一悟術

5.悟りと恋愛の、近くてとおい関係‥「満天の星空を眺めながら、宇宙にいる恋人に思いを馳せた 」 

「悟りと恋愛の、近くてとおい関係・・」(5)満天の星空を眺めながら、宇宙にいる恋人に思いを馳せた

毎年8月、石垣島では「南の島の星まつり」というイベントが開催されます。
夜空に輝く88星座のうち84星座が見られると言われるこの島は、
宇宙に最も近い土地。(←完全に単なる主観^^)

星まつりの開催期間中には全国からたくさんの星空ファンが来島し、
島内の2つの天文台を始め、各所で星に関する講座やイベントが盛りだくさん。
メインイベントだった「ライトダウン星空観望会」の夜には、
市街地の灯りが一斉に消され、暗い夜空に浮かび上がる美しい天の川を、
大きな野外公園に集まった約1万人の人とともに楽しみました。

会場では屋外ステージで島出身のアーティストのライブや
星空公開結婚式が行われていました。
賑やかなイベントの後全ての照明が落とされた真っ暗な会場で、
各自持参した敷物に寝そべったりキャンプ用の小さな椅子に腰掛けたり、
たくさんの人と思い思いに夜空を見上げる体験は新鮮で、
なかなかロマンチックなものでした。
隣にいて一緒に空を眺めてる夫、暗闇の中でテンションが上がって(笑)
見知らぬ人と楽しそうにコミュニケーションしている子供達。
そんな時間の中、ふと宇宙のどこかにいるかもしれない
ツインソウルのことを考えました。

そもそも一つだった魂が、二つに別れてツインソウルとなり、
学びのためそれぞれ別の場所で体験を経て、再び出逢うことができる。
一般的には恋愛で誰かに強く惹かれるとき、
「この人こそツインソウルにちがいない」なんてことばを耳にするけど、
実際に一つの人生でツインソウルに出逢える確率は、実はほとんどないに等しい。
そぉんな話を聞いたことがあります。(正直がっかりしましたが・・^^;)
でも、宇宙のどこかにいるツインソウルにいつの日か出逢うためにも、
目の前の恋愛や夫婦関係の学びにしっかり向き合っていくことが大事だよ、と。
どうもそういうことなんですねぇ。

ところで、
そもそもどうして一つの魂がわざわざ二つに分かれるの?
どうして地球上にはオトコとオンナ(それからもちろんそれ以外も含めて)
複数の性が存在するの?

そんな疑問を持ったことはありませんか・・?

まずは、一つ目の問いの答えから。
魂が二つに分かれる理由はいくつかあるようだけど、
その一つは「分かれることで活性化するから」。
一つの魂はそもそも二つの性質を持っていて、そのままだと相殺してしまいがち。
それぞれの性質を持った別のものとなることで個々の性質が活きてくる。

・・・ん~、なるほど。なんか、ちょっとわかるかも。
人間同士って、違いがあるからそこに価値が生まれたり、
自分が持ってなくて相手に見えるものがあるから強く惹かれたり
(逆に反発したり^^)するんだものね。
自分と違う相手が目の前にいるからこそ、
自分の性質がちゃんと認識できたり、とかね。

もともと一つだったものが二つに分かれたわけだから、
また元どおりに一つになりたくて私たちは誰かとの親密な関係性を求めるんだって、
以前はそんな風に思ってました。
でもね、恋愛の本当のゴールは相手と一つになること
(自分と相手を同一化しようとすること)・・ではなくて、
相手を通して自分を深く知ったり、
自分と違うものをそのまま認めて愛でるっていうあたりに、
どーもありそうです。

さて、次回は二つ目の質問、地球に複数の性が存在する理由にも
ちょっぴり触れてみたいと思います~(たぶんね 笑)

(MUERA http://www.muera.net/ )

上に戻る