一悟術

「やりたいことがわからない」と思った時にすべきこと。自分の能力を生かして生きるための3つのステップ 

「なんのために生まれてきたんだろう…」なんて憂鬱な毎日を送っていませんか?

一生懸命考えても答えってすぐに出るわけでもなくて、世の中にある仕事を見回してみてもピンと来ることがなかったりしますよね。

「やりたいことがわからない」と思った時はやるべきことは非常にシンプルです。

今、やりたいことなんてなくても、好きなことがわからなくても、自分の能力を生かして生きていくためにやるべきシンプルで本質的な3つのステップがあります。

その先にあるのは自分らしく自由な人生持って生まれた気質や能力を存分に発揮する人生です。

シンプルな3つのステップでその先の新しい世界までご案内します。

3つのステップを実践した私の体験

まずは私の経験を少しお話しようと思います。

私はかつてやりたいことも好きなこともわからなくて、むしろ好きという感覚もなくて、とても悩みました。

「なんでこの世界にきちゃったんだろう」とか「自分ってどんな人なんだろう」とかけっこう真剣に考えてました。

「好きなことすればいいんだよ!」とか言われても「その好きってなんなの?」って感じでした。

同時にいろんな生きずらさも抱えて生きていました。

どんな声で話したらいいのかわからなくて困ってしまうくらい人前で自分らしくいられない、気分の浮き沈みが激しくてジェットコースターに乗っているみたいで自分で自分に振り回される、人混みにすぐ疲れて気が遠くなる、心の底から湧き上がってくる孤独感と喪失感、絶望感と無力感

とにかく、大変でした。

今は状況はとても変わりました。

好きなことがあります。好きなことは本当にそれだけで胸が震えます。ワクワクします。やりたいこともあります

自分の持って生まれたものを生かして生きていくのはこっちなんだと確信みたいなものがあります。

3つのステップを実践するようになって、これが1番大きな変化です。

ずっとずっと、見つけたいと思っていたものを見つけたのです。

感じていた生きずらさも変わりました。

人前で自分でいられる時もたくさんあるし、たまにはできない時もあります。でもそれでいいって思います。職場での些細な会話、挨拶が嬉しく感じます。人混みも満員電車も大丈夫。

気分はかつてが津波なら、今はゆったり湧き出る温泉のような心地いいゆらぎです。抱えきれなかった孤独感、喪失感、絶望感と無力感はどこへいったのか探してしまうくらいです。

シンプルな3つのステップを生活に取り入れてから、毎日が新しくて本当の自分を発見する瞬間の連続でした。

「本当はこんなことが好きだったんだ」「私はこんなこと大切に感じてるんだ」とか、今までいくら考えても分からなかった自分を発見するのは常識が心地よく覆るような感動と新鮮さがありました。

そして自分の内が変わることで外の世界もガラリと変わりました。

なんだか、あっという間に自分の使命のようなものを確かに心のうちに感じるようになりました。

私がやってきたシンプルで本質的なこと3つのステップにしてまとめました。

自分らしく自由な人生持って生まれた気質や能力を存分に発揮する人生を手に入れるための宝探しの地図です。

この地図を読む人は度々出会う新しくて本当の自分を楽しみながら、自然体で能力を発揮して誰かの役に立ったり、毎日の小さなことに充実感を感じたりする毎日を手に入れると思います。

そんな人がたくさん現れることを願って、書いてみます。

親子関係の影響について知る

3つのステップをご紹介する前に、実践する上で必要になる前提からお話ししようと思います。

私がかつて抱えていた、やりたいことがわからない不安な日々や生きずらさの根本的な原因は親子関係にありました。

私だけでなく、よく耳にする生きずらさなどの問題は親子関係に解決の糸口があることが非常に多いです。

人は思ったよりずっと親の影響を受けて成長します。

性格は幼少期の環境で決まるといっても過言ではありません。

育った国が違えば全く違う性格を持っていたかも…なんて思うことはないでしょうか?

成長過程で体験し、感じることは無意識に起きるプログラミングのように潜在意識に書き込まれます。

生きずらさの原因になるのは親子関係で受ける影響の中でもネガティブなプログラミングです。

このプログラミングを紐解いていくことが人生を大きく変える鍵となります。

ネガティブなプログラミングは満たされない想いや傷ついた経験が心の奥に沈んでいくことでできあがります。

簡単に書くとこんな順番です。

親子関係の中で満たされない想いや傷ついた経験をする

その想いや体験が心の奥に沈んで傷になる

ネガティブな思考パターン・反応パターン・行動パターンになる

自分では変えようと思ってもなかなか変えられない生きずらさ
やりたいことがわからない状態

例えをいくつかあげてみます。


好きなものや友人を批判される

批判されたという傷ついた体験

「親とおんなじように感じないと認められないんだ、自分は間違ってるのかもしれない」と満たされない想い悲しみ心の奥に沈む

親の意見と同じ意見を持とうとする

そのために自分の感じ方を無視するようになる

とっさに人に合わせてしまう
人前で自分らしくいられない
人と違う意見を持つのが怖い
自分と違う意見を受け入れられない
何が正しいか考えてしまう
自分の好みが分からない
自分のことがよく分からない

