一悟術

2018/03/15号

⇒メルマガに無料登録してみる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■一悟術メールマガジン                 2018.03.15
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、メルマガ発行担当の矢野です。

「原因と結果の法則」の話を久しぶりに目にしました。

どんな現実も自分自身が創造したものであり、
考えていること、使っている言葉、あらゆる行動の全てが、
いずれ自分のところに戻ってくる、というものです。

自分でどんな種をまくかは選択できることなので、
もっと意識していこうと思います。

あなたは、どんな種をまいていきますか?

さて、それではメルマガスタートです。

●——————————————————————–

■一悟術能力者インタビュー

今回はレイチェルさんへのインタビューです。

連続4回のうち第3回となる今号は、
ヒーリングを受けて体験した変化について語ってくれています。

==========================================
レイチェル ヒーラー 東京都在住 活動開始2014年11月
https://rachel-counseling.amebaownd.com
==========================================

・インナーチャイルドの変化についてもう少し聞かせてください。

もともと自分は感覚が敏感だったんだと思います。

その場にある、空気の状態、重さとか軽さとか、揺れてる感じとか。

子どもの頃は、家庭にいる時がすごくきつかったというか、
こんなに緊張感のある家ってないんじゃないかなぐらいの重さだったのかなと今にして思います。

家族でいると、誰もしゃべらないし、
誰も緊張したまま声も発さないみたいな状態になっていることがけっこうありました。

両親が対立する関係性が、そうさせていたのでしょう。

家族内での戦いみたいのがあって、
しんどすぎて自分の部屋に逃げると母親に怒られてみたいな感じだったんです。

固い感じの空気感というのが常にあって、
それがあまりにもつらくて、適応して感じないようにしたのが、
ヒーリングを受けて感じるようになったということかと思います。

感覚が戻ってから実家に帰ると、なんて苦しいところなんだろうとあらためて気付きました。

医者である父親は祖父の後を継いだんですが、
昔から父の中に仕事に対する矛盾がありました。

私が幼稚園から帰ってくると、「こんな仕事しなきゃいけないのはなんでだ」と
怒り狂っていたのを憶えています。

患者さんに対してとか、祖父に対してとか、色々あったんでしょう。

幼いながらに、そんなにいやなことをなんでやってるんだろうと、不思議でした。

それでいて、父は「医者の仕事は素晴らしいんだよ」とか言うんですが、
「いったい何が?」とずっと思っていました。

ずっとつらいアピールを聞かされ続けて、
いつしか、医者になって父の病院を継いであげなきゃいけないんだ、
自分もつらいことをしなきゃいけないんだとどっかで思っていたようです。

ヒーリングを受けて、親からの影響がここまで強かったんだと気づけました。
つらいと思いつつも対処しようともせず働き続けていたことにも気づけました。

以前は思考も回らないし、やんややんや言われて、
うるさいからとりあえず親の言うとおりしておこうみたいな感じでした。

それが、自分がこれからやりたいこともわかってきて、
まだまだだけど、自分の意見がちゃんと言えるようになりました。

今までは言われっぱなしで、反論の「は」の字でも言おうもんなら
殺されるんじゃないかぐらいの気持ちだったんです。

今でも親は隙あらばなんとかして私をコントロールしたいというところがあるので、
距離感を測りながら付き合っています。

(インタビュアー:祇場駿矢)

※第1回はこちら http://bit.ly/ichigo180215
※第2回はこちら http://bit.ly/ichigo180301

●——————————————————————–

■一悟術開発者に聞く宇宙の真理

●質問
嫌なことの中にも好きな部分がある可能性があるのですね。
嫌なことを無理してやり続けることは確かに負荷となると思いますが、
やめる時の考え方やコツはありますか?

