一悟術

子どもは幼少期から親の顔色をうかがう。親子間の忖度と非言語のやりとり。 

2017年に政治をゆるがせた「もりかけ問題(森友・加計学園問題)」にまつわるキーワードとして忖度(そんたく)という言葉が一躍注目されました。

この言葉を見た時、私は「えっ何て読むの?すんたく?」と、漢字が読めませんでした。
忖度という言葉は昔からあったけれど、メディアで注目されるまでは日常生活ではあまり使わない言葉だったと思います。言葉に馴染みがなくても、忖度することは人が生きていく上でとてもよくみられる心理行動です。

忖度は、家族、友人、パートナー、学校、職場、あらゆる人間関係の中で日常茶飯事に行われています。
特に幼少期の親子関係のあり方はあらゆる人間関係のベースとなるので重要です。
今回は、親子間での忖度とその問題について考えてみます。

 

1.忖度とは

意味

他人の気持ちを推しはかること。推察する。
「忖」も「度」もおしはかるという意味。

長澤規矩也編『携帯新漢和中辞典』(三省堂、昭和53年第35刷)より

 

メディアでの注目

忖度は、2017年にモリカケ問題(森友・加計学園問題)で、首相の口利きや特別な配慮があったのではないかという疑惑のキーワードとして注目をされ、以降、メディアにたびたび登場しています。
ユーキャン新語流行語大賞では「忖度」と「インスタ映え」が、2017年の年間大賞に選ばれました。

 

使い方(用例)

相手の心中を忖度する。
最愛の人を亡くした彼女(彼)の心を忖度する。
あの人は人の気持ちを忖度するような人ではない。

 

2.忖度の良し悪し

忖度は、人の気持ちを推しはかることなので、それ自体は良いも悪いもありません。
誰かが悲しがっている時、その気持ちを汲み取り寄り添えるなら、忖度によって相手は癒され心は平穏へと向かうでしょう。
反対に、誰かの気持ちを先回りし過ぎて必要以上のことをしてしまい、残念な結果になってしまうことがあります。
このように、忖度した後の行動によって良し悪しが分かれます。

 

3.親子の間でよくみられる忖度の光景

親子の間でよくみられる忖度の光景

あらゆる人間関係のベースになるのが親子関係です。
子どもは生まれてから親を教科書のようにして学び育ちます。
育てたように子どもは育ちます。
その過程でみられる忖度の光景を見てみましょう。

 

相互に信頼を育む光景

相互に信頼を育む光景

親が病気で寝込んでいる時、子どもがそっと枕元に食べ物や飲み物を置いてくれる光景。
このような場合、「嬉しいなぁ」「優しいなぁ」「こんな配慮ができるようになったんだ」「ありがとう」といった気持ちになるのではありませんか。

逆に、子どもが寝込んでいる時に、親が早く治るように祈り、部屋の温度を調節したり、消化の良い食事を用意したり、そっと様子を見守る光景は?
あるいは、落ち込んでいる子どもの話を親がただただ聴いてあげる光景は?

我を押し付けるのではなく、親子互いに相手の状態を推しはかり、過不足のない適度な言動を取ることは親子間の信頼を深めます。
何があっても安心、安全、大丈夫。
そう思える親子関係になります。

 

相手をコントロールする光景

信頼を深めるのとは逆に、言葉を使わないコミュニケーションで相手をコントロールしようとする光景があります。
言葉を使わないコミュニケーションを非言語コミュニケーションといいます。
非言語コミュニケーションでは「言葉に乗ったエネルギー」といいますか、「醸し出す空気感」といいますか、そのような目に見えないものを介して相手に気持ちを伝えます。

①親は言うことを聞くように圧力をかける

そんなことはしていないと思われるかもしれませんが、親は意識的にまたは無意識的に子どもに自分の言う通りに動くよう圧力をかけがちです。

例えば、食事に行ったレストランで子どもがメニューを見て食べたいものを選ぼうとする時を想像してみましょう。
親が子どもに「何でもいいよ。好きなものを言って。」と言うとしましょう。
このような経験はこのコラムをご覧になる方にもおありだと思います。

果たして、無条件で「何でもいいよ」と言えているのでしょうか。

笑顔で「何でもいいよ」と言いながら、心の中で値段が高いか安いか、予算内か、食べ切ることができるかなどいろいろ考えて、親の判断でこちらの方が良いよと子どもを暗に誘導するような言葉がけや空気感を醸し出していることはありませんか。

