一悟術

子供に怒鳴るのをやめたくてもやめられない本当の理由 

子どもは可愛いし、大事だから優しくしてあげたいし楽しく一緒に遊んであげたい。

だから本当はできるだけ怒りたくない。

頭ではいつもそう思っているのに

しつこかったり、我がままばっかり言われるとついイライラして

気づいたら「いい加減にしなさい!!」って、つい怒鳴って怒ってしまう…

こんなの良くないってわかってるから怒らないよう我慢してるのにでもやめられない。

『なんで?どうして?私がダメな母親だから??』

こう思っては、自分を責める声で頭の中がいつもいっぱいになって、気持ちが苦しくなる。

本当にどうしたらいいんだろう、、、誰か助けてほしい!

こんなふうに一人で思い悩んではいませんか?

私自身、かつて同じような状況を経験し何年も思い悩んでいました。

このコラムでは私自身の体験談を交えながら、子供に怒鳴るのをやめたくてもやめられない本当の理由と、やめられるようになるためのヒントをお伝えしていきます。

 

私の体験談


先ほども少し書きましたが、私もかつて、『子供に怒鳴って怒ってしまうことをやめたくてもやめられない 』ことに何年も思い悩んできました。

子どもは可愛いし愛情もある。だから、できれば楽しく笑って穏やかにいつも過ごしたい。頭ではいつもそう思ってはいるけれど、現実は全く逆で、毎日家事と育児に追われていて常にピリピリ。

子供に対してイライラしてもできるだけ怒らないように我慢する。けれど、イライラする頻度が増えてくると必ずどこかでドッカーンっと爆発。

「もう、何度言わせるの!」

「いい加減にしなさい!」

と感情まかせに怒鳴って怒ってしまう。

そして、我に返った後は『またやってしまった…どうしていつも自分はこうなんだろう、、、』そう自分を責めては罪悪感や自己嫌悪に襲われて落ち込む。

このパターンを何年も繰り返していました。

『本当は子供に愛情がないんじゃないか?』

『本当は大事に思ってないんじゃないか?』

『母親失格なんじゃないか?』

こんな声が頭の中を何度もめぐり、いつも気持ちが葛藤して本当に苦しかったのを覚えています。

 

子供に怒鳴るのをやめたくてもやめられないのはなぜか?

私の経験から言えば、怒鳴ってしまうのは決して子供に愛情がないからでも、大事に思っていないからでも、自分がダメな母親だからでも、本当の理由はそのどれでもないということです。

例え、子供に愛情があっても、大事に思っていたとしても、良い母親であったとしても、時には怒鳴って怒ってしまうことはあると思います。

だから、怒鳴って怒ってしまう自分のことを母親失格だとあまり責めないであげて欲しいのです。

この問題を解決するのに本当に大切なことは、「やめられない自分が悪い」という部分にフォーカスするのではなく、「やめようと思っていてもやめられなくしている原因が他に何かある」という視点を持つことです。

では、なぜ、子供に怒鳴るのをやめたくてもやめられないのか?

本当の理由は、”心のメカニズム”によるものです。

 

”怒鳴る”という行動を生み出す”心のメカニズム”の構造

簡単に説明すると、心の中に”怒鳴る”という行動にうつさせるような火種”がたくさんあります。

その火種というのは、概ね、幼少期に心の傷となるようなトラウマであることが多いです。

そこに何らかの刺激が加わると<自動的に発火して火種に火がついてしまう=怒鳴るという行動をとってしまう>そんな感じのイメージです。

先ほど「何らかの刺激が加わると」という言葉で説明しましたが、これは、発火を誘発する”怒りポイント”という存在になります。

要約すると、この”怒りポイント”に刺激が入ることで、心の中にある火種が自動的に発火して、結果的に怒鳴ってしまうという行動に繋がるのです。

”怒鳴る”火種となる幼少期の心の傷(トラウマ)とは?

「インナーチャイルド」という言葉を聞かれたことはあるでしょうか?

