一悟術

1.パートナーシップの落とし穴、そして穴から脱出大作戦 

こんにちは。

一悟術ヒーラー・リーダーの岡村茂です。

多くの人にとって、人生の幸・不幸を左右する「人間関係」。
なかでも特に親密な関係である夫婦や恋人、親友などの「パートナーシップ」。

今回から『パートナーシップの落とし穴、そして穴から脱出大作戦』と題し、連載します。
自分自身、まだまだ現在進行形のテーマであり学びの最中ですが、
何かしら気づきのきっかけになれば嬉しいです。

ちなみにもうすぐ結婚20年、高校生と大学生の息子たちがいます。
山あり谷ありそれなりに経験してきました。どうぞおつきあいください。

さて、思春期くらいから(いやもっと前かな?)
「気持ちや夢を語り合える彼女がいたらなぁ。。」と憧れていました。

・君さえ理解してくれれば、僕はがんばれる。
・僕の欠けてるところを補ってくれるなら、君の欠けてるところを補おう。
・あなたが私を完璧にしてくれる。

当時好きだった映画や歌はこんな風に語っていました。
そして、描かれるふたりはhappily ever after
「いつまでも幸せに暮らしましたとさ」で締めくくられます。

「いいよなぁ~、それ目指そう!」

そう決めたはいいものの、どうやら現実はちょっと様子が違う。
自分の経験でも、周囲を見渡してもなんか違う。。

カップルはいつも、最初とても素晴らしい。一緒にいるだけで、
何をしていても何もしてなくても、いや一緒にいない時ですら楽しい。
でもなぜだか数か月もすると、すれ違いが増え、不満が溜まり、
ケンカが始まる。そのうち我慢が増え、互いを諦める。

何でこんな風になるのか?
そうだ、きっと相手を間違えたんだ。そして、相手を変える。

あぁ素晴らしい。新しい彼女は僕が欲しいものを与えてくれる。
僕も彼女に欲しいものを何でもあげよう。君が僕を完璧にしてくれる。。
そして蜜月が終わり。。

しばらくすると、なぜかまたすれ違い、ケンカが始まり、諦めの気分。。。

堂々巡りです。

ここ数年でわかってきたことがあります。
最初これを知った時は、面食らいました。今ではよくわかります。

間違いの元は、「いいよなぁ~、それ目指そう!」だったんです。
落とし穴でした。

・「君が僕の欠けているところを埋めてくれる。僕が君の欠けているところを埋めよう。」
・「あなたが私を完璧にしてくれる。」

この美しいフレーズが「間違いの元凶」だったのでした。

なぜこれが「落とし穴」なのか。どうやったら抜け出せるのか?
次回続けていきます。どうぞお楽しみに!

(岡村茂 http://blog.shigeruokamura.jp/ )

上に戻る