一悟術

マニアックな漢方雑談:映画「家族はつらいよ2」の丸田さんの死から銀杏を考える 

2017年に映画「家族はつらいよ2」が公開されました。
【監督】山田洋次(「男はつらいよ」「釣りバカ日誌」各シリーズ)
【配給】松竹
【時間】113分
【原作】「家族はつらいよ2」ノベライズ版

試写会で観た時に、おお!丸田さん(登場人物)の死因は銀杏!と一人ほくそ笑んでしまいました。
ぎんなんって漢字では銀杏と書きますが、読み方によって意味が異なります。
しかも、ちょっと扱いが難しい生薬であり、食用とするのも注意が必要なのです。
映画をきっかけに銀杏について考えてみました。

 

「家族はつらいよ2」の問題の場面

家族はつらいよシリーズは家族の悲喜こもごもを描いた喜劇です。
「男はつらいよ」の雰囲気を持ちながら、新しい味わいを感じる日本らしい映画です。
銀杏がどう絡んでいるのか前置きとして紹介します。

あらすじ(Wikipediaからの抜粋)

周造はドライブ中に偶然、旧友の丸田と出会う。
かつて呉服屋の息子で女子生徒からもモテていた丸田であったが、70歳を超えた今、彼は工事現場で棒ふりをしながら生活費を稼ぎ、ボロボロのアパートで孤独に暮らしていた。
丸田を哀れに思った周造は旧友を集め、丸田を励ます会を開く。
久しぶりに美味い酒を飲み上機嫌に酔っぱらった丸田は、周造に連れられて平田家に泊まることになったのだが、朝目が覚めると大変な事態になっていた。

居酒屋の場面では、「銀杏で飲む酒はうまい!」と上機嫌な丸田さんが好物の炒った銀杏をたくさん食べて、お皿に殻が山盛りなっているがシーンがあります。
この後、周造が朝目覚めると、丸田さんが亡くなっていて家中大騒ぎになり、身寄りのない丸田さんを葬送することになります。
そして、銀杏好きの丸田さんのために棺桶に銀杏をいっぱい入れてあげるですが、火葬の時に銀杏が爆竹のように爆ぜるところが喜劇の落ちとなります。

山盛りの銀杏の殻は丸田さんの好物を表しているのですが、銀杏の毒性を知っているとそんなに食べちゃったのね、あらら、丸田さん…となってしまいました。

 

丸田さんの棺に銀杏を入れるアイデアが生まれた背景

山田洋次監督が女優の蒼井優との雑談からこの場面の着想を得たそうです。
それは、蒼井優の知り合いに銀杏好きの老人がいたそうで、銀杏を入れて出棺したところ、火葬場でパチパチとはじけ、大変だったいうエピソード。
山田洋次監督もその話に笑ってしまい、「人の死は重たいことだけど、笑っちゃうこともあるんだな。この次の話の核にならないかな、そしたらできるんでないかな」とこの作品につながったということです。

 

山田洋次監督は知っていた?

山田洋次監督は1931年生まれなので、第二次世界大戦の前後は小学校から中学校にかけての食べ盛りでした。
銀杏の中毒は戦後の食糧難の時に多く報告されており、大量摂取での死亡例もありました。
苦味があっても毒があっても、食べることができるなら手を出してしまいますよね…。

山田洋次監督は銀杏の中毒も知っておられたのかもしれません。

 

読み方ひとつで意味が違う「銀杏」

銀杏の読み方は何を指すかによって違います。
樹木を指す場合はイチョウ、種子としてはギンナン、生薬としてはギンキョウと読みます。

 

銀杏(イチョウ)は樹木

イチョウは雌雄異株の植物で、その仲間が一億5000万年前にもこの地球に生息しており、今では生きた化石といわれています。
中国原産といわれています。
あのおなじみの葉っぱの形は、私たちがよく見ている木の葉と違い、鴨やアヒルの足に似ているので鴨掌(おうしょう)樹ともいいます。

