一悟術

大人女子のファッション考。スマートカジュアルに正解コーデなんてない! 

ドレスコードがスマートカジュアルと指定された場合、はてさて何を着ていこうかと頭を悩ますことはありませんか。
そうなのよ、あるあるという声が聞こえてきそうです。

ウィキペディアでスマートカジュアルを調べてみても、そもそもこれ!という定義がないのでコーデが決まるどころか悩みが深くなるばかりです。
スマートカジュアルはドレスコードの中では装いの選択がもっとも難しく感じられるものかもしれません。
でも、本当は堅苦しくなく気楽なものだと思うのですが…。

大人女子のファッションの悩み「スマートカジュアルは何を着ればいい?」を考えてみました。

ドレスコードでのスマートカジュアルの位置づけは

ドレスコードとは服装規定をいい、場所、時間、集う人の目的などに応じて服装のマナーがあります。

格式の高いものから簡単に説明すると次のようになります。

正装(フォーマル)
昼はアフタヌーンドレス、夜はイブニングドレス

準正装(セミフォーマル):
昼はセミアフタヌーン、夜はカクテルドレス。
ワンピーススーツやスカートスーツも準正装に入ります。

略礼装(インフォーマル)
ワンピーススーツ、スカートスーツ、
「平服で」という場合は略礼装を基準に考えます。

以下、
スマートエレガンス
カジュアルエレガンス
ビジネスアタイア
スマートカジュアルの順に。

このように格式の高いものから並べてみると、スマートカジュアルの位置づけは下位になるのですが、実際の着こなしとしては略礼装(インフォーマル)以下で普段着(カジュアル)よりおしゃれな装いが該当し、選択の幅がとても広いのが特徴です。

 

コーデの幅があり過ぎて悩んでしまう

スマートカジュアルは、略礼装(インフォーマル)から普段着(カジュアル)の間で様々な着こなしができるので、シーンに応じてどのような装いを選択をするかがが悩みの種となっています。
選択の幅がありすぎるから困ってしまうのです。

 

こんなシーンはどうしたか【私の場合】

男性の場合は、最低限、ジャケットがあればなんとかなりそうです。
でも女性の場合は、装いの幅があるからこそ悩みます。
そこで、ドレスコードがスマートカジュアルと指定された経験をいくつか紹介します。

残念なことに、写真がありません。。。
どういう風に考えて装いの選択をしたかを感じ取ってくださいね。。。

ハイクラスなホテルでの食事会・パーティー

東京の新宿にあるハイクラスなホテルのレストラン個室でのお食事会に参加した時。
参加者は8名ほどで気心は知れていて、上質な食事を純粋に楽しむ会。
会のクオリティを考えると、準正装か略礼装のレベルですがスマートカジュアルでという指定。
もちろん普段着では行けませんね。
選択したのはワンピース。
デザインはおしゃれ要素が高く、素材が普段着より良く、クリスマスパーティーやフランクな結婚パーティーの場に着ていけそうなものでした。
セミフォーマル(準正装)を意識しつつカジュアル度を高めた選択です。

 

ホテルでの学年同窓会

大阪のハイクラスなホテルでの同窓会に幹事として参加しました。出席者は150人ほど。
幹事なので当日はおしゃれを楽しむより、軽やかに走って動けるようにパンツスーツを選択。
ビジネスアタイアに近いですが、ホテルウーマンにならないように、また、ビジネス感が大きく出ないように生地感や色目を変えました。
※ビジネススーツならコサージュなどでアレンジもありです。

幹事でないならワンピースかスカートスーツを着ていただろうと思います。

 

仲間と行くオーベルジュの旅

旅行なので、まさに普段着で良いのですが、宿泊がオーベルジュなので上品さや優雅さを入利用と思いました。
なので、スカートとノースリーブタンクトップにカーディガンのアンサンブルと普段着っぽいですが、素材を上質なものにしました。

 

スマートカジュアルに正解はない!

いろいろ試行錯誤をした結果、私は、スマートカジュアルに正解はありません!と言いたいです。
上の3つの例をとっても装いは全く違っているでしょう?

正装(フォーマル)と準正装(セミフォーマル)は型が決まっているから、型からはみ出ようがありません。
決まり事の中で選択するから選ぶのも楽なのです。
ところが、スマートカジュアルは略礼装(インフォーマル)以下で普段着よりおしゃれな幅のある中で選ぶので、型があってないようなものです。

家に居る服装よりおしゃれにという捉え方もできるし、いえ、もっとおしゃれにという捉え方も、カーディガンじゃなくてジャケットよ、いえいえパンツじゃなくスカートよというのもありなのです。
ズバリ、大胆に言うと、TPOを大きく外さなければ何でもありなのがスマートカジュアルだと思います。

 

悩みの本質は場違いになる不安

TPO(ティーピーオー)とは、Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合。またはOpportunity)の頭文字をとって、「時と場所、場合に応じた方法・態度・服装等の使い分け」を意味します。

スマートカジュアルに悩む人にとっての問題は自分の装いが場違いになりはしないかという不安ではありませんか?
自分だけおかしい、自分だけ浮いている、自分だけKY(空気が読めない)。
そうなるのが怖くて不安なのではありませんか。

