一悟術

4.お金への依存を少なくする 

こんにちは、山田です。

突然ですが、お金に対してどれくらい依存していますか?

1 お金がないとできないことがほとんど

2 お金があれば効率的だけど、なくてもなんとかなる

3 お金があってもなくても、できることはたくさんある

さて、これを読んでどのように感じましたか?

お金に対する意識を変えようと思った時、執着について考えなくてはなりません。

執着や嫉妬のもつパワーは絶大です。そして、思いっきり自分の足を引っ張ります。(笑)

こうしたエネルギーと向き合う為には、お金に対する依存心をできるだけ低く抑える必要があります。

ではどのように低く抑えていきましょう?

やることリストをつくります。

まず、お金をかけずにできることを作りましょう。次に、お金をかけてできることを作りましょう。

お金をかけずにできることを徹底的に調べつくしてから、お金をかけてできることをやります。

この習慣を身につけることで、お金に対する依存心(お金がないとなにもできない)という意識から遠ざかることができます。

また、取り組みにおいても問題の焦点をお金にしてしまうと、解決できない問題にすり替えてしまう可能性をはらんでいます。

問題の原因はお金以外のところもたくさんあります。

まずは、お金以外の原因も考慮した上で、お金についても考えましょう。

そうした習慣をつけることで、お金をかけることを博打にせず、計画的に使える流れにのることができます。

また、お金に関連する様々な考察ができるようになったら、精神的に余裕がでてきます。

お金の問題を自分で解決できるという自信がついてくるからです。

私自身、お金のトラウマはとても多いので、こうした作業が簡単にできない方たちの気持ちもよくわかります。

昔は、お金という言葉をきくだけで、頭が真っ白になって意識が朦朧としました。

それくらい、お金に対して苦手意識が強かったのですが、長い期間をかけて少しずつ解決してきました。

そんな状態でも、少しずつ取り組みが進み、今ではお金について考えたり、こうしたコラムを書くまでとなりました。

これを読んで、ほんの少しでも皆さんを勇気づけられたらと思います。

(山田結子 http://yuuko-ichigo.com/ )

上に戻る