●回答
嫌いなことをやり続けてしまう最も基本的な原因は怖れや不安です。
無意識的にそれらを避けるためにやめられないのが一般的です。
なので、まずは怖れている事象や不安に思っている出来事などを
具体的に書き出すところから行うと良いでしょう。
少しでも客観的になることで軽減されて影響が減ることもあるものです。
その上で、そういったことが本当に起きうるのか、
もし起きるとしたらどのくらいの確率か、それは本当に避けたいことか、
などの視点で見つめ直していきます。
これでやめられることはいくつかあるはずなので、
まずはできるものから扱っていきましょう。

●質問
今が起点となり今の中に過去と未来があるイメージ、視点がガラリと変わる感じでした。
ネガティブなイメージを持っている過去の体験から今を考えないとすると、
今視点から過去の捉え方はどう変わるのでしょうか?
どうしても過去あっての今…と考えてしまいがちな気がします。

●回答
逆転して今から過去を見つめると、より客観的にとらえやすくなります。
つまり、雑に言うなら過去に対して主観から客観に変わると言えるでしょう。
これは事実認識に意識が向きやすくなることを意味します。
つまり、起きた出来事から受けた主観的な印象ではなく、
そのアウトラインをとらえやすくなるということです。
これによって、その出来事の意味づけや定義を変えることが行いやすくなり、
そこから受け取るべき学びのエッセンスを見つけ出しやすくなります。
当然ながらインナーチャイルドや過去生トラウマなどを的確に見つめられるようになります。
ただ、ジレンマなのはそれらがあればあるだけ今を起点としにくくなってしまうことです。

(回答:谷孝祐 http://www.honsitu.com/ )

前号の質問・回答の続きとなっていることがあります。
バックナンバーはこちら↓から確認できます。
https://www.ichigojyutsu.com/backnumber/

——————————————————

一悟術ヒーラーの松村憲がみなさまに変わって、開発者に質問を投げかけます。
聞いてみたいことがありましたら、以下までご質問を募集しております。

↓質問はこちらから送ることができます。
http://www.ichigojyutsu.jp/modules/contents/index.php?content_id=54

すべての質問にお答えするのは難しいのですが、
できる限り多くの質問にお答えしていこうと考えています。

●——————————————————————–

■コラム

15日号は多良見かなえさんによる連載「子育てから気づく自分のダークサイド笑」。
今回は第5回です。

このコラムの題名を「子育てと怒りの感情」にでもしたらよかったかなと今更ながら思っています。
あと2回続きますが、今月もどうぞよろしくお願いします。

最近は、怒りが炸裂してしまう頻度は減ってきたものの、やっぱり日々どう対処しようか、、
今日はうまくできた、でも昨日は反応して怒ってしまってだめだった、、というようなことを
何回も繰り返しながら日々過ごしています。

一番理想的だなと思う怒りへの対処法は、怒りの感情を自分で処理して、
相手には影響を与えないことかな、、とは思っています。

怒りの感情を自分でぐっとこらえて感じるけれど、相手には怒らないということです。

わかっていても実行するのは難しいと思ってしまいます。

ある日、たまたまうまく子供の怒りに反応しなかったときがありました。

いつもの兄弟喧嘩で、お気に入りのおもちゃをお姉ちゃんに床に投げつけられて、怒って泣いている下の子がいました。

(兄弟喧嘩の場合、上の子も下の子も怒ってることが多く、
これに巻き込まれないようにすることはやはりなかなか大変ではありますが、)

かわいそうに思えて、とりあえず下の子を抱きながら怒りがしずまるまで、
怒りの感情を感じながら泣いてもらおうという気持ちで、そのまま抱いていました。

そしたら、怒りがおさまるときがきて、機嫌はケロッとなおってしまいました。

ニコニコと遊び始めたので、やった!と思いました。

偶然なのか子供の怒りに影響されず、この時はうまくおさめることができたのでした。

いつもこれができるにはどうしたらよいのか、改めて考えてみると、
自分の心の余裕と、子供と距離感をとることなのかなと思いました。

自分に余裕がないときは、やっぱり子供の怒りに反応してしまいます。
家事に追われて頭の中もあれこれと考え事をしていて忙しい時などは怒ってしまうことはよくあります。

疲れていたり、寝不足だったりとか、自分の状態を常に観察して、
今は余裕ないなと思う時は、そう認識しておくだけで違うのかもしれません。

また、子供と距離感をとって接することも大切かなと思います。

子供に自分のインナーチャイルドなどを投影させていると、ついつい反応して怒ったりしてしまいます。

私は子供の時に弟と喧嘩して泣いていたら、うるさいから静かにしなさいと母からよく怒られていました。
母は子供の泣き声にイライラしていたと思います。

無意識に、その母親と自分像を、自分と自分の子供に重ね合わせていたら、同じように私も子供に怒ってしまいます。

距離感を持って、自分の子供だけど、自分の子供ではない、他人の子供くらいな距離感なら、
泣いていても、どうしたの?と優しく声をかけられそうな気もします。

どちらも簡単なことではないかもしれません。

日々の子育てが練習くらいに思って、うまくできる日もできない日もあるだろうと気楽な気持ちで、怒りの感情に向き合っていきたいなと思います。

(多良見かなえ https://taramikanae.amebaownd.com/ )