正装(フォーマル)や準正装(セミフォーマル)は型が決まっているから型の中でならどれを着てもOKなのが安心で不安も生まれにくいのです。

でも、スマートカジュアルは型があってないようなものだから場違いになる可能性があるわけですよね。
この不安に囚われてしまうのだろうと思います。
だから、ネット検索で正解コーデといわれるものを見ても、皆さんは自分が出かける場のTPOにそれがふさわしいかでまた悩むのではないしょうか。

 

コーデのポイントは足し算or引き算

おしゃれに苦手意識があればあるほどこの装いでよいかという不安は大きく、正解コーデは一体どれか?と躍起になります。
でも、スマートカジュアルは、そもそも服装規定としては緩いものなので正解にこだわらなくて良いと思いますよ。もちろん、指定されている時間や場所、どういう集まりなのか、どういう人たちが集まるのかを推し量るのは必要ですが、堅苦しく考え過ぎずご自身もどう楽しむかが大切だと思います。

とはいえ、装いに迷うなら、ご自身のイメージする格式に足し算するか引き算するかで考えると楽になるかもしれません。

ご自身の感覚で、出かける先が格式が高そうなら略礼装(インフォーマル)をイメージしてそこからの一段下、あるいは二段下に着崩したコーデを考えてみてください。これがランク上からの引き算
例)ワンピーススーツからジャケットを引き算してカーディガンに変える。

格式にそれほどこだわないフランクな集まり、つまりカジュアルに近い場なら普段着(カジュアル)から一段あるいは二段着上げたイメージをすると考えやすいと思います。これはランク下からの足し算です。
例)シャツ・パンツのシャツをおしゃれな上質なものに変えたり、スカーフやアクセサリーでアクセントをつけたり、華やかさやを出す。

ネット検索の正解コーデもこの視点で見てみると選びやすいと思います。
要は、ご自分がその場をどういうものと捉えているかを明らかにしてイメージすることではないでしょうか。

 

それでも困ったらプロに聞け

といっても、おしゃれが苦手な人にとっては足し算も引き算も、それ自体が悩みとなります。
そのような場合は、プロに聞きましょう。
私はプロに聞く派です。

例)友人のお店のオープニングセレモニーが、夜、ハイクラスなホテル宴会場である。ドレスコードは指定されていない。

まず、TPOを捉えて、自分がどう装いたいかの考えました。
友人を応援する有志が主催なので仲の良いお友達が多く、年齢の幅は広そう。ドレスコードは指定なし。
これらからスマートカジュアルでも良いと判断しました。
ただ、超ではなくてもハイクラスのホテルなので、スマートカジュアルでも上品で上質な感じが欲しいところです。

季節を考えると手持ちでは心許なかったのでパーソナルカラーのプロにアドバイスをお願いしました。
この時は、食事会にも仕事にもと様々なシーンに使えるワンピースが欲しいこと、肌が綺麗に見える色を着たいと思って、画像右のワンピースに単色のロングカーディガンを合わせてもらいました。

このような感じで、応用の利く自分にとっての基本のワンピースを一着持っておくと便利ですよ。
上着を変えることでいろんなシーンに使えて便利です。

 

まとめ

自分自身がスマートカジュアルというドレスコードでずいぶん悩み、試行錯誤した結果、スマートカジュアルに正解はない!という境地にいたりました。
自分の装いが場違いになりはしないかという不安や怖れが悩みの原因ですが、大切なのはTPOを外さずに自分も装いを楽しむこと。
ドレスコードの上位から引き算、または下位から足し算する感じでコーデを考えるとわかりやすいと思います。

参考)おしゃれなんて無理と思う心の構造と楽しめる私になる方法

おしゃれなんて無理と思う心の構造と楽しめる私になる方法

 

柴田ともみ

一悟術ヒーリング1級
一般社団法人感情カウンセラー協会認定感情カウンセラー
薬剤師

大学卒業後、製薬会社の学術部で社員教育と医療関係者への情報提供に携わり、その後、整形外科病院で薬剤師として勤務、退職。
現在は一悟術ヒーラーとして活動中。

昭和39年生まれ、一男二女の母。
第一子のアトピーをきっかけに桶谷式母乳育児、栄養学、食育を学ぶ。
第三子の妊娠・出産・育児期は夫婦関係や健康にトラブルが続き心身共につらい日々が続いたので、心と体の回復を目指して漢方と心理学を学んだ。

その学びを深めていく中で一悟術と出会い、バーストラウマやインナーチャイルドなどの心の問題に向き合うことで状況を克服。
今では笑顔を取り戻し、日々軽やかに過ごしている。

セッションでは、生きづらさを感じている方の心が軽くなり、日常の幸せに気づき、自分らしさを取り戻していただけるように心掛けている。

HP:https://asakochi.jp/
BLOG:https://ameblo.jp/tomomin358

無料メールマガジン

メルマガでは、ヒーラー、リーダーによるコラムや公開FAQを掲載しています。
日頃から抱えている疑問点などありましたら、こちらから投稿してください。

お名前(必須)
姓: 名:

メールアドレス(必須)

上に戻る