銀杏(イチョウ)は街路樹でよく目にします。
私は大阪に住んでいるので、イチョウと言えば御堂筋の並木が頭に浮かびます。
皆さんはいかがですか。

また、古木では、青森県深浦町に樹齢1000年以上といわれる木があります。
化石も見つかっていることから日本には古くからあったようですね。

中国の古典には銀杏(イチョウ)は11世紀から登場していて、日本にはそれ以降伝わったという説もあります。

 

銀杏(ギンナン)は種子

種子は発芽して生長すれば一個の植物となります。
種子は、その小さな一粒で植物一個を作り出す生命力を持っていて、栄養価も高く精が強いものが多いです。
また、毒を持っているものもあります。
種子が毒を持つのは、鳥や動物に食べられず種として生き残り芽吹くための知恵といえます。

例えば、梅干しの種。
種を割って出てくる白い部分、これは仁(じん)といいます。
ここには青酸配糖体アミグダリンという毒が含まれていて、未熟な青梅では濃度が高いため「青梅を生で食べるな」というおばあちゃんの知恵が有名です。

 

銀杏(ギンキョウ)は生薬

毒というのは裏を返せば生理作用が強い成分なので、これをうまく使えば薬となり得ます。
成分のデメリットにフォーカスすると毒、メリットにフォーカスすれば薬という訳なのです。

銀杏(ギンキョウ)も同じで、銀杏(ギンキョウ)には毒もありますが、薬としても使えます。

中医学では銀杏(ギンキョウ)を用いた薬は次の3つがあります。

  • 定喘湯(ていぜんとう)
    構成生薬は、銀杏、麻黃、蘇子、甘草、款冬花(かんとうか)、杏仁、桑白皮、黃芩、半夏
  • 鴨掌散(おうしょうさん)
    構成生薬は、銀杏、麻黄、甘草
  • 易黄湯(いおうとう)
    構成生薬は銀杏、芡実(けんじつ)、山薬、黄柏、車前子(しゃぜんし)

 

日本最古の医学書といわれる医心方(いしんほう)は平安時代(10世紀)の書物で、その食用篇は食べ物について書かれています。
ここには銀杏(ギンナン)の記載はありません。
また、江戸時代の薬性能毒(やくしょうのうどく)は様々な生薬について書かれていますが、ここにも銀杏(ギンナン)の記載はありません。

以上から、銀杏(ギンキョウ)を使った薬はあるにはありますが、日本での汎用性はなかったという感じです。

 

銀杏の毒

銀杏(ギンナン)は年の数より多く食べてはいけないという伝承もあり、食用には注意がされてきていました。

イチョウ葉のお茶はいつから広まったのでしょうか。
健康食品としてイチョウ葉エキスが広まっていますが、その毒性についての認識はあるのでしょうか。

先人の知恵は、迷信や科学的根拠がないからといって軽んじるのではなく、耳を傾けることも大切です。

銀杏(ギンナン)の毒性

公益財団法人日本中毒情報センターの情報より抜粋

一度に多く食べると嘔吐、けいれんなどの中毒症状が出現することがあります。

ギンナンに含まれる有毒成分は熱に安定で、加熱調理しても消失しません。子どもが10個足らずを食べて中毒症状を起こした事例もありますので、食べ過ぎないよう十分注意しましょう。

経口中毒量  小児 7~15個
       成人 40~300個

症状 摂取後1~12時間で発症し、90時間以内(約半数は24時間以内)に回復する。
死亡例も報告されている。
主に嘔吐と痙攣で、痙攣が反復することが多い。
不整脈、顔面蒼白、呼吸困難、呼吸促迫、痙攣、めまい、意識混濁、下肢の麻痺、嘔吐、便秘、発熱

イチョウの実の果肉部分は素手で触るとアレルギー性皮膚炎を起こす成分(ビロボールやギンコール酸など)が含まれています。
種子である銀杏(ギンナン)にはビタミンB6を阻害する4-O-メチルピリドキシン が含まれています。

臭いといい、かぶれるといい、中毒といい、なかなかやっかいなことです。
小児が食べるのは特に注意したほうが良いと思われます。
中毒量の幅が広いのはケースバイケースが考えられるからでしょうが、少量での死亡例もあります。
小児だけでなく成人も要注意です。

先に紹介した通り、日本最古の医学書といわれる医心方・食用篇には銀杏(ギンナン)の記載はないことから、食用、特に常食には難しい面があるととらえることができます。

イチョウ葉エキスは?

