一悟術

意見を押し付けてくる、苦手なあの人から自由になる方法 

世の中にはいろんな意見があるものですが、自分とは違う意見を押し付けてくる人は身近にいませんか?

「これが正しい!」と言われると自分の考えがないがしろにされた気がして相手の意見を受け入れられなくなってしまいますよね。

そんな人とは距離を置きたいものですが、職場など苦手な人とも関わらなくてはならない機会もあるかと思います。

そんな時に意見を押し付けてくる、苦手なあの人から自由になる方法をご紹介します。

苦手意識を認める

苦手な人から自由になりたいときに最初にやりたいことがあります。

それは意見を押し付けてくる人に対して苦手意識を持っていることを認めることです。

素直な気持ちを大切にすることがとても重要で、苦手な人がいることに嫌悪感や罪悪感を抱いたりすることなく

「この人苦手!」あきらめてしまいます

多くの人は苦手意識を持つこと自体にネガティブなイメージがある場合が多く

相手に対して嫌だなと思っていることに蓋をしてしまいます。

人によっては相手の意見を受け入れなければならない感じがしたり、

相手の意見を理解できない自分を責めたりしているかもしれません。

 

でも、苦手であることを認めないと、

 

苦手

寛大になって相手の言うことも受け入れなくちゃいけないと頑張る

やっぱりできない

余計苦手になる

でも寛大になろうと頑張る…

 

を繰り返してしまいます。

これだとただ自分の気持ちに蓋をして相手に合わせようとしているだけなのであまり解決になっていない上に、

コントロールできない自分の苦手意識にストレスは溜まっていく一方です。

いったん苦手だということを認めて、このループの外でゆっくり対策を考えることをおすすめします。

 

「相手のことが苦手だということを認める」これが最初のステップです。

 

自由になる方法

 

相手のことが苦手なんだから仕方ない!と開き直れたでしょうか?

 

意見を押し付けてくる人に苦手意識を感じるのは仕方のないことです。

なぜなら、人には目に見えない自分だけの空間があって、それが侵害される感じがするからです。

 

電車の中で知らない人と身体が触れていると居心地が悪く感じる方も多いと思います。

それは自分の空間に他人が入っているからです。意図していない急な接触ならなおさらです。

 

心理的にも自分の空間があり、そこには自分の感じていることや考えていることがあります。

意見を押し付けられたり、自分の考えを否定されることは自分だけの空間に相手が土足で踏み込んでいるということになります。

 

電車の中で知らない人が近すぎて居心地が悪かったら電車を降りて、その人と離れればいいように

苦手な人とは心理的に距離を取ることで対応が可能です。

苦手な人から自由になるためには心理的に遠くに行ってもらえばいいのです。

 

ここから、いくつか相手が遠くに感じる方法をご紹介します。

1.相手の意図の可能性を増やす

 

自分と真逆の意見や、自分の意見に対して対して否定的と感じる意見を言われると

つい相手が自分のことを否定していたり、悪意があると思い込んでしまうことがあると思います。

 

でも本当にそうでしょうか?

 

悪意があるように感じた場合や否定感を感じた場合は真逆の可能性を考えてみます。

表情や口調から明らかに悪意を感じる場合や自分のことを否定していると感じられる場合でも

もともとそういう表情なのかもしれないし、疲れていて口調がきついのかもしれないし、緊張しているのかもしれませんから、

親切で言っているとしたら、善意があるとしたら、と一旦考えてみます

 

可能ならどちらでもない可能性も考えてみます。

なんとなく言っているだけ、本で読んだことをそのまま言っている、とか誰かの影響を受けて言いたかっただけ、なんてこともあるかもしれません。

 

相手に遠くに行ってもらうためには、相手の意図がどこにあるのかをこちらが決めないこと

そのために意図はなんなのか多くの可能性を予想することが有効です。

 

実は相手がどういうつもりで言ったかは相手にしかわからないことですから、

それをこちらが印象だけで決めてしまうことは逆に自分の方から相手の空間に侵入して距離を縮めていることになるのです。

2.相手の都合を考える

 

善意だったとしても意見を押し付けられるのはごめんだ、と感じるでしょうか。

 

異なる意見を持っているのが人間なんだから、押し付けないでほしいと感じるかもしれません。

意見を押し付けるのは大人気ないという考え方もあります。

 

