一悟術

4.ズルしないで稼ぐ生き方「自己成長を阻害するお金のトラウマ」 

第四回『自己成長を阻害するお金のトラウマ』

ようやく後半戦です。
もう手探りすぎて…うまく第三回とつなげられず…
ライターを雇ってなんとかなるなら頼みたい…のが本音ですが今回も頑張ります。

自己成長していこうとする時に、
めんどうなのがお金のトラウマだと考えています。
自己成長の途中でお金のトラウマに引っ張られて、
自己成長が止まるなんてことはよくあります。

こうなってくると、自己成長をメインに取り扱うのではなく、
お金のトラウマをメインに取り扱っていかないとプロセスは進みにくくなります。
お金が存在しなかった時代は、成長や覚醒に意識を向けるだけで良かったので、
寿命が短くとも必要な成長が出来たようです。
しかし、この世にお金が生まれてからは平均寿命は伸びましたが、
お金のトラウマを解消しないことには成長や覚醒が止まることがあり…

お金と向き合うことで成長を促していくこととリンクする時代へと移行しました。
(魂の目標設定によってはお金のトラウマとはまったく無関係になっている人もいます)
最終形態的な自己成長や覚醒にはお金のトラウマをほぼ解消していないことには
到達できない領域も存在している…
その分ちゃんとやれば学びは深く、より飛躍的に成長や覚醒を促せるのですが、
なかなか難しいことも多いようです。

さて、どうするのが良いのでしょうか。
お金のトラウマを扱う時、お金のインナーチャイルド、お金の過去生トラウマ、
お金の集合意識の影響などが考えられます。

まずはお金のインナーチャイルドの影響から見ると良いでしょう。
ほんの一例ですが、僕は親から「お金をさわったらすぐに手を洗いなさい」と言われました。
色んな人が、どんなさわり方をしているか分からないから、
汚いかもしれないからというふうに言われたと記憶しています。
子供のころは、疑うこともなく正しい情報と思いながら聞いていましたが、
意外にこれはこれで面倒でした。
当然お金は汚いものという認識をしていたので、
お金=汚いもの=遠ざけたいものとか嫌なものという認識になっていたのです。
お金が好きだという人は汚い人というこじ付けまで微妙になっていたり…
お金の良い側面にフォーカスが合いにくく、悪い物としてとらえてしまうため、
お金も本来の機能を果たしにくく、自己投資も効果が出にくくなってしまいます。

この認識を変えるだけで人に対する偏見や、お金に対するとらえ方が変化していき、
自己成長にも取り組みやすさが生まれました。
なのでお金のトラウマ解消も重要だと感じています。

お金のトラウマをうまく解消できないとズルにも気づけないこともあります。

次回は「覚醒を阻害するお金への依存」の予定です。

あと2回…キツイがなんとか粘りたい。

(波宮遥 http://ameblo.jp/namimiya-haruka
http://haruka-namimiya.com/
http://tenchinomegumi.com/ )

上に戻る