親の子どものためにしたことはコントロールになりがちです。


親が子どもを思って「ちゃんと勉強しなさい」「周りに気を使いなさい」と言う
守らないと怒ったり、不機嫌になる

「自分が認められるためには条件がある」と受け取る。
「勉強する自分は認められるけど、やらない自分じゃ価値がないんだ」

「周りに気を使えない自分はだめだ」

という満たされない想いが心の奥に沈む

そのままでは愛されない、認められるために何かしなきゃいけない、と感じるようになる

自分への無価値感
認められるためにやらなきゃいけないことがたくさんある心理状態
「人に気を使わなきゃ」
「嫌な思いさせてないかな」
「何か身につけよう」
「もっと学ばなきゃ」
など、親の理想や価値観を生きている状態

子どもへの過度な干渉は「お前はダメだ」のメッセージになります。


禁止事項が多い、やりたくない習い事をさせる

自分の本音が抑圧されて満たされない想いが蓄積されていく
自分の本音は無視されるので否定感がたまる
満たされない想いや否定感が心の奥に沈む

否定感がたまると「自分はダメだ」と感じる

自分への無価値感
絶望感

こんな感じで親子関係はネガティブに人生に影響を与え続けます

それは、心の傷によって存在価値が感じられないから、他人に認めてもらう必要を感じる状態です。

認めてもらうために条件を抱えて「あらねばならない自分」や「しなければならないこと」を生きているということです。

その条件は親が与えた条件なので親の理想や親の価値観を生きているということになります。

こうなると、もともと生まれた時の「本来の自分」と影響を受けた後の「今の自分」が別物になっている可能性は大いにあります。

自分のことがよくわからない、やりたいことがわからないと感じる場合はこの「本来の自分」と「今の自分」が大きく乖離していると考えられます。

「本来の自分」ではない、親の影響を受けた傷ついた自分を自分だと思っているから自分のことややりたいことがよくわからないのです。

ステップ1親子関係から自由になる〈癒して満たす〉

この親からのネガティブな影響を少なくして、自由度を上げていくことで影響を受ける前の「本来の自分」に出会うことができます。

やりたいことを見つけて、自分の能力を生かす人生には必須です。

影響を受ける前の「本来の自分」やりたいことを知っているし、発揮すべき能力を持っているからです。

親子関係の影響から自由になって、「本来の自分」に出会うための方法は、ネガティブなプログラミングの元になっている傷ついた体験を癒すこと、満たされなかった想いを満たすことです。

そして、「本来の自分」不要なパターンや不要な思い込みを手放していくことです。

癒して満たして、訂正する、その繰り返しです。

癒しとは気づくことです。

何に気がつくかというと傷ついた体験をした時に感じていた感情や感覚に気がつくということです。

例えに出た、好きなものを親に批判されて傷ついた場合、批判されて傷ついた、悲しかったという気持ちに気がつくこと、思い出して「そうだった、こんな風に感じていたな」と追体験することが一つの癒しになります。

傷は見たくないので無意識になかったことにしてしまいます。

なかったことにするとずっと傷は疼いて、原因はわからないけど人目が気になる、人と違う意見を持つのが怖いという反応パターンから抜けられない状態が続きます。

なんでそういう風に感じるのか傷の原体験を思い出して「そういうことだったんだ」と納得すること傷が癒えてネガティブなパターンから解放されます。

  • 幼い頃、親に対してどんな感覚を持っていたかを振り返ってみる
  • 今感じている生きずらさと同じ感覚を幼い頃にも感じていなかったか意識を向けてみる

など、傷ついた体験を思い出してどんな風に感じていたか目を向けてみてください。

「あの時本当はこんな風に感じていた」と当時感じていたことを受け止められた時、傷は少しずつ癒されていきます。

満たすというのも傷を癒すのと同じです。

満たされなかった出来事を思い出して、当時の感覚や感情をもう一度感じることで満たすことができます。

当時は聴いてあげることができなかった自分の本音を今聴いてあげるということです。

話をちゃんと聴いてもらうと満たされるのと似ています。

癒して満たすというのは傷ついた体験や満たされなかった想いをもう一度、心の奥から取り出して底に残っている感情や感覚に気がつくこと、そしてもう一度を感じることで起きることです