インナーチャイルドとは、乳児期から成人になるまでの間に作られた心の傷(トラウマ)のことを言います。

特にベースとなる心の傷は、主に乳幼児期の両親との関係性や当時の家庭環境の中で作り出されることが多くあります。

例えば、

・親から褒められたり・認められたりすることがほとんどなかった。

・常に親のいうことを聞くことを強要され、聞かなければ否定された

・常に良い成績をとることを求められた/親が教育に厳しかった 

など、日常的に自分の存在を否定されているような印象を受ける言動・行為・振る舞いなどです。

上記のような内容で、過去の自分の親との関係性の中で、何か思い当たる節はありませんか?

もし思い当たるような節があれば、潜在的にそれが心の傷となり、”怒鳴る”火種になっているかもしれません。

怒鳴るのをやめられるようになるために

怒鳴るのをやめられるようになるには、まず”怒鳴る”行動に繋がってしまう火種を発火させてしまう”怒りポイント”どんなものなのか?少しずつ気づいていく必要があります。

わたし自身、怒鳴るのをやめられるようになっていく過程の中で自分自身を観察しながら見つけた”怒りポイント”がありました。ご自身の”怒りポイント”見つけるための参考にしてみてください。

怒鳴るきっかけをつくっていた”わたしの4つの怒りポイント”

①完璧主義

予定通りに物事を進めたい。もしくは、やろうと思ったこと全部終わらせないと気が済まない。

そんなことはありませんか? わたし自身はそうでした。
でも、子どもがいれば当然予定通りに進むことなんてほとんどないし、ハプニングがあったり、時間通りに終わらないなんてことはざら。でも、頭ではそんなふうにわかっていても、いざとなるとこの完璧主義がにょきにょきと出てきて、自分の思い通りにいかない状況にイライラが募って最後にはドッカーンと爆発して怒ってしまうことがよくありました。

②”理想の母親像”と今の自分を比べてしまう

なんとなく自分の中に”理想とする母親像”ってありませんか?

例えば…

・いつも一緒に楽しんで遊んであげる

・優しくていつも穏やか

・子供の話をちゃんと聞いてあげている

とか。

わたしはそれが本当に強くあっていつも無意識にその理想像に自分を近づけようと頑張っていました。

けれど、それが行き過ぎてしまって”理想の母親像”のようにできない自分にダメ出ししたり否定してしまうことがよくあって、結局それがイライラやストレスの原因になって怒ることに繋がっていました。

 

③他人の子育てと自分の子育てを比べてしまう

さっきの”理想の母親像”と自分を比べてしまうことと似てることですが、他の人の子育てと比べてしまうことってありませんか?『自分はちゃんと子育ているんだろうか…』と自信が持てないときや落ち込んでるときほど、私は比べてしまっていました。結局、比べてしまうことで自分にダメ出しをしてしまうことになるので、これもイライラやストレスを溜めてしまう原因になります。

④自分をいつも過小評価してしまう

普段、自分がこなしている家事・育児を『全然大したことしてない』『全然ちゃんとできてない』といつの間にか過小評価していませんか?

私はいつも『母親業ってちゃんとできて当たり前。逆にちゃんとやってないと批判される』みたいな思いがあって自分がやれてることに全然目を向けられておらず、むしろ「全然足りない!もっとやらなきゃ!!」と自分で自分にプレッシャーをかけていました。こうした自分への過小評価がイライラやストレスが溜まる原因となっていました。

ちなみに余談ですが、母親業というのは「世界一大変な仕事」だと評されるぐらい実は大変な仕事だそうですよ。

*参考資料動画:https://www.youtube.com/watch?v=WcidfzfIWdE&feature=youtu.be(引用元:アメリカのカードストアAmerican Greetings社作成「世界一大変な仕事」)

怒鳴るのをやめたくてもやめられないループから抜け出すための3ステップ

子供に怒鳴るのをやめられるようになるには、まず自分自身の”怒りポイント”がどこにあるのか?少しずつ気づいていくことです。事前に自分の怒りポイントに気付けるようになれば、怒鳴ってしまいそうになったら咄嗟に察知して対処することができるようになるからです。もちろん、慣れるまでは怒鳴ってしまうことも多々あると思いますが、確実に減っていくと思います。

次にお伝えする3つのステップは、私自身も実践して怒鳴るのをやめられないループから抜け出すのに非常に役立ちました。この3つステップを実践することで自分自身への俯瞰力を身につくので、ぜひ粘り強く日々実践してみてください。

