一悟術

6.お金を引き寄せる仕上げ 

こんにちは、山田です。

お金シリーズ最終回となりました。最後までお付き合いくださいまして、本当にありがとうございます。

最後に、お金を引き寄せる仕上げをお伝えしたいと思います。

お金を引き寄せようと思ったとき、大切なのは『自分』をどうとらえているか?です。

自己肯定が高い人ほど、受け取ることにためらいがなく、質の良い引き寄せを行います。

自己肯定が低い人は、足りないものを補充する感覚で引き寄せを行うため、多少引き寄せるものの質は低下しがちです。

引き寄せの質は、自分が自分のことをどうとらえているかによって、変わってくるのです。

そして、あなたがどのようなタイプにせよ、合わせて引き寄せたいものをイメージすることは大切です。

このとき、お金そのものをイメージするより、欲しいものや情景をイメージすることが大切です。

例えば、お金が欲しい理由が、新しい車に乗って海岸線を心地よく走るため……だとしたら、その情景をイメージして楽しむことが大切です。

そのイメージをとらえるために、海岸まで情景を見に行ったり、車の試乗に行ったりして、イメージを作りこみます。

結果的に、友達が新しい車でドライブに誘ってくれたとしてもそれはそれ。

自分の引き寄せの効果を実感して、なりたい情景をひとつずつ叶えていきましょう。

お金そのものに囲まれて幸せな情景……という引き寄せは難しいです。

それならむしろ、数字として扱う方がよいでしょう。

通帳の数字が大きくなっているのをイメージするのです。それなら、情景として機能しやすいでしょう。

ただ、注意していただきたいのは『元々、お金に対して抵抗感や恐怖心を持っている人は無理をしないこと』です。

お金に対して恐怖心が大きいとき、頭が真っ白になってしまうときは無理をせず、小さな引き寄せから実践するのがよいでしょう。

お金に対して取り組みができるのは、お金に対する感情の処理がある程度できるようになってからです。

不安や恐怖と向き合えないと、引き寄せが機能しない場合もあるようです。

そう、引き寄せた結果をきちんと受け取ることや、適切に処理する事も大切なことです。

直感的に行った方がいい場所に行ったり、重要な誘いを受けたときにうっかり断らないことです。

引き寄せの結果を受け取ることで、自分の引き寄せのレベルや質を確認することができます。

自分が思ったような引き寄せができなかったとしても、きちんと受け取って『自分にもできる!』という気分を味わうことがとても重要です。

そして、少しずつレベルの高い引き寄せにチャレンジしていくとよいでしょう。

いかがでしたか?

自然にお金を引き寄せるために、必要な要素はたくさんあります。

少しずつでも、お金を好きになって、自分も好きになって、ポジティブなお金の使い方ができるように目指していきましょう。

ゆくゆくは、『あなたのお金の使い方って素敵ね!どうしてそんな風にできるの?』ときかれるようになったら素敵ですね。

その時は惜しむことなく、あなたが学んできたことをその人に伝えてあげてください。

それがあなたの学んできたことが価値として与えられる瞬間なのです。

(山田結子 http://yuuko-ichigo.com/ )

上に戻る