アラフィフ弾丸日帰りひとり旅【1】縁結びの三社参りは美保神社からスタート。

出雲大社の神さまは、生きとし生けるものすべてが幸福になる『縁』を結ぶ”えんむすびの神”として知られています。
日本全国から縁を結んでいただこうと人々が訪れます。

個人的には20代始めに青春18きっぷを使って出雲大社へ旅して以来、4回ほど参拝にお伺いしています。
あの頃は若かった。。。
夜行列車も鈍行列車も堪えませんでしたが、アラフィフになるとちょっと無理はできなくて。
最近は、空路で出雲地方に入り、レンタカーで時短、濃厚な旅をしています。

今回は、数年前に行った、大阪を出発してのアラフィフひとり旅『弾丸日帰り!出雲縁結び三社参り』をご紹介します。
ちょっとハードだけど、ここまでできたわ!と達成感満足感いっぱいの旅でした。

ひとり旅の参考になさってくださいね。

この記事の目次

出雲大社へは空の旅とレンタカー

大阪から出雲地方への弾丸日帰りなら何といっても出雲縁結び空港に入るのが楽です。
今回の旅は出雲縁結び空港を起点にし、レンタカーを利用しています。

番外的な空港を含めると、4つの空港が選択肢にあがります。
大阪以外の方の参考になさるように空港情報をサクッと書いておきます。

出雲縁結び空港

出雲大社に最も近い空の玄関は、出雲縁結び空港です。
航空会社:JAL(日本航空)、FDA(フジドリームエアライン)、JAC(日本エアコミューター)
発着地:仙台、東京(羽田)、静岡、名古屋(小牧)、大阪(伊丹)、神戸、隠岐、福岡から出雲入りできます。

レンタカーは、空港周辺に9社ほどあるので、予算、車種に応じて選択肢は広いです。

萩・石見空港

島根県西部、山口県寄りにANAが発着する萩・石見空港があります。
航空会社:ANA
発着地:東京(羽田)-石見のみなので、東京圏の方には選択肢のひとつです。

残念なことに、石見空港から出雲大社までは車、列車共に所要時間は3時間を超えるので、日帰り旅は厳しいですね。
でも、世界遺産石見銀山を訪れて宿泊してからの出雲大社ならお勧めですよ。

米子鬼太郎空港

鳥取県から西へ移動して出雲地方に入るならANAが発着する米子鬼太郎空港があります。
航空会社:ANA
発着地:国内は、東京(羽田)-米子のみなのでやはり東京圏の方向けと限定的ですが、今日ご紹介する三社を参る旅をここからスタートするのは十分にありです。

隠岐世界ジオパーク空港

島根県の空港は出雲縁結び空港と萩・石見空港の他にもう一つあります。
隠岐の島にある空港、隠岐世界ジオパーク空港です。
航空会社:JAL系
発着地:J-AIR(ジェイエア、ただし、夏季に就航のジェット機はJAL)は、隠岐-大阪。50分で隠岐の島に飛べます。
JAC(日本エアコミューター)は、出雲縁結び空港でJALに乗り継いで、福岡、大阪(伊丹)、東京(羽田)が便利です。

この空港は番外編っぽいですが、大阪から隠岐の島って空路なら近いんですね。
今度行ってみようかな。

縁結びに大切な三社とは?

さてさて。
縁結びに参拝するとよい神社として出雲大社はもちろん外せないのですが、その他の二社がどちらの神社かわかりますか。
ピンときた方は神社通!

外してほしくない神社を言い出したら、あそこもここもとたくさん出てきます。
が、弾丸日帰りとなるとこの三社!と私は思っています。
では、三社をご紹介しましょう。

  • 出雲大社
    大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)さま
  • 日御碕神社
    天照大神 (あまてらすおおみかみ)さま、須佐之男命(すさのをのみこと)さま
  • 美保神社
    三穂津姫命(みほつひめのみこと)さま、「えびす様」の別名で知られる事代主神(ことしろぬしのかみ)さま

なぜこの三社なのか。

こちらの図を見てください。
出雲大社、日御碕神社、美保神社。
この三社のご祭神は実はご親戚なのです。

神話の神さまも夫婦であったり、お子さまがいらしたり。
ある時は失敗したり、ちょい悪をしたり、喜怒哀楽もあって、実は人間的なところがあるんです。

それならば!
出雲大社の大国主大神さまにだけ参るより、皆々さま方に参る方が丁寧ではないかと私は思うのです。
私が神さまなら丁寧に一族にごあいさつ(お参り)されたらねぇ。
とはいえ、ご縁をくれ~と、努力もせずにお願いされたら嫌ですけど。。。

それと、親子である出雲大社のだいこくさまと美保神社のえびすさまの二柱を参ることを『えびすだいこく両参り』というそうです。
ご利益で親子や誰かとの仲が良くなるかもしれませんね。

