一悟術

5.八神が子育てから学んだこと~親子関係~ 

「八神が子育てから学んだこと~親子関係~」

さて、第5回目となりました八神のコラム、
今回のテーマは、「親子関係」。

私の人生のテーマの一つでもあるかもしれません。

今回のコラムの中で使う親子関係という言葉は、
自分と自分の両親の関係のことを指します。
そう、私と父・母との関係。

これまでのコラムで書いたように、
子育てを通して、感情や観念、パートナーシップなど、
色々な観点で自分というものを知っていきました。

そして、それらの自分のピースの奥にあるものを探っていくと・・・
だいたい、父と母に行き当たったのです。

例えば、感情

私が息子の泣き声にイライラしたり、悲しくなったのは、
小さい頃の私が泣いたとき、父や母が不機嫌になったことが根っこにありました。

父と母にありのままを受け止めてもらえない悲しみ・怒り

親にありのままの自分を愛されていなかった、
いや、愛されていると感じられなかった、という想いは
深く、深く、私たちの人生に影響します。

ありのままを愛されていないと感じて育つと、
ありのままの自分を認められなくなります。

こういう自分だと認められない
こういう自分だと受け入れてもらえる

そう瞬時に判断し、
人の目を気にしながら、本来の自分ではない自分になろうとします。

すると子育てにおいてはどういうことが起きるのか。

ありのままの自分を認められないと、
ありのままの子どもを認められません。

すると、

こんな子育てでいいのか、迷うことが多かったり、
子どもに対して、どこか負い目を感じてしまったり、
子どものことで感情的になることが多かったり、

子どもと一緒の人生に、疲れを感じやすくなります。

それが子どもの人生にどんな影響をもたらすのか・・・

自分がありのままの自分を認められないように、
子どももありのままの自分を認められなくなっていきます。

そう、連鎖するのですね。

ということで、自分と息子のために、
一悟術ヒーリングを受けて1年くらいしてからは、
父と母と向き合うということをずっとやってきました。

どのように向き合っていったかは長くなるので割愛しますが、

(興味がある方は、八神のブログにある

「八神さんの子育て術への道のり(8)」や
http://ameblo.jp/healing8/entry-11845397019.html

親子関係のカテゴリー
http://ameblo.jp/healing8/theme-10075562397.html

をご覧下さい。)

今は、
どんな私であっても、両親は私を認めてくれている、愛してくれている
ということが、深い部分から信頼できるようになってきました。

するとですね、
表面上は息子に振り回されることもまだありますが、

なんだかんだ言っても、うん、息子も私も大丈夫

ってところに比較的すぐ落ち着くのです。

私の息子の関係に、滞りが少なく、常に流れている感覚ですね。

親子関係はですねー、自分の根本に近い部分を握っているので、
なかなか取り組みづらいテーマではあります。
かなりの抵抗がある方がほとんどだと思います。

でも、親子関係が前進すると、子育てだけじゃなく、パートナーシップや仕事、お金など、
いろんな分野にいい影響があるのですよ。

子育てと同様、お得なテーマですね。

一悟術ヒーリング、そして一悟術リーディングは、
あなたの親子関係を前進させるための、基礎となる部分を整えてくれます。

一悟術を受けているって方で、親子関係に取り組みたい方は、
担当のヒーラーさんやリーダーさんにサポートしてもらってくださいね。

もちろん、私に相談いただいても大丈夫です。

では次回のサブテーマは「息子へ そして子どもたちへ」

子どもたちに私たち大人は、何をしてあげられるんでしょう。

そんなことをお話したいと思います。

お楽しみに!

(八神詠子 http://ameblo.jp/healing8
http://www.yagamieiko.com/ )

上に戻る