一悟術

マニアックな漢方雑談「漢方とマクロビオティックは非なるもの」 

日本にはマクロビオティックという食に関する思想があります。 健康に関心のある方なら耳にしたことがあるでしょうし、街ではマクロビオティックをうたった料理教室、ショップやカフェを目にしませんか。 食べ物を陰陽で説明しているの…

» 続きを読む

子どもは幼少期から親の顔色をうかがう。親子間の忖度と非言語のやりとり。 

2017年に政治をゆるがせた「もりかけ問題(森友・加計学園問題)」にまつわるキーワードとして忖度(そんたく)という言葉が一躍注目されました。 この言葉を見た時、私は「えっ何て読むの?すんたく?」と、漢字が読めませんでした…

» 続きを読む

健康healthという言葉と定義 

2018年は一悟術メールマガジン毎月1日号に「小耳にはさんで欲しい健康の話」というコラムを書いています。 メルマガの第1回、第2回を併せて加筆修正し、内容を膨らませてみました。 健康の語源 健康の語源をネット検索してみま…

» 続きを読む

美人は得ですか?恋愛はやっぱり顔ですか? 

老若男女を問わず、自分の顔に満足している人はどれくらいいるのでしょうか。 生まれた時はそんなことは思いもしないでしょうが、いつの頃から自分と他者を比較して自分は可愛いくないとか、不細工だとか、自分は損だとか、自己否定に向…

» 続きを読む

若者の求職活動にハローワークが使える 

ハローワークといえば仕事を辞めた人が行く所という印象はありませんか。 私も自分が退職して、ハローワークへ行くまではそう思っていました。 仕事を辞めた人が雇用保険(失業手当)を受けるにはハローワークへ行って手続きを行い、求…

» 続きを読む

新年の抱負が三日坊主で挫折する理由を知り、2018年はリベンジしよう。 

2017年も2か月を切りました。 毎年、激動の1年だったと振り返るくらい世の中はいろんなことがありました。 皆さんもそろそろ1年の振り返りの頃でしょうか。 「一年の計は元旦にあり」と、今年の抱負をお正月に挙げた方もいらっ…

» 続きを読む

中学受験に合格!の裏にある親子関係「支配する愛情」 

人生には受験する機会がいろいろとあります。 幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、大学院、資格取得、就職・採用…。 その中でも「お受験」といわれるのが、私立または国立の幼稚園、小学校、中学校、高校を受験することです。 お受…

» 続きを読む

マニアックな漢方雑談「生まれてはじめての漢方薬:まくり」 

人気のテレビ番組に「はじめてのおつかい」という番組があります。 幼い子どもが人生で初めて一人でおつかいをするひたむきな姿を追った番組で、視聴者に感動を与えてくれます。 何事にも初めてがあり、そのストーリーには感動的なもの…

» 続きを読む

思春期で反抗したってお母さんに悩みを相談するんです。その時、お母さんのNGは? 

NHK「中学生・高校生の生活と意識調査(2012年)」によると12歳~18歳の男女が悩みや心配事を相談する相手の第一位は「友だち」(中学生41.8%、高校生59.6%)、第二位が「お母さん」(中学生38.4%、高校生25…

» 続きを読む

モンテッソーリ教育を子どもに受けさせる前にすること 

将棋の藤井聡太四段(14歳)がプロデビュー以来無敗で連勝記録を出し脚光を浴びています。 幼稚園ではモンテッソーリ教育を受けたということで、この教育への関心が高まり、わが子に受けさせたいと思う親御さんも急増しています。 今…

» 続きを読む
上に戻る