一悟術

2015/11/01号

⇒メルマガに無料登録してみる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■一悟術メールマガジン                 2015.11.01号 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、メルマガ発行担当の矢野です。

11月になりましたね。
年末に向けていろいろと忙しくなってくる方も多いのではと思います。
こんな時期だからこそ、疲れる前にうまく休んでいきたいですね。

さて、それではメルマガスタートです。

●——————————————————————–

■一悟術能力者インタビュー

今回は木ノ本景子さんへのインタビューです。
前後編の後編となる今号は、一悟術ヒーリングを受けて体験した変化、
能力開発を受けた経緯について語ってくれています。

==============================================
 木ノ本景子(一悟術リーダー、活動歴 3年9ヵ月)
 ( http://www.harmonista.org )
==============================================

・ヒーリングを受けてどう変わりましたか?

 それが自分ではよくわからなかったんです。
周りからは、柔らかくなったとか、軽くなった、スッキリ
したなどと言われました。

 自分では、以前よりラクになったかな。自分に対しても
他人に対しても許容範囲が広くなったんだと思います。
身体の面では、肩が凝らなくなりました。食生活でも、
好き嫌いが減り、食べられるものが増えました。

 また、食事や旅など質の高いものをゆったりと楽しむ
ことができるようになりました。以前は落ち着きません
でしたし、お金はあってもそういう選択をしませんでした。

 あとは、楽しさの質が変わりました。前はアップダウン
というか、高揚感があって爆発的な感じでしたが、今は
静かにずっと楽しい感覚です。今のほうが疲れないですね。

・たしかに見ていていつも楽しそうだと思います。
 より自由になれればという当初の希望、ちゃんと
 叶ってますね。

・リーディングの能力開発をしようと思ったのはどうして
 でしょうか?

 先輩リーダーから、選ぶことが楽になったと聞いたから
です。医者として重い決断をする場面や周りから意見を
求められることも多かったので。

 患者さんやそのご家族との面談でも、人それぞれというか
どのように説明するのか正解はないなかで、よりよいものを
提供したいと思っていましたし。

・開発してみてどうでした?

 それがこれも自分ではよくわからなかったんです(笑)
長年仕事をやっていて、慣れすぎているからということも
あると思います。

・最後に、その後も一悟術関連のセミナーなどによく参加
 していますが、いかがですか?

 そこでは、人間の生き方や、心、魂などに関して、他では
聞けないような内容が学べます。今の科学で証明はむずか
しいんですが、論理的というかきちんと筋が通っていて、
なるほど、世の中には不思議な世界があるもんだと。
自分の体験にも照らして、本当にあるんだと思えました。

・ご自身のその後の行動が一番雄弁かもしれませんね。
 ありがとうございました。

(インタビュアー 風間蓮音 leon・祇場駿矢)

●——————————————————————–

■一悟術開発者に聞く宇宙の真理

●質問
スキーを意識的に行ったり捉えることが、
覚醒にもつながるプロセスがお話からよく伝わってきました。
では、今回は続いてダイビングはいかがでしょうか?
その魅力や覚醒という観点から教えていただけますか?

●回答
ダイビングの一番の魅力は、海の中という日常とは全く異なる世界を
体験できることにあるかもしれません。
進化の過程で人類の祖先も海から陸に上がったことを考えれば、
それは普段使わない原初の感覚を呼び醒ませてくれる可能性を持っています。
人によっては慣れない環境下での恐怖心を認識でき、
それをクリアすることで囚われが減ることでしょう。
また、スキルの上達とともに浮遊感の中にいる何もしなくて良い安心感を実感でき、
これが得られると流れに身を委ねる感覚が体で覚えられるという利点もあります。
難易度の高いポイントでは、流れの状況に合わせて体を適切に動かすことで
バランスを維持する必要があるため、
意識を体全体に向けておくトレーニングにもなるでしょう。

●質問
悪にも同等の価値や役割があるというのは新鮮な視点です。
また、悪を反面教師として学び、成長する人が増えると…
それはアセンションと言われるようなものですか?
地球や、私たちはそのようなプロセスにあるのでしょうか?

