一悟術

2017/05/01号

⇒メルマガに無料登録してみる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■一悟術メールマガジン                 2017.05.01
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、メルマガ発行担当の矢野です。

先日、人から指摘されて初めて気がついたことがありました。
今まで全然考えたことがなかった箇所なので、目からウロコの気分です。

知識が無いものは認識できないと言いますが、本当にそうだなと実感しました。

さて、それではメルマガスタートです。

●——————————————————————–

■一悟術能力者インタビュー

今回はShioriさんへのインタビューです。

連続7回のうち第3回となる今号は、
一悟術を受けた経緯について語ってくれています。

==================================================================
Shiori ヒーラー 東京都在住 活動歴 1年7か月
http://www.khadishanti.com/
==================================================================

・帰国してどんな感じでヒーリングを受けたんですか?

大学院の生活には戻りたくなかったんで、お金を貯めてもう一回
アメリカに行こうと思って働いてお金を貯めようと思いました。

富山、佐渡島、熊本、北海道、沖縄、京都、鎌倉、東京と
4年ほどの間に点々と移動しながら、あちこちで働きました。

最初のうちは1、2ヶ月で移動してました。
そうやってご縁に身を任せていたら、まだ日本にいるみたいな感じです。

ヒーリングの効果としてこういうふうになる可能性がありますというのが、
自分がこうなったらいいなと思うのに当てはまっていて、
これはいいんじゃないかと。

そういう思いを抱いて富山の山小屋に働きに行きました。

周りが何もないし人も少なくて、外からの刺激で紛らわせていたことが
できなくなって、きつくて全然楽しくなかったんです。

自分の中がうるさすぎて。風の音とか虫の声とか何も聞こえないみたいな感じで。

下山までの3ヶ月間は早く山を下りたかったです。

山を下りたら何をしようかとペンデュラムを使って調べてたんですが、
何回やってもヒーリングになったので、これは体験ぐらい受けてみてもいいかなと思って。

体験を受けた時は正直よくわからなかったんですが、
セッションで話をしている時に私これを20回受けたらすごく変わるんじゃないかと思いました。

こういうセッションの時間が定期的に欲しいなと思って、帰り道に申し込みました。

自分ではどうにもならないというのもあったし。

・あちこち転々としていたのはどうして?

以前は何をするかとか、どういう環境にいるかっていうのが大事だと思ってたんです。

自分のことを信頼できないというか、自分の人生に対して
コントロール感覚がなかったです。安心感や信頼感が一切なかった。

親が離婚した後は突き落とされてしまったから、そこから上がれなくてすごく怖かったんです。

何になるかもわからないし、完成するかもわからないし、
自分が何のためにやってるかもわからないことをずっと続けたり、
同じ場所にいるのはすごい怖いことでした。

・傍目からは自由そうに見えて、実のところ今の現実の先に幸せな未来が見えなかった?

そうでしたね。恐怖心に突き動かされている感じでした。

(インタビュアー:祇場駿矢)

※第1回はこちら http://bit.ly/ichigo170401
※第2回はこちら http://bit.ly/ichigo170415

●——————————————————————–

■一悟術開発者に聞く宇宙の真理

●質問
意識の覚醒、という意味が大きいことがわかりました。
意識の覚醒には人により意味合いが異なるかと思いますが、
覚醒のステップや段階のようなものはあるのでしょうか?

●回答
宗教によって修行のプロセスと関連していると考えられますが、
本質的には定められたステップがありません。
なので無段階的な覚醒度合いをどのように区切るかという問題になります。
例えば、意識の覚醒による知覚領域の拡大というベクトルでは、
その空間的な広さや時間的な距離をどの程度とらえられるかが
基本的な要素になるでしょう。
また単位時間あたりの扱える情報量なども一つの軸になり得ます。

●質問
子にとって親の存在や影響は非常に大きいですね。
親から受ける影響は、良くも悪くもなると思いますが、
子ども側からできることはありますか?