ステップ1:怒りポイントに気付くように日々自分の様子を観察する。

『どんなときに自分が怒鳴ってしまうのか?』気付けるようになると、感情的になって怒鳴ってしまう回数は減ってきます。しかし、怒鳴るポイントを観察してたら、やっぱり怒ってしまって『あ〜あ、、やっぱりわたしは、、、』と自己嫌悪に陥ったり自分を責めてしまうときも当然出てくると思いますが、やり続けていくうちに少しずつ”スイッチが入るポイント”がわかってくるようになるので、諦めずに続けてみてください。

ステップ2:観察日記をつける。

その日観察して覚えていることを書き出して見てください。最初の頃は、とにかく覚えていることを日記のような感じ書き出してもらうのでも構いません。意識して書き出して欲しいポイントは、「どんなときに自分がイラッとしたり、イライラし始めたか?」または、怒鳴ってしまったとしたら「どんな状況で怒鳴ってしまったのか?」を意識して書き出して見てください。

ステップ3:「なぜ怒鳴ってしまったのか?」理由を考えてみる。


観察日記を書くことに慣れてきたら、次は自分なりに「怒鳴ってしまった」理由を考えてみましょう。このときに気を付けたいのが、怒鳴ってしまった自分を否定的に捉える理由を考える事です。

怒鳴ってしまう火種である心の傷(インナーチャイルド)を癒す必要性

先ほどお伝えした3つのステップはあくまでも、怒鳴ることを減らしていくための一時的な対処策であって根本的に怒鳴ることがやめれるようになるわけではありません

怒鳴ること自体を完全にやめるためには怒鳴ってしまう火種である心の傷(インナーチャイルド)を癒していく必要があります。

しかし、「癒していく」と一言で言えても実際にその作業をやっていくということはかなり根気のいることです。

私自身、実際に自分のインナーチャイルドを癒していく最中は先の見えない感じがして永遠にこのループから抜けられないんじゃないかと感じて何度も投げ出したくなったこともありますし、大きく改善するには数年の時間を要しました。

けれど、結果的に今得られたものは、子供に怒鳴るのやめたてもやめられなかった頃とは比べものにならないぐらいの幸福です。

子供とたわいのない話で笑えるのが当たり前で、怒ってしまって自己嫌悪になることもなければ、自分を責めることもない。そんな家族と心穏やかに毎日が過ごせることがこれほど幸せな事だったんだと噛み締める毎日です。

根気や時間はかかるかもしれないけれど、その後に得られるメリットの方が何倍も本当に大きいのです。

まとめ

怒鳴ることをやめたくてもやめられない 状態にいた頃は、自己嫌悪にもなるし、幼かった娘を可愛がれない自分のことが本当にイヤでたまりませんでした。

けれど、毎日のように家事や育児は続いていくからそんな思いを抱えながらでもやっていかなければいけない。
そんな気持ちの間で常に葛藤して常に苦しさを覚えながら思い悩んできました。

けれど、そのことがあったからこそ実は一番傷つき苦しんでいたのは自分自身だということに気づき、自分の深い心の傷を癒してくることができ、今はあの思い悩んでいた頃が嘘のように心穏やかで娘とも良好な関係性を築けるようになりました。

昔の私のように、もしかしたら、本当はあなた自身が一番傷ついているのかもしれません。

そのことにあなた自身が気づき認めたところから、本当の改善と変化が起こりはじめます。

このコラムをきっかけに、あなたも自分のインナーチャイルドを癒して根本改善をスタートしませんか?

一悟術リーディングで、怒鳴ってしまう根本原因であるインナーチャイルドを探し出し、感情カウンセリングで、いつの間にか溜まってしまっている感情を少しずつ解放してインナーチャイルドを癒していきます。

わたし・ぽのがしっかりサポートいたします。よろしければぜひご相談ください。

無料メールマガジン

メルマガでは、ヒーラー、リーダーによるコラムや公開FAQを掲載しています。
日頃から抱えている疑問点などありましたら、こちらから投稿してください。

お名前(必須)
姓: 名:

メールアドレス(必須)

上に戻る