ステップ2親子関係から自由になる〈訂正する〉

癒して満たすを繰り返していくと、傷によって勘違いしていた思い込みが自然となくなっているのに気がつくかもしれません。

「勉強しなさい」と言われて、勉強すると褒められたり認められた場合、「勉強する自分には価値があるけどそのままじゃダメなんだ」と傷とともに思い込みが発生します。

だから「もっと学ばなきゃ」と頑張って、それが原動力になる状態です。

でも傷が癒されるとそんなにそれが原動力にならなかったり、別にそのまんまでいいか、と思えるようになってきます。

今まで頑張れたのになんで頑張れないんだろうと不思議に感じるかもしれません。

それは「勉強しない自分には価値がない」という幼い頃のネガティブな勘違いが訂正されていくということです。

心の傷ネガティブな思い込みを支えています。

だから心の傷が癒されてしまうと自分にとって不要な思い込みは維持できなくなってきます

普段から自分の思い込みに目を向けてみてください。

傷が癒えていても習慣で「もっと学ばなければ」などの思い込みが定着している場合もあるので、自分の考えていることが今の自分にマッチするのかどうか定期的に点検してアップデートしていきます。

傷が癒えていれば思いのほか簡単に新しい自分にアップデートすることができます。

ステップ3 本来の自分を育てる

傷が癒されて、ネガティブな思い込みやパターンが緩んでくると「本当の自分」が顔を出します。

今までのネガティブな思い込みやパターンなど「自分らしくない自分」という鎧をを脱いでいく感じです。

この「本当の自分」を育てていくことが重要です。

親が厳しかった、あれしなさい、これしなさいって言われたなどの経験があると、「本来の自分」を育てることができずやりたいことがわからなくなってしまいます。自分の軸や価値観も育ちません。

「本来の自分」を育てるには幼い頃に持つことができなかった「本音を感じて、どうしたいか考えてそれを行動に移す、失敗したらもう一度やってみる」ということの積み重ねで起きます。

普段の小さなところから本音を大切にした選択を心がけます。

空いた時間の過ごし方、今日のごはんや飲み物、お金の使い方などです。

便利だから、楽だから、健康に良いから、いつもこうだから…

は少し置いておいて、自分が本当に好きなものごと、気分にあったものを選んでみます。

ちょっとわかりずらいと感じる方はこんな選択はどうでしょうか。

  • 今日の帰り道、今の気分に合っているのは?
  • 家に帰って何する?順番は?
  • シャワーとお風呂どっちの気分?

食事は毎日のことなのでやりやすいです。

正解がないのでどこまでも続くという意味では難しいですが。笑

  • 外食と自炊どっちにする?
  • ごはんと麺どっちにする?
  • コーヒーはアイスとホットどっちがいい?
  • ごはんのお皿、どれ使う?
  • 食後に甘いものは食べる?

まとめ

やりたいことがわからなくなるのは親子関係のなかで負った心の傷や心の傷が支えている思い込みが原因です。

「本来の自分」が育つ時間がなくなるだけでなく、気が付かないうちに親の理想や価値観を取り込んだ自分を本当の自分だと勘違いして生きてしまうからです。

普段のちょっとしたネガティブな感覚から傷ついた原体験をたどって、もう一度自分の傷ついた本音に耳を澄ますことで傷を癒して満たすことができます。

不要な思い込みを手放して自由になった先で本来の自分と出会うことができます。

①癒して満たす ②訂正する ③本当の自分を育てるの3ステップです。

本質的な3つのステップで自分らしい自由な人生持って生まれた能力を生かした人生を手に入れてください。

Shiori

一悟術ヒーラー/感情カウンセラー/ヴィーガンスイーツ作家

中学時代から「本当の自分」がよくわからないと自覚するようになり、自分らしい自由な人生・自分の能力を生かして生きることを人一倍願いながらも「好き」という感覚すら分からずに、答えが見つからない不安な日々を過ごす。

学生生活終了後、答えを探すように数年間のノマド生活を経験。アメリカのオーガニックファームでのファームステイから始まり、農業、山小屋、オーガニックな飲食店など主に自然を近くに感じられる仕事をしながら北海道、富山、鎌倉、京都、熊本、沖縄などを移動。

現在は過干渉な母から自由になった経験を生かし、親の影響から自由になることで「自然体で自分の能力を生かして生きる」ことをサポート。

ちょっと変わった経歴や持ち前の自由さを生かして常識や囚われの先にある新しい世界へたくさんの人を案内している。

HP:https://atelier-umi.net/

無料メールマガジン

メルマガでは、ヒーラー、リーダーによるコラムや公開FAQを掲載しています。
日頃から抱えている疑問点などありましたら、こちらから投稿してください。

お名前(必須)
姓: 名:

メールアドレス(必須)

上に戻る