中古iPhoneの買取査定価格が半額以下で自己評価も半分に

今回はYouTubeの撮影用に使っていたiPhoneを売りに出したときのお話し。

提示されたiPhoneの買取査定価格によって、自分の価値(自己価値)を自分から落としてしまった感覚をお伝えしようと思う。

自分のことを

自分の価値を

低く見てしまうクセがあるという方には参考になるかもしれない。

中古買取店にiPhoneを売りに行った時、

提示された
「iPhoneの買取査定価格」が自分の価値(自己評価)と一致してしまい、とても悲しく落ち込んでしまった

いや〜

辛く、苦しくも、いい経験をした。

特に自分の中に出てきた感情と

自分だけでは抜け出すことができなかった壁を今回の経験を通して乗り越えることができた。

すんごい嫌だったけど

すんごく前に進めた感覚。

一緒に味わってみたい?

この記事の目次

iPhoneの買取査定価格が半額以下に

YouTubeの撮影用のために使っていたiPhone。

諸々の事情により売りに出すことになった。

撮影機材として手元にあった方が便利でいい。でも、無くても他の機材で撮影ができるから、困ることもない。

頭ではわかっているけれど、

愛着もあったりして、なんとなく手放すことが心苦しくもある。

でも、
諸々の事情を考えると、今のタイミングで手放した方が良いようにも思われてくる。

心の中では葛藤があり、

モヤモヤした気持ちもあり、

心の整理がつかないままにいつも利用している家電量販店の買取カウンターへと赴く。

お店の人は
「このタイプのiPhoneだと、最高値で45,000円になります」

まあ、
それくらいの値段だったら、今まで使った分を考えると十分かな。と自分に理由をつけて査定に出すことに。

待つこと1時間。

査定結果を聞きに再度お店の買取カウンターへ。

「査定が終わりました。iPhoneは本体の周りに少し傷があるだけで減額になります。
 今回は50%以上の減額で2万円での買い取りとなりますが、いかがでしょうか?」

私は即答で

あ、イイです。

と即決で売らないことを決めて引き上げることに。

気持ちの葛藤

2万円と言われて

思わず、

「安すぎだろ!」と思ってしまった自分がそこにいた。

でも、よく考えてみる。

何に対して安いと思ったのか?

それは、当初

自分が勝手に期待していた満額の「45,000円」に対しての「安い」。

そう、

「2万円」そのものが安いのではなく

「45,000円の満額 → 20,000円の減額評価」に対して『安い』と思ってしまった。

ここにあった気持ちの正体は

自分を安く見られた

という思い。

それは

目の前にモノとして存在している、

買い取ってもらいたいiPhoneの中古市場での商品として評価ではなく、完全に「自分自身」に対する評価と一致して感じ取ってしまっていた。

言葉にすると

「オレのこと、そんな安く見るなよ!」みたいな。

気持ちにすると

くやしー!

ちくしょー

そんな、安くないぞー!

もっと、オレ頑張ってたよね!

もっと、認めてくれてもいいよね!

そんな安い人間じゃないよ!

結局、誰も認めてくれない!

寂しい人間なんだ!

なんの価値もない存在なんだ!

あれあれ・・・

どこに向かっているの???

iPhoneの評価=自己評価

結局、2万円で売ることになったiPhone。

でも、

気持ちの整理がちゃんとできていないよね。ってことで、

イチゴリズムでも記事を書いている「リーダー・感情カウンセラー ぽの」から感情カウンセリングを受けて、自分の中の気持ちを整理し直すことにする。

以前にも感情カウンセリングを受けた感想を記事にしているので、良かったらこっちも読んでみて。

あわせて読みたい
パワハラの圧力を上手に処理できた感情カウンセリング 今回は私が感情カウンセリングを受けたきっかけと、個人的な感想を皆さんにお伝えしていきたいと思います。 私は、イチゴリズムで記事を書いている感情カウンセラーのMU...

感情カウンセリングは感情カウンセラーのサポートを受けながら自分の気持ち、感情にアプローチをかけるカウンセリング。

本当はどう思っているのか?

どう感じていたのか?

何を守ろうとしていたのか?

気づかないようにしていた感情は何か?

感情カウンセリングを受けるといろんな思いが次々と出てくる。

何回受けても、不思議なカウンセリング。

自分ではアプローチすることができない部分にスッと入っていける。

そこで最初に気づいたのが

iPhoneの評価=自己評価

iPhoneの中古査定価格を減額されたことによって

自分の価値を低く見られたような感覚になり、

そこから

自分自身の価値を

どんどんと下げていく作業を

自分で一生懸命していた。

客観的に見ることができれば

iPhoneの買取価格は中古市場での価値であって当然ながら、

私自身の価値とは一切関係が無い。

当たり前すぎることなのに、

買取価格が思っていたより低かったことで、自分の中で価値の一致が起こってしまった。

私が持ち込んだiPhoneを安く評価された。

私には価値が無いと判断された。

なんて、無価値な人間なんだ!

