一悟術

成りたい自分になっていく第一歩、『決意』 

はじめましての方ははじめまして、
今回から6回一悟術のメルマガでコラムを書かせて頂くことになった
ヒーラーをしている森元気(モリゲンキ)です。
よく芸名ですか?と聞かれますが『本名』です。
ちなみに弟は勇気(ユウキ)で、かっていた犬はのんきです。

普段は一悟術のヒーリングと併用して
今までに学んできたカウンセリングやコーチングスキルを使って、
クライアント様の欲しい結果を手に入れるサポートをさせて頂いています。

僕自身は元々、高卒フリーターとして生きている中で
様々な出会いときっかけがあって
今の仕事(好きなことを)をさせて頂いていますが、
昔の僕を知っている友人からすると「考えられない」らしく、
当時の僕が今の僕になれたポイントを僕自身の経験から
皆様と分かち合えたらと思っています。
そしてこれを読んで下さっているあなたの人生の
何かのきっかけになれれば嬉しいです。

題して「成りたい自分になっていく」をテーマに書かせて頂きます。
これからの6回をご一緒して頂けたら嬉しいです。

さて、僕は先ほども書かせて頂いたのですが、元々高校を卒業後、
18歳からフリーターを21歳までしておりまして、
21歳の途中でフリーランスのカウンセラーとして活動し始めました。

現在33歳になりますが、思えば10年以上もクライアント様達と、
一言で言うと幸せな自分になるための取り組みをし続けてきました。
有難いことです。

その中で、どんどん幸せになっていく方達に共通して存在することで、
なかなか進まない人にない物があります。

それは『幸せになる。』という決意(覚悟)です。

僕も含め、多くの人は幸せになりたいな~。なれればいいな~。と
思っていたりそう言動しています。

しかし、なかなか進まない人にはその裏に
『どうせ無理だろうな~』が隠れています。

そこにはもちろんトラウマやそれによって生まれた観念(思い込み)が
影響していたりします。トラウマが減れば減るほど
新たなことや抵抗のあったことにでも決意しやすくなります。

フリーターの時の僕でいうと、高校時代は大学進学を希望して
勉強をそこそこやっていました。成績も学校で上の方になったこともあるんですが、
3年になった初夏の頃に様々な事情で進学は出来ないことになりました。

今まで、「勉強をしなさい。」「宿題をしないさい。」と言われ続けてきて、
いざという時には、今までやってきた事が無駄になった気がして絶望のどん底でした。

レールから外れるというか、価値のない存在というか、
そんな怖さを紛らわせるために普段はへらへらと過ごし、
進路未定のまま卒業することとなり、
とりあえずお金は必要だからとアルバイトをする。そんな生活でした。
そんな中で自分が幸せになれるとは到底思えず、『どうせ無理やろー。』の塊です。

そんな僕にも転期がやってきます。
たまたま交通事故にあって入院することになります。
家族に心配をかけ、結果何もなかったのですが
「打ち所が悪ければ、急変し最悪死ぬかもしれないので検査入院して頂きます。」
と医師から告げられた時には流石に人生を考えました。

このまま死ぬのは嫌。
ちゃんと生きたい。
真剣に生きよう。

そう無意識的に決めたんでしょうね。
そこからどんどんきっかけが訪れます。

いつも買っていた雑誌があったのですが、入院を不憫に思った姉が
その雑誌を買ってきてくれます。そこには「資格特集」と書かれたページが
数ページあって、小さな特集になっていました。

今までも買っていたので、きっとそんな特集を過去にもやっていたはずなんです。
でも初めてしっかり読みました。
そこにはのちに入学することになるカウンセラー養成学校の記事が書かれており、
退院後に資料を取り寄せることになるのです。

しかも僕にとってよかったのは、

・高校時代によく恋愛相談に乗っていたこともあり
大学の進路の一つに心理学部を想定していたこと。

・「誰でもなれるカウンセラー。」といかにも怪しい(笑)キーワードが書かれていたこと。

・その養成学校の代表は大学に行ってなくてもカウンセラーとしてテレビに出演し、
当時の僕にとってわかりやすい結果を出していたこと。

「えー、カウンセラーって大学に行ってなくてもなれるんやー!」

目から鱗とはこのことです。もう僕が動けないと思っていたことを
打ち壊すがのごとく情報が入って来たのです。

しかも、体験入学に行った先で質問したことがありまして、
20歳の僕が『はたして本当にカウンセラーとして活動できるかどうか』です。

そこで帰って来た答えは、

「それは森さん次第です。その方の頑張りにもよるので。
ですが森さんとお話ししていると『私は』才能があると感じますけどね~」

これでどう思われますか?

決める前の僕なら、きっとこれは営業トークで『どうせ無理だろー』と
思って学校には通ってません。ですが、この時の僕は
『自分の頑張り次第なら俺、頑張る!』と思ったわけです。

結果的にはこうして10年以上活動を続けてこれている訳ですから
その方の言葉は間違ってなかった訳で感謝なのですが、
その時に背中を押してもらったことに感謝して、入学後にお礼をつたえたところ笑顔で、

「そうだったっけ?ごめんねー私はよく覚えていないわー。」

と言われました(笑)

きっとその時は真剣に言ってくれた言葉なんでしょうけど、人の人生のことだし、
時間も半年ぐらいたっていて、それこそ多くの方とお会いしていることもあって
覚えていらっしゃらなかった訳ですが、それぐらいの感覚の言葉でさえ、
こちらの感覚次第(受け取り方次第)で次の行動が変わることがよくあります。

これは無理矢理、ポジティブシンキングをすればいいという話じゃなくて、
そう自然と受け取れる状態になりやすい。という部分が
決意や覚悟によって生まれやすいということです。

例えば、
『今日1日は自分に正直に生きる。と決めてみて下さい。』

するとどうでしょうか?

あのことやそのことに対して、捉え方や観え方が少し変わってきませんか?

他にも『パートナーを大切にする。』とか
『本当にやりたいことをする。』でもいいかもしれませんね。

ぜひ1度、1日だけでいいのであなたの決めた生き方で生きてみて下さい。
そして、その1日はしっかりと意識し続ける。
そう生きてみた1日がどうだったのかを寝る前に思い出してみると面白いと思いますよ。

とこのような感じで後5回続けていきたいと思いますので、
楽しみに読んで頂けたら嬉しいです。あっ、感想なんかももらえると嬉しいです!
ではまた次回に。

(森元気 http://ameblo.jp/genkispace/ )

上に戻る