●回答
アセンションというものをどのように定義するかにもよりますが、
細かいことを考えないのであればそうであると解釈して差し支えないでしょう。
そして、確かに今は人類においてそのようなプロセスの中にあると言えそうです。
そのために、反面教師として学ぶことだけでなく、
自分の中にある悪を見つめて改善することを通じて
自己一致した状態に近づいていくことも重要です。
また、意識的に善悪という切り離された二元論から解放され、
一つのものの中に善性も悪性も存在していることが
感覚的にとらえられるようになると理想的です。

(回答:谷孝祐 http://www.honsitu.com/ )
+

前号の質問・回答の続きとなっていることがあります。
バックナンバーはこちら↓から確認できます。
http://www.ichigojyutsu.com/modules/backnumber/index.php?content_id=1

——————————————————

一悟術ヒーラーの松村憲がみなさまに変わって、開発者に質問を投げかけます。
聞いてみたいことがありましたら、以下までご質問を募集しております。

↓質問はこちらから送ることができます。
http://www.ichigojyutsu.jp/modules/contents/index.php?content_id=54

すべての質問にお答えするのは難しいのですが、
できる限り多くの質問にお答えしていこうと考えています。

●——————————————————————–

■コラム

1日号は永田雅宏さんによる全2回の連載「自己肯定感」。
今回は第1回です。

「自己肯定感」~私の変化~

ヒーラーの永田雅宏と申します。
先月末に東京から神奈川県の江ノ島に引っ越しました。

夏は大変賑わう海辺の町ですが、秋は落ち着いた風情もあり
平日でも浜辺でボーっと海を眺めている人達がたくさんいる。
そんな場所です。

ヒーリングを受けに来たクライアントさんにとって
日常を離れて普段の自分やこれまでの人生の歩みを
振り返って頂くにはとってもいい土地ではないかと思います。

今回は私自身が過去を振り返り 自己肯定感が大きく変化した体験を
2回の掲載で書かせて頂きたいと思います。

■自己肯定感と宗教

私も含め多くの人が「世の中・生きるとはこういうものだ」という考えや
観念を持っています。

それは生まれた国や所属する集団によって大きく異なりますが、道徳やマナーも
含まれると考えれば、人間が社会生活を営む上ではある程度は必要でしょう。

中でも端的に分かりやすいものの一つが、私は宗教ではないかと思います。

「パーティで政治と宗教の話しはタブー」と言われます。

世の中にはいろんな考えの人がいます。
特定の宗教の悪口を言ってしまうようなことがあれば
不快に思われる人がいるかもしれません。

だから私もあまりこの話題に触れることはありませんでした。

でも私にとって宗教と自己肯定感とは結びつきが強いもの。

もしかすると中には不快に思われる方がいるかもしれませんが
私の自己肯定感の変化と切っても切れない関係があるので
今回敢えて書かせて頂きたいと思います。

■幼少期の私

大きな声をあげて父が母をなじっている。
母は少し反発するがすぐにやりこめられてしまう。

幼少期の私の家庭はいつもそんな感じでした。

当時の父は仕事がうまくいってなかった。
家ではいつもイライラして、些細なことで母にあたっていたんです。

父との不仲に疲れた母は救いや居場所を求め、当時家の近くにあった
ある宗教のところへ通うようになりました。

そして次第に母は私をその宗教の礼拝に連れていくようになりました。
最初私は母に言われるがまま、周りの人達と同じように講話を聞いたり
見よう見まねでお祈りをしていました。

しかし自分が成長するにつれて、私はその世界の考え方に
違和感を感じるようになったのです。

■ある宗教の教えとジレンマ

その一つは「人は罪を背負って生まれてくる」という考えでした。

もともと罪を背負って生まれてくる。
でもこの宗教の教えを受け入れて行動すれば罪から救われるというものでした。

母はその考えを救いのメッセージとしてとても有り難く受け取っていました。

でも小学生の私はそう思えなかった。
「・・・でもボクは何も悪いことをしていない。」
「なんで悪いと言われなきゃいけないの??」

母に連れられてその宗教の講話を聞いていると
だんだん気分が悪くなって途中で一人席を外すこともありました。

「あなたには罪がある」と言われ、私は自分の存在を否定された気がしていたのです。
とても有り難い話しだとは思えなかった。

熱心な信者となった母親。

母は私がその宗教に従った考え方、行動をすれば喜び
違う考え方、行動をすると嫌がりました。

そして母から愛されたい子供としてはその宗教を受け入れたい。

でも自分の中に芽生えた違和感があって、どうしてもその宗教を受け入れられない。
このジレンマは数年続きました。

(永田雅宏 http://cocoroesthetic.com/ )

