一悟術

帰国子女の「空気の読めなさ」が日本に必要な理由 

はじめに《帰国子女は常識知らず?》 海外で育った帰国子女が日本で暮らし始めると空気を読めないと思われがちです。 それは海外の空気と日本のそれが違うので慣れるまでに時間がかかるからであって、決して彼らが鈍感だからではありま…

» 続きを読む

帰国子女とインナーチャイルド 

はじめに《「帰国子女」がいるのは日本だけ?》 外国で生活していると様々な人種の人達と出逢います。 私が生活をした経験のあるアメリカとエジプトには多くの人種がいました。 アメリカはご存知の通り「人種の坩堝(るつぼ)」と言わ…

» 続きを読む

日系アメリカ人から学んだ和の精神 

はじめに《日系アメリカ人と出会った時の不思議な感覚》 2018年夏から夫の転勤でアメリカのワシントンD.C.で生活することになりました。 現地での暮らしの中で、日系アメリカ人の方々と交流する機会に多く恵まれました。 アメ…

» 続きを読む

これからの幼児教育~和の心の教育 

はじめに《世界が求める教育》 『子どもの教育の原理~保育の明日をひらくために~』(古橋和夫 編著)という本の中にこれからの幼児教育の大切なヒントがあるため、今回のコラムでは本著の中の言葉からこれからの幼児教育について考え…

» 続きを読む

英語を楽しく話せるようになる3つのポイント 

はじめに《英語とインナーチャイルドの不思議な関係》 日本人には英語が話せないことをコンプレックスに感じている人が多いようです。 国際化が進んで英語を話せると色々な面で有利だと思われているからだと思いますが、特に英語が必要…

» 続きを読む

「1/fゆらぎの人」になるには 

はじめに《1/fゆらぎとは何か?》 「1/f(エフぶんのいち)ゆらぎ」という言葉を聞いたことがあるという方も多いと思います。 人が心地よく感じてリラックス効果があるゆらぎのことなのですが、そもそも「ゆらぎ」とは何なのでし…

» 続きを読む

右脳的職場マネジメント 

はじめに《バリバリサラリーマンだった夫の「働き方改革」》 夫はいわゆるバリバリのサラリーマンでした。 ちょっと昔に「24時間働けますか?」というキャッチコピーのエネルギードリンクが流行りましたが、結婚した当初は午前4時に…

» 続きを読む

世界の教育「国際バカロレア」③~CASプロジェクトのその後と気づき 

はじめに《子供が社会に上手に関わっていく教育》 子供が社会に関わっていくことは大人になるプロセスとしてとても重要です。 学校でも家庭でも上手にそれを促すことができれば、子供達は自ら社会の問題と向き合い、解決しようとします…

» 続きを読む

世界の教育「国際バカロレア」②~TOK(知の理論)の授業 

はじめに《日本でも国際バカロレア認定校を増やしていく方針》 世界における国際バカロレア認定校は140以上の国・地域で4,846校に上ります。(平成29年6月1日現在) そのうち、日本での認定校の数は46校(一部導入校も含…

» 続きを読む

世界の教育「国際バカロレア」①~CAS(クリエイティビティ、アクション、サービス)の授業 

はじめに《社会に関わる意識を育てる》 私の子供達はエジプトにあるインターナショナルスクールの高校に通っています。 そこでは日本の学校にはない授業や教育に対する考え方があります。 世界の教育ではいったいどのようなことを教え…

» 続きを読む
上に戻る