こういうときは、相手が意見を押し付けてしまう都合を考えるとさらに距離が遠くなります。

 

「この人はずっとこれが正しいと思って頑張って守ってきたのかもしれないなぁ」とか

「この考え方を貫くことに価値を置いていて、貫けないことが怖いのかもしれないなぁ」とかそんな感じです。

 

相手が意見をはっきり持っている場合、もしかしたら自分の信じてきたものを守るために不安なのかもしれません。

 

意見を押し付けてくるには何か事情がある可能性を持ってみることも相手を遠くに感じるのに有効です。

 

これも、相手の事情は相手にしかわからないことですから、

なんの事情もなく意見を押し付けているとは断言できないのです。

 

勝手に判断することは距離をこちらから縮めてしまうこと、覚えておくといいかと思います。

 

3.多角的に見る

 

第三者になったつもりで自分の意見と相手の意見を見てみます。

当事者同士だとわからないことが見えてくるかもしれません。

どちらの意見でもない3つめの意見が見えてくるかもしれないし、二つの意見のいいところと悪いところがフラットに認識できるかもしれません。

第三者として一緒に話したら第三者はどんな意見を言うでしょうか?

4.相手と自分は大きく違うのだと認識する

日本人は空気を読むのも、みんなで何かする、何気なく歩調を合わせることも得意なお国柄なので

日本人というだけで自分と似たような意見を持っている、きっと分かってくれると感じやすい可能性があります。

 

たとえば相手が全く違う文化を持った外国人だったらどうでしょうか?

国が違うだけでなく、違う星から来た民族だとしたら意見の違いもあんまり気にならないかもしれませんし

説明したところで相手には理解されなくても気にならないかもしれません。

 

たとえ自分を否定しているように感じても、相手は空に浮く宇宙船の中で地球人の自分に対して意見を言っている、と想像すると

相手を遠くに感じますよね。

ここまで遠くなると、なんだかどうでもいい気分になってきませんか?

 

違う意見を少し遠くに置いて眺めてみるのもいいかもしれません。

自由度チェック

4つ、ご紹介しましたが、相手の意見もまぁ、ありなのかもしれないな、とかいいなと思えたら自由度が上がっていると考えられます。

 

もしそれでもどうしても相手が意見を押し付けてくる感覚が消えない、苦手意識が変わらない場合はインナーチャイルドが原因かもしれません。

 

幼い頃に

  • 親から意見を押し付けられた
  • 親が過干渉で自分の意見を尊重されないと感じた
  • 親のいう通りにすることが多かった
  • 親の前では意見が言いづらかった
  • 親の顔色を気にしていた

などの経験によって、満たされなかった想いが心の奥に沈んで傷(=インナーチャイルド)になっている可能性があります。

意見を押し付けられると、その時感じた「なんで分かってくれないんだろう」とか

「話を聞いてくれなくて悲しい」とか、満たされなかった想いが刺激されて反応しているのかもしれません。

 

その場合はひとまず、今は過去の傷に触れて嫌な気持ちになっていることを自分に許して、

今すぐに相手への苦手意識が変わらなくてもいい、と考えるのが初めのステップになります。

根本解決はインナーチャイルドを癒すことになりますが

ここで紹介した苦手な人から自由になる方法も有効ですのでお試しください。

 

Shiori

一悟術ヒーラー/感情カウンセラー/ヴィーガンスイーツ作家

学生生活を終え、数年間のノマド生活を経験。
アメリカでの学生生活、オーガニックファームでのファームステイから始まり、北海道、富山、沖縄、九州、京都、鎌倉など主に自然を近くに感じられる仕事をする。

現在は都内で定住生活を満喫しながらノマド生活中に出会った一悟術ヒーリング、感情カウンセリング、ヴィーガンスイーツを通して常識が心地よく覆るような新鮮さと感動を提供している。

自分のことや好きなことがよく分からない状態から抜け出し、本当の自分を生きる場所に立った自身の経験をいかして囚われから自由になった素直な感覚で創る、自分らしいオリジナルな人生をサポート。

HP:https://atelier-umi.net/

無料メールマガジン

メルマガでは、ヒーラー、リーダーによるコラムや公開FAQを掲載しています。
日頃から抱えている疑問点などありましたら、こちらから投稿してください。

お名前(必須)
姓: 名:

メールアドレス(必須)

上に戻る