最近、ドイツなどでは認知機能等の改善効果を期待した医薬品として利用されていて、日本ではイチョウ葉エキスを含む健康食品が売られています。

個人的には、イチョウの葉にも果肉と同様ギンコール酸が多く含まれているので、医薬品で医療に使うならともかくも、食品としてはそう簡単に摂取して良いとは思えません。
食品とした場合、毒性成分をどのくらい除去できているかは食品によってはレベルが様々でわからないからです。

参考)独立行政法人国民生活センター イチョウ葉食品の安全性-アレルギー物質とその他の特有成分について考える-

 

ミニ知識:漢方における仁

生薬の名前で仁(ニン)とつくものは種子の硬い殻を取り除いた部分をいいます。
梅干しの種の中の白い部分も同じです。
梅干しの場合は単に梅の仁(ジン)という方が一般的ですが、漢方的に読むと梅仁(バイニン)となります。
梅仁丹(森下仁丹株式会社)というのがありますが、この仁は梅には全く関係なく、儒教の教えにある仁を意味しています。

仁は仁でも読み方も意味もややこしいですね。

さて、漢方で使われる種子類で仁とつくものには、麻子仁(マシニン、麻の種子)、杏仁(キョウニン、あんずの種子)、桃仁(トウニン、桃の種子)、酸棗仁(サンソウニン、サネブトナツメの種子)、薏苡仁(ヨクイニン、ハト麦の種子)などがあります。

お聞きになったものもあると思います。
杏仁(キョウニン)は中華でおなじみの杏仁豆腐のアンニンです。
アンニンと読むのが一般的なようですが、キョウニンドウフとも言います。
最近は、杏仁豆腐には杏仁ではなくアーモンド(巴旦杏:読みはハタンキョウ)を使っていることが多く、正確に言えば巴旦杏豆腐でしょう。
アーモンドもアンズもバラ科サクラ属の仁なので同じようなものですが。

 

まとめ

映画「家族はつらいよ2」を観たことがきっかけで銀杏についてまとめてみました。
身近な植物ですが、銀杏(ギンナン)の毒はあなどれません。

銀杏(ギンナン)は食べ過ぎず、茶わん蒸しやがんもどき(関西では、ひろうす、飛龍頭)に1、2個入っているくらいか、おこわで少量が丁度よさそうですね。

 

 

柴田ともみ

一悟術ヒーリング1級
一般社団法人感情カウンセラー協会認定感情カウンセラー
薬剤師

大学卒業後、製薬会社の学術部で社員教育と医療関係者への情報提供に携わり、その後、整形外科病院で薬剤師として勤務、退職。
現在は一悟術ヒーラーとして活動中。

昭和39年生まれ、一男二女の母。
第一子のアトピーをきっかけに桶谷式母乳育児、栄養学、食育を学ぶ。
第三子の妊娠・出産・育児期は夫婦関係や健康にトラブルが続き心身共につらい日々が続いたので、心と体の回復を目指して漢方と心理学を学んだ。

その学びを深めていく中で一悟術と出会い、バーストラウマやインナーチャイルドなどの心の問題に向き合うことで状況を克服。
今では笑顔を取り戻し、日々軽やかに過ごしている。

セッションでは、生きづらさを感じている方の心が軽くなり、日常の幸せに気づき、自分らしさを取り戻していただけるように心掛けている。

HP:https://asakochi.jp/
BLOG:https://ameblo.jp/tomomin358

無料メールマガジン

メルマガでは、ヒーラー、リーダーによるコラムや公開FAQを掲載しています。
日頃から抱えている疑問点などありましたら、こちらから投稿してください。

お名前(必須)
姓: 名:

メールアドレス(必須)

上に戻る