※第1回はこちら http://bit.ly/ichigo171115
※第2回はこちら http://bit.ly/ichigo171215
※第3回はこちら http://bit.ly/ichigo180115
※第4回はこちら http://bit.ly/ichigo180215

●——————————————————————–

■イベント情報

———————————————————————-
 一悟術コミュニティに参加されている方が行うイベント情報です。
———————————————————————-

◆3月16日(金)「ラクに生きれるエンパス講座」@東京都渋谷区
http://www.muera.net/pages/1319978/page_201710032129
主催:一悟術ヒーラー MUERA

◆3月16日(金)「心の傷を本気で癒したい方のための個人セッションbyMUERA」@東京都新宿区または渋谷区
http://www.muera.net/pages/1319978/page_201710032129
主催:一悟術ヒーラー MUERA

◆3月17日(土)「心の傷を本気で癒したい方のための個人セッションbyMUERA」@東京都新宿区または渋谷区
http://www.muera.net/pages/1319978/page_201710032129
主催:一悟術ヒーラー MUERA

◆3月17日(土)「ぽのの勝手気ままに言いたいリーディング会♪」@兵庫県芦屋市
http://www.ponotherapy.info/posts/3763932
主催:一悟術リーダー ぽのセラピー ぽの

◆3月20日(火)まで受付「変わろう、変われるよ♪~2018年は絶対新しい自分なろう春キャンペーン♪」@兵庫県芦屋市
http://www.ponotherapy.info/posts/3513357
主催:一悟術リーダー ぽのセラピー ぽの

◆3月23日(金)「自分を愛するお茶会」@神奈川県足柄下郡箱根町
http://www.naturabi.space/posts/3731263
主催:一悟術ヒーラー 藤田みのり

◆3月23日(金)「ぽのの対面de勝手気ままに言いたい放題セラピー♪」@東京都新宿区
http://www.ponotherapy.info/posts/3445741
主催:一悟術リーダー ぽのセラピー ぽの

◆3月24日(土)「ぽのの勝手気ままに言いたいリーディング会♪」@東京都新宿区
http://www.ponotherapy.info/posts/3763932
主催:一悟術リーダー ぽのセラピー ぽの

◆3月24日(土)「ぽのの対面de勝手気ままに言いたい放題セラピー♪」@東京都新宿区
http://www.ponotherapy.info/posts/3445741
主催:一悟術リーダー ぽのセラピー ぽの

◆3月24日(土)「vol,5 自分に似合うコーディネート術Q&Aお茶会」@神奈川県横浜市
http://wp.me/p9bQcS-8v
主催:attirant パーソナルスタイリング パーソナルスタイリスト Rie

◆3月24日(土)「天地のめぐみ開墾体験会」@神奈川県三浦市
http://blog.livedoor.jp/yamajun831/archives/7349207.html
主催:天地のめぐみ農家(神奈川県) 山田純平

◆3月25日(日)「天地のめぐみ開墾体験会」@神奈川県三浦市
http://blog.livedoor.jp/yamajun831/archives/7349207.html
主催:天地のめぐみ農家(神奈川県) 山田純平

◆3月30日(金)まで受付「2018年4月スタート覚醒塾個別説明会」@東京都渋谷区
https://broad-leaf.amebaownd.com/pages/1058125/page_201706111337
主催:一悟術ヒーラー 山辺篤

◆3月31日(土)「天地のめぐみ開墾体験会」@神奈川県三浦市
http://blog.livedoor.jp/yamajun831/archives/7349207.html
主催:天地のめぐみ農家(神奈川県) 山田純平

◆4月6日(金)「ラクに生きれるエンパス講座」@東京都渋谷区
http://www.muera.net/pages/1319978/page_201710032129
主催:一悟術ヒーラー MUERA

◆4月7日(土)「心の傷を本気で癒したい方のための個人セッションbyMUERA」@東京都新宿区または渋谷区
http://www.muera.net/pages/1319978/page_201710032129
主催:一悟術ヒーラー MUERA

