月3・10日(水)「『QOL(人生の質)を高める』心の整え方」@成城学園前

主催:一悟術ヒーラー/リーダー スマイルメーカー 岡村茂

◆6月10日(水)「『こころのワダカマリ』シェア会」@東京都、新橋
http://cocoroesthetic.com/?p=709
主催:一悟術ヒーラー 永田雅宏

◆6月20日(土)「『こころのワダカマリ』シェア会」@東京都立川市
http://cocoroesthetic.com/?p=712
主催:一悟術ヒーラー 永田雅宏

◆6月20(土)「エネルギー農法のお話会」@三浦
http://ameblo.jp/yamajyun831/entry-12028260582.html
主催:天地のめぐみ農家(神奈川県) 山田純平

◆現在配信中 会員制配信型ブログ「しこうの楽しみ」
http://www.honsitu.com/

●——————————————————————–

■リーディング占い(6/1~6/14)

●A型 セルフイメージをあげて次のステージへ進むとき
幸運のカギ:海、高級ブランド、赤ワイン、紫陽花
恋愛:理想のビジョンを語る機会を持ちましょう。パートナーがいる人は共有を
お金:与えることを意識して豊かさの感性を実感するとき

●B型 夢に向かって一歩前進!着実に進めることを心がけて
幸運のカギ:旅、神社仏閣、きれい色の傘、空色
恋愛:ふたりの時間とひとりの時間どちらも楽しむ事が発展の鍵
お金:臨時収入があるかも。欲しいものを明確にリスト化しましょう

●O型 人とのつながりを意識して、積極的に人と会うことを心がけて
幸運のカギ:勉強会、交流会、遊覧船、オレンジ
恋愛:大好きな人とのつながりを感じるために、親密感を意識して
お金:興味のあるビジネスについて、勉強をスタートするとよいでしょう。

●AB型 好奇心に従って行動を、自分の世界観を広げるとき
幸運のカギ:海外、英会話、空港、外国人、翡翠
恋愛:自分の気持ちに正直になって、素直に伝えることが愛を深めます
お金:お金の入りと出の循環を意識すると収入が増えるでしょう

(リーディング:美咲こころ http://ameblo.jp/cocorobeauty/ )

●——————————————————————–

■編集後記

テレビに出ている人を見て「この人嫌い!」と言っている人がいました。
何が嫌いなのか尋ねると、とにかく全体的に嫌いなのだそうです。
直接会ったこともなければ何かされたわけでもないようなのですが…。

特に理由無く嫌われることがあるなら、
人にどう思われるかはあまり気にし過ぎない方がよいのかもしれません。

それよりも、自分で自分のことをどう思うのか、
自分は相手のことをどう思うのか、を意識していきたいと思います。

                              (矢野)

●——————————————————————–

 ★ご意見、ご感想は、 info@ichigojyutsu.jp までお願いします。
 
 ★内容のコピー、転送、ブログへの掲載はご自由にどうぞ
  その際、一悟術メルマガと出典を記載していただけると
  うれしいです。

●——————————————————————–

 発行責任者:矢野茂

 発行元:株式会社今を生きる人
 http://www.imaoikiruhito.com/

⇒メルマガに無料登録してみる

上に戻る