一悟術

1.心の棘と幸福感「周りからは楽しそうと見える私とそういわれるとイラッとする私」 

第1回「周りからは楽しそうと見える私とそういわれるとイラッとする私」

皆様、はじめまして一悟術ヒーラーの後藤友馬と申します。
このコラムを含め計6回お付き合い頂ければ幸いです。

まずは「周りからは楽しそうに見える私」、結論から言うと楽しくはないです。
どちらかと言うと「いつも楽しいわけではなく、今までわからなかった事が
パズルのごとくつながる感が感じられた時が楽しいのです」。
・・・!?あっ、楽しんでいる。
(すいませんこのメルマガを書いている最中に気がつきました。
わざとではありません・・・。)

いきなりよくわからないことを書いてしまいすいません。
いろいろ考えてみましたが、どうも他人から私のことはよくは知らないくせに
感覚で物事を言われるとなぜだかイラッとしたり、
「本当かよ~こいつ」などと疑ってしまいます。

その理由を考える。私の実家は実は家業をやっておりまして(現在は廃業)、
で私は長男なわけですよ。
そうしますと口では言わなくとも「将来は跡を継がないといけない」
みたいな空気があり、私もそれを感じないように感じないようにと
過ごしていた気がします。
そのため、自分の人生に何人たりともこれ以上侵食されてなるものか、
他人の声=ノイズみたいな感覚があったのではないかと当時を振り返り思います。

で、大人になってからはどうなったか?
自分では「他人に私のことをよく知らないくせに勝手に決めつけやがって(怒)」
と思いつつ、他人のことを勝手にこんな人だと決めつけて、
その人が自分の決めつけと少しでも違うと一人で勝手に怒っている状態を
いつも何か作ってしまいました。
例えば私の今の職場に転職してまだ1年半くらいです。
そこで他の人と一緒に仕事をする際に
「この人は自分よりもこの会社に長くいるので、当然これくらいはできるはず」
という思いに駆られます。
で、その期待通りにできないと怒るわけでよ~。
相手の経歴とかもよく知らずに・・・。
というように自分の心に棘があると知らぬ間にそれで他人を刺しまくる現象が起きてきます。
なので、早いとこ心の棘を引っこ抜いて、
誰もが自然に笑っていられる社会づくりに貢献できる状態にしていこうと思います。

□ 今月の幸福感
メルマガのタイトルが「心の棘と幸福感」とあるのですが、
心の棘のことしか書いていないため、ここではバランスをとるために
後藤がここ最近幸福感を感じたことを書きたいと思います。

家を掃除するとき今までは掃除機(ダイソン)しかかけなかったのですが、
思いつきで雑巾がけをしてみました。
すると部屋全体がとてもクリアになり、
部屋自体がとても広く感じ「本当に同じ部屋か?」と、とても驚きました。
なので、今は週末の雑巾がけにハマっています。

それではまた来月・・・。

(後藤友馬 http://ameblo.jp/gotoyugotoyu777/ )

上に戻る