●回答
子ども側の年齢によって大きく異なります。
ひとまず、ここではすでに成人している場合を前提にお伝えします。
基本的には親を超えるという発想が分かりやすいかもしれません。
その実感が持てた時、精神的に自分が本当に自立した存在になれるためです。
客観的な指標ではなくあくまで主観的にそう思えれば十分です。
そうなることで親との見えない癒着がなくなって、
自分とは別個の存在として見ることができるようになります。
これにより親の影響も見つけやすくなります。

(回答:谷孝祐 http://www.honsitu.com/ )

前号の質問・回答の続きとなっていることがあります。
バックナンバーはこちら↓から確認できます。
https://www.ichigojyutsu.com/backnumber/

——————————————————

一悟術ヒーラーの松村憲がみなさまに変わって、開発者に質問を投げかけます。
聞いてみたいことがありましたら、以下までご質問を募集しております。

↓質問はこちらから送ることができます。
http://www.ichigojyutsu.jp/modules/contents/index.php?content_id=54

すべての質問にお答えするのは難しいのですが、
できる限り多くの質問にお答えしていこうと考えています。

●——————————————————————–

■コラム

1日号は波宮遥さんによる連載「ズルしないで稼ぐ生き方」。
今回は第5回です。

第五回『覚醒を阻害するお金への依存』

せっかく自己成長しようと思っても、意識を散漫にさせてしまう
お金への依存についてふれてみようかと思います。

大雑把に言うと覚醒って目を覚ますことなのですが、
お金に依存すると意識が散漫になって覚醒しにくくなることがあります。

そして自己満足的な自己成長に陥るというのはよくあることです。

逆に必要以上にお金への依存から、お金に固執して
間違った覚醒をするという人が稀にいたりもしますが・・

ここからの内容は人によってはキツイかもしれないので、
途中読み飛ばしてもらっても良いのかもしれません。

お金への依存ってこんなことが考えられます。

・必要以上の貯金
・遺産をあてにする
・男女に関係なくパートナーのお金に依存する
・親のお金に依存する
・毎月の給料に依存する
・年金に依存する
など

必要以上の不安を抱かないようにするために、
このお金への依存は有効に働く段階の人もいるでしょうから、
これら全てが悪いということではありません。

ただ、ある程度の成長が促された人は、
意識が散漫になるようなお金の依存は手放す必要があるようです。

お金があるから生活に困らないし、
わざわざめんどくさいことやらなくても良いじゃないと思うことは
よくあることと思います。

無理してお金の依存を手放して精神的に不安定になることもありませんが、
成長を阻害するお金の依存による安定はエゴを膨らますことになったりもします。

コラムを読んでいる人の中には、どこかで向き合うことが要求される人もいるかと思います。

僕の例が参考になるか分かりませんが書いてみようと思います。
親が僕のために貯金をしてくれていたことが、
無意識のお金の依存を生み出していたことがありました。
親は社会通念のような、愛情表現のようなもので
貯金をしてくれていたと思うのです。
結果的に親子の癒着を生み出していたので、貯金を完全に使い切り、
もう僕はお金は必要ありませんという関係性に移行したのです。

全部使い切った時には親子の癒着がとけ、
天涯孤独のような想いがやってきましたが、
親とも対等な関係となり、他人のようでもあり良き理解者でもあるのかと
感謝出来る部分が増えた感じでした。

お金の依存を手放して、いつ死んでも後悔しない生き方をしていれば、
自然に引き寄せ続けられるパワフルな人生が待っているようですが・・
僕はまだまだですね~~

次回にズルせずに稼ぐことは、お金への依存を減らし、
自分の能力への依存というステージへと導くこととなることについて
ふれていきたいと思います。

次回で最終回となりますが、よろしくお願いします。

(波宮遥 http://ameblo.jp/namimiya-haruka
http://haruka-namimiya.com/
http://tenchinomegumi.com/ )

※第1回はこちら http://bit.ly/ichigo170101
※第2回はこちら http://bit.ly/ichigo170201
※第3回はこちら http://bit.ly/ichigo170301
※第4回はこちら http://bit.ly/ichigo170401

●——————————————————————–

■イベント情報

———————————————————————-
 一悟術コミュニティに参加されている方が行うイベント情報です。
———————————————————————-

◆5月2日(火)「一悟術ヒーリング体験会」@東京都大田区
http://www.sachina.jp/posts/2275330
主催:一悟術ヒーラー 熊木幸奈

◆2017年5月~2018年1月「覚醒塾第1ステージ第1ターム」@大阪府堺市

主催:一悟術ヒーラー・リーダー Hide、一悟術ヒーラー 柴田ともみ

◆6月3日(土)「”人生を変える第1歩” トークイベント」@大阪府大阪市
https://www.facebook.com/events/248089045667061/?ti=icl
主催:一悟術ヒーラー・リーダー 紗綾

