一悟術

地球の歴史―先カンブリア時代⑨ 多細胞生物の出現― 

地球が誕生した46億年前。 そのときから肉眼で見える大きさで硬い殻を持った生物の化石が初めて産出する5億4200万年前までの先カンブリア時代。 約40億年も続くこの時代は、古い時代から冥王代、始生代、原生代に分けられてい…

» 続きを読む

地球の歴史―先カンブリア時代⑧ 有性生殖の発生― 

大きな地殻変動があった中原生代。 多様化を支える環境が整いつつある中、地球上に生息している生命もそれに呼応するかのように新たな段階を迎えました。 有性生殖の発生です。 これによって生命は大きく進化、発展していくことになり…

» 続きを読む

地球の歴史―先カンブリア時代⑦ 中原生代の大陸変化― 

全球凍結があった古原生代。 過酷な地球環境の変化があった後、地球はどうなったのでしょうか。 それまでとは違った状態への大きな変革、発展の時代でもある中原生代。 まずは大陸の変化とそのメカニズムを中心にみていきましょう。 …

» 続きを読む

地球の歴史―先カンブリア時代⑥ 全球凍結― 

地球の大気中に酸素が出現し、生物が進化し始めた原生代。 この時代は大きく、新原生代、中原生代、古原生代の3つに分けられます。 では、それぞれはいったいどういう時代だったのでしょうか。 まずは、古原生代からその時代に起こっ…

» 続きを読む

地球の歴史―先カンブリア時代⑤ 原生代― 

先カンブリア時代のもっとも古い時代、冥王代のときに地球が形成され、地殻と海ができ、最初の生命が誕生しました。 そして、次の始生代(太古代)では、大陸が生成され、表層環境の酸性化に伴う生命の発生と進化が起きてきます。 これ…

» 続きを読む

地球の歴史―先カンブリア時代④ 冥王代~始生代(太古代)時代の生物― 

始生代(太古代)は、地球の歴史を考えるうえで重要な2つの変化が起こった時代といわれています。 1つが大陸の生成。 そして、もう1つが表層環境の酸性化に伴う生命の発生と進化です。   つまり、この時期は他の太陽系…

» 続きを読む

地球の歴史-先カンブリア時代③ 大陸生成― 

45億4000万年前、誕生当時の地球は今とは違った姿をしていました。 太陽系の他の惑星との際立つ違いとして指摘されている大陸と海。誕生当時の地球にもそれらはなく、岩石が溶けたマグマオーシャンに覆われていたといいます。 お…

» 続きを読む

地球の歴史-先カンブリア時代② 始生代(太古代)を知る手がかり- 

約45億4000万年前に地球が誕生し、地質学的証拠がほとんど見つかっていない冥王代の次の時代である始生代(太古代)。 この時代は、ようやく当時の様子を垣間見ることができる地質学的証拠が見つかった最初の時代でもあります。 …

» 続きを読む

地球の歴史―先カンブリア時代① 冥王代― 

地球が誕生したのが約45億4000万年前。 その後、地球はどのような歴史をたどったのでしょうか。 地質学上もっとも古い時代、先カンブリア時代の冥王代と地球の歴史をひも解くために重要な年代測定法についてみてみましょう。 &…

» 続きを読む

生命の神秘―人類誕生― 

人類(ヒト)の祖先が、チンパンジーやボノボ(以前はピグミーチンパンジーと呼ばれていた)の祖先と別れたのは、600万年前~700万年前だといわれています。 では、ヒトはどのように誕生したのでしょうか。人類誕生についてまとめ…

» 続きを読む
上に戻る