●——————————————————————–

■イベント情報

———————————————————————-
 一悟術コミュニティに参加されている方が行うイベント情報です。
———————————————————————-

◆11月5日(木)「『こころのワダカマリ』シェア会」@東京都新宿
テーマ「昔お金で窮屈だと感じたこと」
http://cocoroesthetic.com/?p=1161
主催:一悟術ヒーラー 永田雅宏

◆11月5日(木)「非日常体験を通して気付く(女性性・男性性)」@東京都新宿
テーマ「ニューハーフのお店を体験。女性性・男性性の思い込みに気付く・緩める」
http://cocoroesthetic.com/?p=1166
主催:一悟術ヒーラー 永田雅宏

◆11月5日(木)「『こころのワダカマリ』シェア会」@東京都新宿
テーマ「『女性・男性なんだから○○しなきゃ! ○○でないと!』に窮屈さや嫌な想いをしたこと」
http://cocoroesthetic.com/?p=1163
主催:一悟術ヒーラー 永田雅宏

◆11月22日(日)「『こころのワダカマリ』シェア会」@江ノ島(神奈川県)
テーマ「毎日の生活の中でフト物悲しさを感じる時」
http://cocoroesthetic.com/?p=1315
主催:一悟術ヒーラー 永田雅宏

◆現在配信中 会員制配信型ブログ「しこうの楽しみ」
http://www.honsitu.com/
提供:谷孝祐

●——————————————————————–

■リーディング占い(11/1~11/14)

●A型 本当の自分が求めていることを知り、ステージを変えるとき
幸運のカギ:友人との会話、海外、旅行、非日常の空間、手紙
恋愛:理想のパートナーとの関係を見直して、課題に取り組むとき
お金:必要な投資をおこない、あらたなお金の循環を生み出して

●B型 模範となる人との出会いにより、新たな世界観が広がるとき
幸運のカギ:ロールモデル、講演会、本屋、噴水、港町、金色の小物
恋愛:人が大勢集まる場で、気になる人に声をかけるとよいご縁に繋がります
お金:交際費がかさむとき、優先順位をつけて行動を

●O型 趣味の時間を充実させることで、感性が高まるとき
幸運のカギ:美術館、クラシック、登山、書道、般若心経、弥勒菩薩
恋愛:そばにいる人との仲を深めるとき、サプライズをするとよい
お金:自分が喜ぶ上質なものに投資をすると受け取る器が広がります

●AB型 自分と向き合う時間を確保し、心身共にクリアにすることを心がけて
幸運のカギ:断食、瞑想、リトリート、神社仏閣、避暑地、森林浴
恋愛:友達の紹介から、よいご縁が広がるのでお誘いには応えるとよい
お金:お金を使うときも受け取るときも感謝の言葉を心の中で唱えてみて

(リーディング:美咲こころ http://ameblo.jp/cocorobeauty/ )

●——————————————————————–

■編集後記

1ヶ月ほど前、近所のコーヒーショップが閉店となりました。
お世話になることが結構あったので、
あらゆるものは生じて滅するものなのだなあ、諸行無常だなあと
しみじみと思ったものでした。

その後半月くらい経ったところで、
新しい場所にコーヒーショップがオープンすることがわかりました。
しかも今までより自宅に近い位置です。

思いのほか自分にとって良い形に落ち着いたのですが、
この一件で気がついたことがあります。

それは、大抵のことに対して最終的にはなんとかなるだろうという
ざっくりとした信頼感はあるのですが、
自分にとって都合の良い現実が目の前に現れるだろうとは
あまり思っていなかったな、ということです。

自分にとって望ましい方向に現実が展開していくことに対して
もう少し許可を出してもよいのかな、と思います。

                              (矢野)

●——————————————————————–

 ★ご意見、ご感想は、 info@ichigojyutsu.jp までお願いします。
 
 ★内容のコピー、転送、ブログへの掲載はご自由にどうぞ
  その際、一悟術メルマガと出典を記載していただけると
  うれしいです。

●——————————————————————–

 発行責任者:矢野茂

 発行元:株式会社今を生きる人
 http://www.imaoikiruhito.com/

⇒メルマガに無料登録してみる

上に戻る