一悟術

ひといちばい敏感な子ども(HSC)の子育てに大切な5つのこと 

周りの人の気持ちに敏感 新しい環境に自分からすぐには入れない 少しでも服が濡れたり砂がついたりするとすぐ着替えたがる 匂いや大きな音に敏感でびっくりしやすい 何かを選んだり決めたりするのに時間がかかる HSC/HSP (…

» 続きを読む

人に合わせすぎて疲れてるあなたへ!その原因と対策 

人に合わせすぎて疲れることはありませんか? たとえば職場でのランチ。 本当は和食が食べたいのに、同僚から「新しくオープンしたイタリアンに行かない?」と誘われ、つい「いいよ」と答えてしまう。その場は楽しく過ごせるのに、何と…

» 続きを読む

AI時代到来 変化に対応できる子どもを育てよう 

AI(人工知能)時代がやってくる、とあちこちで耳にするようになりました。 インターネットの普及、一人一台スマホ、など、急激に変化していく世の中で、今まで当たり前にあった仕事がなくなり、今まで予想もしなかった仕事が生まれて…

» 続きを読む

「子どもの不登校がつらい、疲れた」親のストレスを和らげる親子関係の改善方法 

子どもの不登校が長引くと、親のストレスも溜まってきます。 学校に足を運べなくなっている子どもに対して、時には叱り、時にはなだめ、時には交渉手段を使ってみたり・・・(〇〇を買ってあげるから、学校に行ってくれなど)、学校や周…

» 続きを読む

親に厳しく育てられた人の特徴 

子どもの頃にまわりの子はみんなしてるけどしちゃいけないことや自分の考えがあるのに親の考えに従わなければならなかったことってありませんか? みんなは持ってるのに自分だけ買ってもらえない 門限があって友達と遊びずらい 友達と…

» 続きを読む

許したくても許せない両親を許すにはどうしたらいい? 

誰にだって許せない人のひとりやふたりはいるのではないでしょうか。 父親、母親等の親族や、夫、妻、子供等の家族、職場の上司、同僚等の仕事関係等が思い当たるかもしれません。 そんな許せない人に対してあなたはどう対処しているで…

» 続きを読む

子どもは幼少期から親の顔色をうかがう。親子間の忖度と非言語のやりとり。 

2017年に政治をゆるがせた「もりかけ問題(森友・加計学園問題)」にまつわるキーワードとして忖度(そんたく)という言葉が一躍注目されました。 この言葉を見た時、私は「えっ何て読むの?すんたく?」と、漢字が読めませんでした…

» 続きを読む

「離れたいのに離れられない」心の傷が生む’共依存’を卒業する方法 

幸せになりたい、そう願いながら大切な人との関係性に苦しんだり悩み続けていませんか? 一緒にいると苦しい、でもなぜか離れることができない もしそう感じているなら、その関係性は共依存かもしれません。 共依存は、苦しいものだけ…

» 続きを読む

人に現れる、自分の心 

今回は、自分自身の“ものの見方”を改め、気持ちを切り替えることで、自然と相手が変化するだけでなく、環境までも変化していくことが実感できるような考え方を展開していきます。日常にある人間関係に当てはめながら考えてみてはいかが…

» 続きを読む

親子関係の歪みや亀裂を解消するヒケツ 

物質文明の急速な進歩は、私たちに遠距離移動を可能にさせ、膨大な情報量を提供してくれるようになりました。このような進歩発展は、とても喜ばしいことと受け止めている人も多いことでしょう。 しかし、急速な変化に対して私たちの“心…

» 続きを読む
上に戻る