一悟術

3.悟りと恋愛の、近くてとおい関係‥「恋愛の意外な効能」 

「悟りと恋愛の、近くてとおい関係・・」(3)恋愛の意外な効能

こんにちは、MUERAです。
5月に始まった恋愛コラムも、はや3回目。

恋愛といえば、先日大潮(新月)の夜、
近くの海辺に子供たちとヤドカリのお産を観察しに出かけました。
日中蒔いておいたエサ(パイナップル)にすでに数千匹のヤドカリが群がっていて、
ビーチは足の踏み場もないほど。

午後8時ごろあたりがようやく暗くなり始めると、
メスたちが一斉に砂浜から波打ち際に向かってトコトコと向かい始め
打ち寄せる波のリズムに合わせて、それぞれ産幼生(ヤドカリは卵ではなく
肉眼でやっと確認できるほどの赤ちゃんを産みます)を始めます。
懐中電灯を片手に、小さなヤドカリがたくさんの赤ちゃんをお腹から一気に放つ様子を
真っ暗な夜空の下で観察することができました。

ヤドカリはお産の直前に交尾をするそうで、
そのときの様子を観察ガイド(島のおじい)が見にきた人に説明していました。
少し前に、森林公園で無数のホタルたちが繰り広げる夜の大結婚式を見に行ったこともあったのだけど
ホタルもヤドカリも、オスは結婚相手を見つけるのに頑張って動き回り、
メスは完全に受け身で待っているというのが共通していて
(受け身といっても、なんでも受け入れるわけでもなく、yes/noが割ときっぱりしている 笑)
そんな小さい生き物たちのドラマは、聞いていてなかなか興味深いものがありました。

さて、人間の恋愛に話を戻すと^^
1回目のコラムで「恋愛とは、特定の誰かと築く親密な関係性」と定義。
2回目のコラムでは「恋愛の本質的な意味は、自分をオープンにして
他人と密に関わることを学ぶ体験」そんなハナシをしてきました。

で、今回は「じゃあ恋愛で自分をオープンにしてくことを学ぶと、
人生でなんかイイことあるの?」という辺りを見ていきます。

まず結論から。
恋愛において自分を本当にオープンにしていく訓練(ほとんど修行?笑)を積むことの、
期待できる効果としては・・・
人生における悩みの多くが消失する可能性があります。
そしてビジネスをやっている人は、ビジネスにもとても良い影響を生みます。
(対人支援のようなお仕事の方は特に、ね)

おー・・・、そういうことなんだ。
いや、そういうことのようです。

理由はね、前回も触れたけど親密な関係性において自分を相手にオープンにしていくってことは、
まず自分自身が自分の良い部分も悪い部分もまるごと承認する必要があって、
(そうでないと、やっぱり好きな人には隠したくなるものね)
それって通常は相当面倒くさい、
つまり自然と向き合うことを避けてしまいたくなる作業なわけです。

だけど敢えて自分のイヤな部分や弱い部分にも向き合って、ありのままの自分を承認できると、

・・・さて、何が起きるのか?

そうしたら相手も自分をまるごと承認してくれる・・・というわけではなく(^_^;)
自分が相手のこともありのままで承認することができるようになるのです。

つまり、相手の「ここが嫌、あれも嫌」って反応が減って、
自分も相手もありのままで承認できるように。
そうすると、あら不思議。
相手から自分が承認されるかどうかは、もはや気にならなくなってくるのです。

恋愛や夫婦関係って、自分の親子関係の投影っていうけど、
恋愛において自分が他人である特定の誰かとちゃんと「承認し合える関係」を
ちゃんと築けるようになると、
親子関係も自然と改善の方向に向かいやすくやるようです。

(以前の私は、親子関係を改善できないと幸せなパートナーシップを築くことは難しい、
と信じてたけど、そういう意味では逆からのアプローチもあり、ってことですねぇ)

で、なんで恋愛の達人になると人生の悩みが減ったり、ビジネスが上手くいくのか?
そのあたりまで書くとどうも字数がオーバーしそうなので、この続きはまた来月に。
というわけで、来月は恋愛の効能(続編)というテーマでお会いしましょう^^

(MUERA http://www.muera.net/ )

上に戻る