◆4月7日(土)他「覚醒を目指す人の『動ける身体』講座(全3回)」@東京都新宿区他

第3期 覚醒を目指す人の『動ける身体』講座


主催:一悟術ヒーラー na.chu.ri 用田司
講師:一悟術ヒーラー・リーダー スマイルメーカー 岡村茂

◆4月9日(月)「心の傷を本気で癒したい方のための個人セッションbyMUERA」@東京都新宿区または渋谷区
http://www.muera.net/pages/1319978/page_201710032129
主催:一悟術ヒーラー MUERA

◆4月15日(日)「アダルトチルドレン シェアカフェ」@東京都新宿区

トップページ


主催:一悟術ヒーラー・感情カウンセラー 永田雅宏

◆2月18日(日)~4月30日(月)「”ココロを満たす コーディネート”お試しキャンペーン」@東京都新宿区&神奈川県横浜市
http://wp.me/p9bQcS-8g
主催:直感リーダー attirant パーソナルスタイリング パーソナルスタイリスト Rie

◆4月30日(月・祝)~7月15日(日)「成塾『実践会』」@大阪府大阪市
http://bit.ly/seijyuku_jissenkai
主催:株式会社今を生きる人
オーガナイザー:一悟術ヒーラー・リーダー 岡村茂

◆現在配信中 会員制配信型ブログ「しこうの楽しみ」
http://www.honsitu.com/
提供:谷孝祐

●——————————————————————–

■リーディング占い(3/15~3/31)

●A型
身体の切り替えが上手くいかないとき。
無理せず、身体と対話しながら衣食住を大切に過ごしましょう。
幸運のカギ:
綿の洋服、白のリネン類、献血、柑橘系のフルーツ、チーズケーキ、オリーブ、薔薇、花壇、眼鏡、飛行機
恋愛:
今は見極めるとき。カップルは関係性を見直して、今の自分達に必要なことをしっかりと話し合う時間をもつと◎
お金:
やりたいことを素直に楽しんでいると自然と大きな循環が生まれます。遠慮せずに受け取っていきましょう。

●B型
身体が動かしやすいとき。積極的に運動する時間をもって冬に固まった身体を解しておくと思考も柔軟に。
幸運のカギ:
路線バス、自転車、スケッチ、植物園、ピクニック、ブロッコリー、オイル系パスタ、
シェイクの様に冷たい飲み物、縄跳び、バドミントン
恋愛:
楽しい時間を過ごせそう。何かを一緒につくると仲が深まるのでオススメ。
お金:
楽しくて気がついたら遣いすぎたということが多そう。出かける日は大体の予算を決めて行きましょう。

●O型
春の陽気でお惚けモード。何か決めるときはしっかりと考えて選択しましょう。
時間に余裕をもって動くとミスを回避できます。
幸運のカギ:
チョコレート、シュークリーム、ホットティ、キウイのジャム、カレーうどん、
スパークリングワイン、ロングカーディガン、野球観戦、カラオケ
恋愛:
のぼせているのは自分だけかも。相手の反応をしっかりと観察しましょう。まわりの意見なども参考に。
お金:
節約モードになりそう。必要か不必要かをしっかりと考えて、必要なことには迷わずに。

●AB型
自分が気づかないうちに人に対して厳しい対応をしてしまいそう。
あまり頑張らず周りに甘えることが必要な時。
幸運のカギ:
アメリカンチェリーパイ、クロワッサン、カフェラテ、煎茶、巻き寿司、
スポーツウェア、つばの広い帽子、白いシャツ、紫色のブーケ、猫の写真集
恋愛:
疲れているときには無理して合わないこと。
片想いの人は夕方以降の遅い時間に気になっていたお店にお茶しに行くと仲良くなれそう。
お金:
稼ぐことに意識が行くとき。損得勘定ではなく、人との関係性も考えて動きましょう。
気の合う仲間と一緒に何かやると良いとき。

(リーディング:佐野吏茴 https://readingconcierge-riui.amebaownd.com/ )

●——————————————————————–

■編集後記

ロボット掃除機を導入しました。

絶対に必要なものではないのでかなり迷いましたが、
結果的には導入してよかったです。

絶対に必要か、という視点も大切ですが、
生活の質を高めるために役立つか、という視点も持っておこうと思います。

                              (矢野)

⇒メルマガに無料登録してみる

上に戻る