今日から始める美肌に良い習慣「水を飲む」と効果的な飲み方は?

生まれた頃は何もしなくてもプルンプルンだったお肌も、老化とともにお手入れの必要になってきます。
スキンケア大切ですが、食べ物、睡眠、ストレスなどの影響も考えていかなければいけません。

薬局やスーパー、百貨店で肌診断を受けたことがありますか?
私には、肌年齢がプラス〇歳といわれて、がけから突き落とされるようなショックを受けた体験があります。
気楽に受けたつもりが、ガーーーン。
その場を立ち去りたかったです。

こんな痛い体験もお肌の状態を知って良くしていくチャンスなのですが、さてさてどうしたらよいでしょうか。

美肌になるための方法はたくさんあります。
正しい食生活や健康的な生活(運動、睡眠、休養)は美肌にとって大切なことです。
少しずつ学んで自分に合った方法を実践していきませんか。

今回は「美肌に良い習慣:水を飲むこと」についてご紹介します。

「水」
それは、美肌にとって、最もシンプルで、最も手軽で、最も効果的な飲み物です。

この記事の目次

水の美容効果

この地球で生命が誕生したのは海。
その名残で、私たちの細胞の大部分は水でできいて、水は生命維持にとても大切なものとなっています。
水がなければ生きていけないように、美容にとっても水問題は必須です。

水の美容効果としては次のものが考えられます。

  1. 新陳代謝を促し、お肌のターンオーバーを正常化へ
  2. 便や尿を増やし、老廃物を体外へ排出するデトックスに
  3. 食欲を抑え、ダイエット効果も

健康なお肌は水分がいきわたり、肌のバリア機能がしっかりとはたらいてくれています。
お酒を飲み過ぎてお肌の調子が良くない経験がありませんか。
これは、アルコールによる脱水症状でバリア機能が弱くなってお肌が荒れるのです。

美肌の条件は「うなはだけつ」

美肌といわれたら貴女はどんな肌をイメージをしますか。
美容の世界では、美肌の条件の頭文字をとって「うなはだけつ」というそうです。

「うなはだけつ」を見て、さあ、貴女のお肌はいくつ当てはまりますか。

  • う:潤い
    お肌は潤っていますか?
  • な:滑らか
    お肌はすべすべ、つるつるですか?
  • は:張り
    お肌はリフトアップして引き締まっていますか?
  • だ:弾力
    お肌を指で押したら押し戻そうとしますか?
  • け:血色
    くすみや青白さのない透明感のあるお肌ですか?
  • つ:艶
    お顔全体が若々しく見えますか?

いかがでしたか。
あ゛ーーーと意気消沈した方。
気づいた時からお手入れを始めればいいですよ。
ちゃんとお手入れをすればお肌は応えてくれます。

お肌のトラブルは水分不足

お肌のトラブルは水分不足が原因で起こることが知られています。
水分がしっかり保たれていないとお肌のバリア機能が弱くなります。

美肌の条件「うなはだけつ」の「う」は潤いでしたね。
潤いに直結するのがお肌の水分量

皮膚は表皮と真皮からなり、表皮の外側にある角質がお肌の潤いを保っています。
お肌の水分量は角質層に含まれる水分量をいい、20~30%といわれています。
角質層の水分量が十分にあるとお肌のバリア機能が保たれ、水分も逃げにくく、潤いが保たれます。
外部からの刺激にも強くなります。

トマトを思い出してください。
採れたてのトマトは皮がツヤツヤ、ピカピカ、包丁を入れるとプスッと気持ち良く切れます。
けれど、放っておいて乾燥したトマトはシワシワ、ゴワゴワに。
皮がよれてスッと切れなくなりますよね。
さらに干からびたらドライトマトになります。。。。

お肌も同じです。
水を細胞に巡らし、みずみずしさを取り戻しましょう。

水を飲むのと水分を摂るは違う

気をつけて欲しいのは、水と水分は違うということ。
ここでいう水は、水そのものをいいます。
水分は、野菜やフルーツ、そのほか食べ物や飲み物に含まれている水も含んで「水分」としています。

例えば、先に書いたようにお酒の飲みすぎはお肌にとっては大敵です。
ビールならアルコール度数は約5パーセント。
ビール自体は圧倒的に水が多いので、「水分」を摂ればいいと思っていると、ビールを水代わりに飲んじゃう方がいらっしゃるのですよね。
でも、ビールを飲んだ後、アルコールが代謝され、排せつされるためには、体の中の水を多く使うので体は脱水状態に傾きます。
あらあら、美肌には逆効果。

水以外の成分が体や美肌に与える影響を考えると、カフェインの多いコーヒー・紅茶、糖分の多い清涼飲料水、体を冷やす果物、塩分の多い味噌汁といったものはダメではありませんが、ほどほどが良いです。