三社参りに時間的余裕はない

2020年10月25日以降の時刻表によると、
往路は、大阪(伊丹)07:05発⇒出雲07:55着
復路は、出雲18:55発⇒大阪(伊丹)19:50着 となります。
朝早い。。。

レンタカーの貸し借りにかかる時間も要るので、現地で動ける時間は最大9時間程度と思っておきましょう。
食事も休憩もしないとね。

Google Mapsを見ると、美保神社が離れていますね。
そのため、全移動距離は160キロ超。
出雲空港を挟んで、東西に行ったり来たり。

時間の余裕はなく、神社以外の観光にはほぼ行けません。
飛行機に乗り遅れないようにと思うとプレッシャーがかかるので、出雲空港から遠い美保神社から参拝してできるだけ気持ちに余裕を持つようにしました。

一社目は美保神社へ向かう

レンタカーを借りてナビを設定。
出雲縁結び空港⇒山陰自動車道宍道IC⇒松江JCT⇒松江だんだん道路⇒国道431号線へ進みます。
所々で境港、美保関、美保神社の標識も出ていて、わかりやすい道です。
信号も少ないし。
ただ、神社に近づくと対面通行で道幅も狭く、カーブもあるので運転には気をつけてくださいね。

松江で和菓子と抹茶がいいなぁと頭をよぎりますが、迷いを振り切ってさあ美保神社へ。

(写真は、島根県観光写真ギャラリーよりお借りいたしました。)

美保神社は、出雲大社の大国主大神さまの妻である三穂津姫命さまと、大国主大神さまのお子さまである事代主神さまがご祭神です。
大国主大神さまには妻がたくさんいらして、神屋楯比売命(かむやたてひめのみこと)さまとの間に事代主神さまがお生まれになっています。
現代の人間社会ならなさぬ仲ですが、神さまの世界は大らかなのですね。

海に面して、というか、小さな港にお社があるという感じで、写真のようにご本殿を背にすると鳥居の向こうに海があります。
ほら、すぐそこに海でしょ?
神社と人との距離が近い昔ながらのお社です。

海風に吹かれて懐かしい感じがします。
いつまでもここでぼーっとしたいと思うほどの心地よさを感じました。
はぁあ。

間に合ったらラッキーなご神事

美保神社では、毎日、朝夕にご神事があります。
朝は8:30から夕は15:30から日々のお供えを献上し、さらに神恩に感謝する祭典「朝御饌祭(あさみけさい)・夕御饌祭(ゆうみけさい)」があります。
神楽も奉納されます。
自由に拝観できるので出会えたら感動!幸運!ご縁です!
神恩感謝の気持ちでご覧くださいね。

弾丸日帰りの旅では、美保神社の参拝を最後するとあやかることができますよ。

参拝作法は

美保神社は2礼2拍手1礼で参拝します。
その時、願い事をせずに神さまに感謝することが大切です。

神社は本当は神さまにお願いする所ではなく、日ごろの感謝を伝え、心を新たにする所なのです。

時間があったら寄りたいスポット

この弾丸日帰りひとり旅でいつも寄りたいと思いながら寄れていない絶景スポットがあります。
それが美保関灯台。

美保神社から車で5分。
道なりに進んでいくとあります。

後の移動を考えて泣く泣くスルーしています。
行きたいなぁ。。。行きたいなぁ。。。
行かれた方はどんなだったか教えてくださいね。

まとめ

数年前に行った、大阪を出発しての『弾丸日帰り!出雲縁結び三社参り』のご紹介【その1】です。
空路で出雲入り、レンタカーで巡る日帰りひとり旅はなかなかのハードですが、アラフィフ女子だってこれくらいできるんですよ。

三社参りの始めは美保神社でした。
二社めは、出雲大社か日御碕神社か?
どちらに向かったか次の掲載まで楽しみにお待ちください。

アラフィフ旅に興味のある方はこちらの記事もどうぞ。

あわせて読みたい
アラフィフ女子にひとり旅を勧める理由「自分の本音が見えてくる」 – あめのそよかぜ
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

心の傷専門家
感情カウンセリング
薬剤師

大学卒業後、製薬会社の学術部で社員教育と医療関係者への情報提供に携わり、その後、整形外科病院で薬剤師として勤務、退職。
現在は心の傷専門家として、ヒーリングやカウンセリングを提供しています。

昭和39年生まれ、一男二女の母。
第一子のアトピーをきっかけに桶谷式母乳育児、栄養学、食育を学ぶ。
第三子の妊娠・出産・育児期は夫婦関係や健康にトラブルが続き心身共につらい日々が続いたので、心と体の回復を目指して漢方と心理学を学んだ。

その学びを深めていく中で、バーストラウマやインナーチャイルド、過去生など心の傷に向き合うことで状況を克服。
今では笑顔を取り戻し、日々軽やかに過ごしている。

セッションでは、生きづらさを感じている方の心が軽くなり、日常の幸せに気づき、自分らしさを取り戻していただけるように心掛けている。

アラフィフ女子が幸せに生きる方法 https://amenosoyokaze.com/

この記事の目次
閉じる