一悟術

2.心の棘と幸福感「感情を感じなかったり、感じたり」 

第2回「感情を感じなかったり、感じたり」

みなさま、お久しぶりです。後藤です。外部の人向けに文章を書くのは
大学院時代に学会用論文を書いて以来ほぼ10年ぶりでした。
当時を振り返ると指導教官に強烈修正されたのを思い出します。

それでは「心の棘と幸福感」をテーマに第2回コラムです。

私のメルマガですが、私の体験をもとに。私ですが仕事の関係上今年の初めから
英会話教室に週2で通っています・・・ですが・・・仕事が忙しく週2が週1になり、
さらには週1が2週に1回になり、あまり上達していないのです。
しかし、10月からは仕事がひと段落した為、週末は英会話を集中的にやっています。
やり口は週1回の英会話教室+英語勉強したい人達が都内のカフェに集まる会への参加です。

そこでのお題で「最近始めた新しいこと」があります。
そこで私はこのメルマガの事を語っております。

そこでの一幕

私「実は今ヒーリング関係のメルマガ書いていて、今月発行されます。」
参加者Aさん「へぇ~、すごいですねぇ~、ところでヒーリングってなんですか?
ヨガとかアロマとか一種ですか?」

ここで私が何を思うか?

1.ヒーリングってまだ世の中にあまり浸透していないのか~。
よし、ちゃんと分かりやすいように説明しよう。
2.しかし、理解されず変な人と思われて次回から来づらくなったら嫌だなぁ~。
3.こ、怖い。

となり、怖い(恐怖)をこれ以上感じないようにヒーリングのことを
話すのをやめてしまいました。
つまり私は「自分らしく生きる」より「自分の保身」を選択したのです。

で、この後どうするか?一悟術に出会う前の私は、この「怖い」を感じるのは
悪だと思いノリと勢いで行動していました。
そこで今回は「怖い」としっかり向き合う、つまりはしっかり感じてみました。
ここで感情を感じると感じないを私のケースでまとめると、

感情を感じない(※あくまで私個人のケースです)
・正直楽です
・会社等では上手くいく場合が多い。短期集中にはけっこう使える。
・感情が蓄積すると、すごく寝てもとんでもない疲労感が残り、たまにダウンする

感情を感じる(※あくまで私個人のケースです)
・リアルタイムでつらい。
・解消する際は本人が辛いのはもちろん、周りに人がいるときは最悪その人が寝込む。
・やってしまえば今まで「怖い」と感じていたことが意外としれっとできてしまう
・継続的にやれば、睡眠の質の向上、仕事もしくは仕事につながる勉強の学習効率が上がる。

というわけで感情を心の棘に例えると、心の棘は刺さったままでも痛いし、
抜く際も結構痛いです。痛いけれども、この棘を引っこ抜く際は何かお手伝いできればと思います。

つづく。。。

(後藤友馬 http://ameblo.jp/gotoyugotoyu777/ )

上に戻る