メインの飲み物はシンプルに水が美肌には良いのです。

水の種類、量、飲み方

飲む水の種類

水は、毎日使うものです。
水なしでは1日だって生活できません。
飲む、料理に使う、顔を洗う、歯を磨く、お風呂にと、美容にかかわる面でも水は大活躍。

「水」と一言でいってもたくさんの種類があります。

  • 水道水
  • ミネラルウォーター
  • 炭酸水
  • 電解水素水(アルカリイオン水)
  • 水溶性ケイ素水(シリカ水)
  • 飲用温泉水 など

どれかお好みのものはあったでしょうか。
水道水で美肌?あれっと思った方もいらっしゃるかもしれませんね。
どの水も長所短所があります。

それぞれの長所短所を知って、長く続けられる方法を見つけるのが良いと思います。
健康法、美容法は続けてこそ結果が得られるのです。

水それぞれについては次回からアップしますのでお楽しみに。

飲み方のポイント

水の飲み方の基本ポイントを3つ押さえておきましょう。
基本の基です。

①常温
冷たい水は胃腸を冷やします。
春、夏、秋は常温で、冬は白湯がいいですね。
夏は冷たいものが飲みたくなりますが、氷はできるだけ避けたいものです。

②少しずつこまめに
ガバガバ飲むと体は水を吸収しきれず、胃腸に負担がかかります。
慣れるまでは飲む量にこだわらず、1日何回も、ひと口ひと口飲むのを積み重ねる感じで始めるといいです。

1日の生活リズムに合わせると忘れず飲めます。
起床後、朝食時、10時頃、昼食時、間食時、夕食時、入浴前、就寝前、それぞれの間にひと口ひと口。

③渇きを感じる前に
実はのどが渇きを感じる時はすでに水が足りていない状態です。
のどが渇く前に水をひと口。
これが大切です。

私は、くちびるが乾燥するかどうかというタイミングでひと口飲むことにしていました。
でも、コロナウイルスの流行でマスクをするようになって、くちびるの乾燥がわかりにくくなりました。
そんな訳で最近は、意識的に「こまめに水をひと口」を続けています。

1日に飲む量

さて、気になるのはどれくらい飲めばいいかですね。

ヒトが生きていくのに必要な水の量は1日に2.5リットルといわれています。
そのうち食事で1リットルが摂れること、年齢によっても必要水分量は異なること、体内でも水が作られることから、水を飲む目安は1.5~2リットルとなります。

この1.5~2リットルを貴女は飲めていますか。
ネット上で、モデルや女優が美容法として水を飲んでいる記事を見て、よし!やろうと思う方も多いでしょう。
けれど、水を飲みなれない人にとっては1日1.5~2リットルはとても難しい量です。
実際はなかなか…。
私などは水を飲むのが苦手で、試行錯誤しながら時間をかけてやっとです。

数字にこだわらずできる範囲で」飲まないと水を飲む習慣は続かないです。

それに、美肌を早く手に入れたいと思って無理に飲むのは到底お勧めできるものではありません。
なぜなら水が飲める体と飲めない体があるからです。

次の「水毒」のところも読んでください。

要注意!「水毒」

漢方や中医学には水毒(すいどく)という考えがあります。
体の中の水の巡りが悪くて、水が体にたまっている状態を水毒といいます。
冷えやむくみ、花粉症は水毒から起こります。

水毒のある人が水を飲みすぎると水毒が強くなります。
夜寝る前に水を飲むと翌朝むくんでしんどくなることはよくみられます。
水を飲み過ぎて冷えがひどくなると、お顔の血流、血色も悪くなります。

美肌のために水を飲んで体調が悪くなっては本末転倒です。

冷えやむくみ以外にも、心不全や腎不全といった持病がある人は、水毒が関わっているので要注意です。
決して無理をしてはいけません。
これらの方は、1日に水2リットルは無理です。
飲まないでください。

人の体は健康であれば自然と美肌になります。
水毒があるなら、まず、体を健康に近づけていくことを優先しましょう。

まとめ

美肌に良い習慣として水を飲むことがあげられます。
確かに効果的な面があるのですが、水を飲める体、習慣ができていないと1日1.5~2リットルを飲むのは正直きつく、挫折もしやすいです。
水毒という考えからすれば、無理して水を飲むことは健康を損ねることにもなります。
ご自身の体と相談しながら、ひと口ひと口を積み重ねていきたいものです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

心の傷専門家
感情カウンセリング
薬剤師

大学卒業後、製薬会社の学術部で社員教育と医療関係者への情報提供に携わり、その後、整形外科病院で薬剤師として勤務、退職。
現在は心の傷専門家として、ヒーリングやカウンセリングを提供しています。

昭和39年生まれ、一男二女の母。
第一子のアトピーをきっかけに桶谷式母乳育児、栄養学、食育を学ぶ。
第三子の妊娠・出産・育児期は夫婦関係や健康にトラブルが続き心身共につらい日々が続いたので、心と体の回復を目指して漢方と心理学を学んだ。

その学びを深めていく中で、バーストラウマやインナーチャイルド、過去生など心の傷に向き合うことで状況を克服。
今では笑顔を取り戻し、日々軽やかに過ごしている。

セッションでは、生きづらさを感じている方の心が軽くなり、日常の幸せに気づき、自分らしさを取り戻していただけるように心掛けている。

アラフィフ女子が幸せに生きる方法 https://amenosoyokaze.com/

この記事の目次
閉じる