あるいは、迷ってなかなか決められない子どもにイライラして、早くしろという態度を見せはしませんか。

「何でもいいよ」と言いながら、親の意向を汲むように、空気を読むように非言語コミュニケーションで伝えているのです。

この醸し出された空気感を子どもは読み取り、親の気持ちを忖度した結果、自分が本当に欲しいものとは違うものを選択することがよく見られます。

 

②子どもは親の顔色をうかがう

子どもは親の喜ぶ顔が大好きです。
親の悲しんだ顔、怒った顔、不機嫌な顔を見るのが嫌です。
どなたにも幼少期を振り返ると思い当たることがあると思います。

子どもは、どうすれば親が笑顔になるかを子どもなりに考え行動します。
親の気持ちを忖度し、親の気持ちや意見に沿うように行動しようとします。
そして、親の不機嫌を怖れ、親を喜ばせねばというループに陥ると、いつも親の顔色をうかがうことになります。
ついには自分らしさを失い、親にとっての良い子を演じ続けることになります。

 

4.根底にはバーストラウマやインナーチャイルドがある

バーストラウマは胎児期から生後三か月までのトラウマをいい、「自分には価値がない」「自分は生まれてきていけなかったのでは?」という想いを作り上げます。
インナーチャイルドは生後三か月から大人になるまでの間のトラウマをいい、「自分は愛されない」「誰にも必要とされていない」という想いを作り上げます。

 

このため、自分の存在価値を自分以外のどこかに見出そうとします。
親子関係においては、子どもは親に愛してもらいたいために親の気持ちを忖度し、それに沿うように努力します。
子どもは親がほめてくれたなら自分の存在を認められるという構造ができ、自分の本当の気持ちより親の満足を追いかけてしまいます。
親にとっての良い子になろうとするのです。

 

一方、親は親で、子どもが自分にとって良い子であることが価値証明となります。
親もバーストラウマやインナーチャイルドを抱えて生きているのです。

幼少期に親からコントロールされる体験を多くすると、それが当たり前となり、わが子にも同じコントロールをしてしまいます。
何しろ、親は子どもにとって生きる見本、手本、教科書なのですから。
厄介なのはコントロールをしたり、されたりしているのに気づかないまま、親から子へ連鎖していくことです。

 

5.このような方は要注意

人に自分の意見が言えない。
誰かに気を遣ってばかりいる。
人からの評価、評判が気になる。
何事にも我慢することが多い。
自分の好きなことがわからない。
人といると緊張する。
相手に感情的になられるのが怖い、苦手。
感情を表に出せない。
自分はダメ人間だと思う。など

このような方は、忖度した後、自分よりも人を優先しがちで、人生に生きづらさが出てきやすくなります。
自分らしさを失った状態です。

 

6.まとめ

忖度は人の気持ちを推しはかることなので、それ自体は良いも悪いもありません。
忖度した後どのような言動を取るかによって良し悪しが分かれます。

言動の分かれ目は、幼少期の親子関係において、非言語コミュニケーションによって親が子どもをコントロールすることが多いこと、その背景にはバーストラウマやインナーチャイルドのトラウマがあることが考えられます。

 

柴田ともみ

一悟術ヒーリング1級
一般社団法人感情カウンセラー協会認定感情カウンセラー
薬剤師

大学卒業後、製薬会社の学術部で社員教育と医療関係者への情報提供に携わり、その後、整形外科病院で薬剤師として勤務、退職。
現在は一悟術ヒーラーとして活動中。

昭和39年生まれ、一男二女の母。
第一子のアトピーをきっかけに桶谷式母乳育児、栄養学、食育を学ぶ。
第三子の妊娠・出産・育児期は夫婦関係や健康にトラブルが続き心身共につらい日々が続いたので、心と体の回復を目指して漢方と心理学を学んだ。

その学びを深めていく中で一悟術と出会い、バーストラウマやインナーチャイルドなどの心の問題に向き合うことで状況を克服。
今では笑顔を取り戻し、日々軽やかに過ごしている。

セッションでは、生きづらさを感じている方の心が軽くなり、日常の幸せに気づき、自分らしさを取り戻していただけるように心掛けている。

HP:https://asakochi.jp/
BLOG:https://ameblo.jp/tomomin358

無料メールマガジン

メルマガでは、ヒーラー、リーダーによるコラムや公開FAQを掲載しています。
日頃から抱えている疑問点などありましたら、こちらから投稿してください。

お名前(必須)
姓: 名:

メールアドレス(必須)

上に戻る