一悟術

「決めつけられると腹が立つ」決め付けられない人になる方法 

「あなたってこうだよね」

って言われて

「いや、そんなことないけど。なんでそうなるの?」

とイラっとしたり

 

些細な会話で

「それはテンション上がりますね」

「嫌な思いさせてごめんなさい」

とか言われて

「事実とは違う感情を決めつけられてる」

と感じることってありませんか?

 

決めつけてくる人って、なんなんでしょう。

相手はなぜ無神経に決めつけるのでしょうか。

 

ここでは決めつけてしまうその理由と、決めつけられない人になる方法について、私の経験をもとに考えてみようと思います。

決めつけてくる人に言いたい。

決めつけてくる人って、無神経なのか、なんなのかよくわかりませんよね。

私も決めつけられるのが大嫌いでした。

決めつけられた時はイライラするし、何よりも自分がちゃんと理解されていない感じとか、相手が理解しようとしてくれていないことに怒りと悲しみを覚えました。

「この人、視野が狭いんじゃないか」とか「思い込み激しすぎないか」とか行き場のない怒りを感じました。

本当は自分の意見を聞いてくれたり、違いを認めてくれたらいいと思いませんか。

決めつけてくる人にはこんなふうに言いたかったです

「あなたの思うように考えたり、感じたりするわけじゃないんだよ」

「私には私の感覚があるのに」

振り返ってみると「ちゃんとわかってほしい」「正確に理解してほしい」という感覚が強かったです。

相手はなぜ決めつけるのか

そんな気持ちが相手に届くわけはありません。

何しろ、決めつけてしまうくらいの人ですから。

相手はなんで決めつけてくるのでしょうか。

私の経験だと悪気があって決めつけているよりは、視野が狭いのかなって思いました。

(ディスってすみません。笑)

「この人はこう思ってるんだろう」「こういう時はこう感じるに違いない」という勝手な憶測がその人の中で真実になってしまっているんじゃないかと思います。

そこは違う人間なのだから、そうじゃない可能性を疑ってほしいところですが、疑う余地がない様子です。

疑う余地がなくて決めつけてしまうのは「自分と相手が違う人間だ」という前提がないのが原因ではないかと考えます。

相手と自分が違うと感覚的にわかっていれば相手の感情や意見を決めつけることは自然となくなってくるはずです。

では、なぜ「自分と相手が違う人間だ」という前提を持てないのでしょうか。

決めつけを生む、心の機能

それは心の機能が一つの要因です。

人にはみんな「相手は自分と同じように感じる。同じ意見を持っている。」と無意識に感じてしまう心の働きがあります。

残念ながらこれはみんな持っているものなので、決めつけてくる人にはもちろん、私にも備わっているし、決めつけられてイライラする人にも平等に備わっている機能です。

だから決めつけないためには意識的に「自分と相手が違う人間だ」という前提を持って物事を見たり、人と接したりする必要があります。

それには練習が必要です。

「普通はこうかなって思うけど、相手はどうだろう?」って確認したり、自分の意見や見解をいったん保留にしなきゃいけないんですよね。

決めつける人というのは、その練習をしてこなかったのではないのかと思うのです。

日本は「みんな同じ」が強い国だから、「相手もそうだろう」と思いやすい傾向にあります。だから決めつける人を生みやすい国かもしれません。

決めつけられるのが嫌いな人には生きづらい社会かもしれないですね。

決めつけられないようになるには

原因がわかったところで決めつけてくる人を変えるのって難しいです。

その度に説明してもあんまり伝わらないような気もするし、説明するだけ疲れてしまいます。一度分かってもらえても、また別のことで決めつけてくるかもしれません。

それなら、こちらが変わってしまった方が話が早いです。

どうやって変わるかというと、

決めつけられないような人になればいいんです。

決めつけられない人になれば、決めつけられて腹が立つことも、わかってもらえなくて悲しむこともなくなります。

決めつけてくるのは相手なのに、そんなことできるの?って思うかもしれません。

それが、できるんです。

ここからは決めつけられない人になるための方法をご紹介しようと思います。

私が試してみて「もうこれで大丈夫」と思えた方法です。

これができるようになってからは、以前のように決めつけられてイライラした記憶はありません。

しかも、以前なら腹が立っていたことも、なんとも思わなくなったんです。

自分の世界と相手の世界を分ける

その方法とは、相手の世界と自分の世界を分けることです。

分けるというのは、自分の世界にある自分の感覚や意見を大切にし、それと同じように相手の感覚や意見も大切にするということです。

分けて考えてみると、相手がいくら決めつけようとそれは相手の感覚や意見であり、相手の世界の中での話ということになります。

できるようになると

「あなたってこうだよね」

って言われても

「この人にはそういうふうに見えるのか」

くらいで終わってしまいます。

相手がそう思っているだけで、それ以上でもそれ以下でもありません。

だから訂正する必要もないし、逆に相手の考えだから、自分に変える権利もないという感じです。

こう考えると楽になるんですが、私は正直いうと、すぐにはできませんでした。頭でわかっていても腹が立ったんです。

無理やり「これは相手の意見であって、事実じゃないから」「気にしない、気にしない。」と自分に言い聞かせているような感じでした。

それが事実ではなかったとしても、相手が勝手に自分のことを判断することがものすごく嫌だったし、悲しかったです。

結局、頭で考えて相手と自分を分けたとしても、感覚的についていけなかったのです。

あなたはどうですか?

実は、これがうまくいくかどうかは、親子関係が関わっています。

決めつける親の影響

自分の世界と相手の世界を分けて考えようとしてスムーズにできるのは、ある程度自分の世界が確立されている場合です。

元々自分の世界ができていれば意識するだけで相手の世界と自分の世界を分けて考えることができるからです。

自分の世界を確立できている人は、成長過程で自分の感覚や世界観を大切にできた人です。おそらく、大人になっても自分の感覚に素直で、人前でも自分らしく振る舞えて、人間関係もスムーズでしょう。

でも、私は真逆でした。幼い頃に自分の世界を作ることができなかったんです。

私の親は「どうせこう思ってるんでしょ」なんて決めつけることもあったし、過干渉であれこれ口出ししてくるタイプでした。

誰かが自分の世界に土足で入ってくることの方が当たり前の状態でした。

だから相手の世界と自分の世界を分けようとしてもうまくいかなかったんです。

幼い頃に覚えてしまった境界線の薄い人間関係や、心の奥にたまった正確に理解されない悲しみ、わかってほしい気持ちが自分の世界と相手の世界を分けることを難しくしていました。

決めつけられると腹が立つ

頭では「相手の世界のことだから」とわかっていても気持ちがおさまらない

そんなふうに思うなら、その根本原因は幼い頃の親子関係にありそうです。

ちなみに、日本は比較的、過干渉の国です。

私の親は結構レベルが高めの過干渉ですが、日本って、ある程度過干渉であることがデフォルトなんじゃないかなぁって感じがします。

それゆえ日本には決めつけてしまう人も多いし、決めつけられると腹が立つ人も多いのかもしれません。

親子関係を見直してみることは、相手がどんな言い方をしても気にならない、決めつけられない人になれる本質的な方法だとも言えます。

 

 

無料メールマガジン

メルマガでは、ヒーラー、リーダーによるコラムや公開FAQを掲載しています。
日頃から抱えている疑問点などありましたら、こちらから投稿してください。

お名前(必須)
姓: 名:

メールアドレス(必須)

上に戻る