◆現在配信中 会員制配信型ブログ「しこうの楽しみ」
http://www.honsitu.com/
提供:谷孝祐

●——————————————————————–

■リーディング占い(5/1~5/14)

●A型 お天気が良い日はなるべく自然の中で過ごすと、疲れやモヤモヤした
   気持ちなどが昇華されて◎体内の水分を入れ替えるイメージで、
   水をたくさん摂りましょう。
幸運のカギ:陽が当たる場所 新緑が広がる公園 噴水 航空ショー 道の駅
      おはぎ 筍の天ぷら カジュアルな服装 屋外イベント
恋愛:少し疲れそう。無理に逢う必要はないので、自分らしく過ごす時間を
   優先しましょう。シングルの人は気になる相手に合わせ過ぎに注意。
お金:出ていくことばかりが目につきそう。先行投資的なものは気持ちよく
   エネルギーを流すイメージを持つこと。しっかり意識出来ていると、
   流した以上のエネルギー交換へと変わっていきます。

●B型 アクセルを少し緩めてみましょう。新たなスタートで気合いが
   入りすぎていないかチェックして。力が入り過ぎて空回りにならないよう、
   大事な時は深呼吸や軽いストレッチを。
幸運のカギ:ストレッチ 瞑想 フラダンス 温泉 温水プール
      お気に入りのタオルケット ガーゼのパジャマ チーズケーキ
      ハーブティー スパイスの効いたカレー
恋愛:あまり期待しないこと。期待し過ぎて上手くいかないと不安から悪循環に。
   棚からぼた餅くらいの気持ちでいる方がラッキーなことが続きそう。
お金:自分が楽しめることに使いましょう。GW中は少し財布の口を緩めても大丈夫。
   気になることは思いきってチャレンジしてみると◎身体を動かすことに
   使うのも良い流れのきっかけに。

●O型 新たに流れはじめたことを再度しっかりと認識するとき。なんとなくの
   ままで過ごしているとエネルギーロスに繋がります。結果、上手く
   いかないこともあるので気を引き締めて。
幸運のカギ:スケッチ 絵画観賞 楽器演奏 展望台 飛行機 日本海側の島国
      近場の海外旅行 珊瑚礁 オレンジジュース 炭酸水
恋愛:何かを一緒にすると良い時。陶芸体験や料理教室など互いの興味が
   一致するものを楽しむと普段見ない一面が見れそう。
お金:インドアを楽しむことに使いましょう。特に家での食事をいつもより
   贅沢にすると◎良い食材でホームパーティーを開催すると人脈が広がります。

●AB型 今まで苦手と思ってきたことをやってみると、案外楽しめそう。
    自分の枠を広げることにチャレンジすると良い時。気になること
    はドンドン体験しましょう。
幸運のカギ:豚肉の香草焼き アクアパッツァ スパークリングワイン
      観覧車 夜景 世界遺産 菖蒲 鯉のぼり 柏餅
恋愛:ふたりでいる時にどんな感情が出てくるか、しっかりと認識しましょう。
   ついつい相手に合わせがちになっているようなら要注意。
   互いが自分らしくいれる関係性を探りましょう。
お金:少しくらいの無駄遣いは許容範囲という感覚で、気になることに
   使いましょう。楽しさがなくなって、頑張る状態が続いているものは
   キャンセル料や解約手数料がかかっても手放して。

(リーディング:佐野吏茴 http://ameblo.jp/0505-lovely )

●——————————————————————–

■編集後記

ニュースを見ていて、セキュリティについて今まで以上に気にする必要が
出てきたように感じます。

Google、Apple ID、Amazon等、使えなくなったら困るアカウントについては、
「2段階認証」をした方が無難そうです。

ちょっと面倒と言えば面倒なのですが、
安全性がかなり高くなることを考えれば決して悪くはないでしょう。

できるだけ手間を減らしたい方なのですが、
必要な一手間までも減らさないようにしていこうと思います。

                              (矢野)

⇒メルマガに無料登録してみる

 

上に戻る