感情カウンセリングで自分の感情を客観的に見ることで

あ、違うじゃん

って簡単に気づくことができる。

自分の中で勝手に

iPhoneの買取価格の価値と
自分自身の価値を繋げてしまっていた

iPhoneの査定価格と自分の価値は違うんだよって。自分に伝え、納得感を持つことができればそれだけで大きく一歩前進できる。

ここまでは普通に気づくことかもしれない。

でもさらに、感情カウンセラーは深掘りしてくる。

透明な壁を越える

感情カウンセラーは自分では気づくことができない、私自身には見えていない透明な壁を乗り越えることを試みようとする。

自分の中のモヤモヤがある程度解消されていてホッとしていた時、

感情カウンセラーから追撃の一言が発せられる。

まだ何かあるよね

感情カウンセラーはその先にある答えをくれるわけではない。

アドバイスもくれない。

まだいける先がある。というヒントをくれるだけ。

もっと行けるよ。と背中を押してくれるだけ。

自分で探ってみる。

iPhoneを売ってしまうことに対して自分の中には、まだまだ燻ったような抵抗感が心の奥底の方に感じられる。

でもそれが何か。自分ではつかめない。

それでも考えて、感じて、探ってみる。

出てきたのは、

iPhoneを売ると自由が奪われる

私にとってのiPhoneは

自由に自己表現を実現するための大切なツールだった。

iPhoneを売ることは、自己表現をするためのツールを奪われること。

それによって、私自身から自由の一部がもぎ取られるような感覚が出てくる。

自由を奪うな!

という気持ちが強く出てくる。

本当にそうなのか?

iPhoneを売ったら

オレの自由は本当に奪われてしまうのか?

オレの自由はiPhone?

ここで気づく。

iPhoneに囚われた自由の中にしか生きていない自分がいた。

iPhoneがあろうとなかろうと

オレは自由な存在なんだ。

自分自身が囚われのない自由な存在となると決める

自分にとっての自由をちゃんと捉え直すことで、世界が一気に拓けたような軽い感覚を持てるようになった。

ヒーリングを受けることで超えやすくなる

感情カウンセリングが終わった後のフィードバックでのこと。

ヒーリングを受けている人は
自分には見えない壁を越えやすいんだよね。

ヒーリングというのは

私が提供している「バーストラウマ・インナーチャイルドヒーリング」のこと。

感情を作り出す根本要因の一つとなる

バーストラウマとインナーチャイルドが癒されていることによって、自分の中に無意識に作ってしまっている

透明な壁

という存在を越えやすくなる。

もちろんそれは

一人では容易に越えられないし、難しいこともある。

でも、今回のようなカウンセラーのサポートが入ることによって

自分だけでは越えられない壁をヒーリングを受けていることで

簡単に超えることができた。

囚われのない自由な世界へ

今回のテーマは私自身の気づきのメモ。

囚われのない自由な世界を生きる

そのコミットの意味も含めて書いてみた。

自由に記事を書くとどうなるかな?と思って書いてみる。

そもそも自由ってなんだろう?

囚われのないってなんだろう?

そんなことを考えながら書いてみた。

私から

私の自由を奪っていたのは

他の誰でもない「私自身」でだった。

私が私自身を解き放ったとき、

私の中から何が出てくるのかを楽しみながら毎日を過ごす。

もう、やめにしよう。

自分を何かに縛りつけるのは。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

個人セッションのご案内
神奈川県鎌倉市で対面の個人セッションを実施しています。
ヨネイカンと直接会ってセッションを受けたいという方は、ホームページからお申し込みください。
【ホームページ】自分らしく生きる学校(https://kanyonei.com)(個人セッションのご案内)

【執筆者プロフィール】
自分らしい生き方をビジネスでも実生活でも実現したい。
そんな思いを実現していく中での気づきを中心に書いています。

経営者としての日々を過ごし、現在は事業を手放し新たな事業へと挑戦中。
以前までは、ビジネスで成功して稼ぐということは「自分を犠牲にすること」と思っていました。
頑張って、頑張って、頑張った末に得られた成果にこそ意味があると思っていたのです。

頑張る世界観の中での生き方から、毎日を楽しみながら、自分らしく稼ぐという道があることを知りました。
まだまだ道半ばではありますが、わたしの経験や気付きをシェアすることで皆さんに少しでもお伝えできるものがあれば嬉しく思います。

【ホームページ】自分らしく生きる学校(https://kanyonei.com)(個人セッションのご案内)

【YouTube】自分らしく生きる学校 @Youtube

この記事の目次
閉じる