一悟術

マニアックな漢方雑談「医食同源」 

「医食同源」からどういうことを連想しますか。
四字熟語だから中国の言葉?中国数千年の知恵?というように、中国から伝わってきたもののように思ってはいませんか。
実は、中国の古典に「医食同源」という語は見当たらず、この言葉は日本で作られた造語だったのです。
「医(薬)と食は源が同じ」というこの和製漢語は、今では「食で病気を治す」と読み替えられることもあります。
今回は漢方の起源と発達から「医食同源」を眺めてみたいと思います。

「医食同源」の意味

現在、「医食同源」の意味として一般的に使われているのは次の通りです。

岩波四字熟語辞典 (岩波書店、2002年)

医療と食事とは本質において変わらないという考え。
釣合のとれた食事は、医療と同様に、体の健康保持には大切だという観点から言ったもの。中国では、古くから食事を健康の保持・増進の上で重要視しており、薬用効果のある食材なども多く取込んでいる。そうした「薬食同源」の考え方をもとにして、1970年代ごろから日本で使われるようになった語。

広辞苑 第六版(岩波書店、2008年)

病気をなおすのも食事をするのも、生命を養い健康を保つためでその本質は同じだということ。

新明解四字熟語辞典 第二版(三省堂、2013年)

意味)食事に注意することが病気を予防する最善の策であるということ。
また、日常の食生活も医療に通じるということ。
補説)病気を治す薬と食べ物とは、ともに生命を養い保つためのもので、本来起源を同じくするものがあるということから。「医食」は医薬と食事、「同源」は起源が同じ意。

 

言葉の始まりはNHK

真柳(2016)によると「医食同源」は「NHKきょうの料理」(日本放送協会、1972年9月号)の特集「40歳からの食事」で新居裕久医師が、香港の「薬食同源」という考えを紹介するにあたり、「薬」では化学薬品と誤解されるので「医」に変えて「医食同源」としたということです。
日本で作られた造語「医食同源」がここから始まりました。

-文献-
真柳誠 2016 「医食同源の由来:古典籍にみる論理と歴史」『漢方と最新治療25巻3号183-188頁

 

漢方とは

漢方とは中国医学を基に日本で発達した伝承医学のことで、起源は中国にあります。
江戸時代に西洋医学が導入され、蘭方、洋方といわれたのに対し、従来の医学を漢方というようになりました。
一方、中国で発達した伝承医学は中医学といわれ、漢方と起源は同じですが異なる点もあり、一般的には漢方も中医学も同じもののように扱われています。
このコラムでも、便宜上、漢方と中医学は同じものとして扱います。

 

黄帝内経素問にみる中国伝承医学の起源

黄帝内経素問にみる中国伝承医学の起源

中国最古の医学古典に「黄帝内経素問(こうていだいけいそもん)」という書があります。
中国の皇帝である黄帝が質問し、岐伯(きはく)らが答えるという問答形式になっていて、中国を東西南北と中央の5つに分け、それぞれの風土的特色と病気、治療について書いている箇所があります。
それでは、黄帝内経素問の記載を元に漢方の起源を探っていきましょう。

 

南方

南方

南方は、熱帯で気温が高く、穀物がよく実ります。
例えば、米は熱帯原産で、日本でも気温の高い高知、宮崎、鹿児島、沖縄では二期作が行われるように、その生育は早く、収量が高いです。
そのような所では穀物を食べて生活しますが、気温が高いため汗をよくかき、ミネラル分が奪われるため、筋肉硬直したり痙攣しやすくなります。
そこでで筋肉を緩める治療法が発達しました。

 

北方

北方

北方は、高原地帯で寒冷であるため、穀物の生育も十分でなく、野菜や果物の生産もままなりません。
したがって、牛、馬、羊などを飼う生活となりました。内蒙古の遊牧民が当てはまるでしょう。
食生活は家畜や家畜の乳などの肉食が主となり、内臓が冷え、お腹が張るなどの病気になるので、灸や焼針といった熱を使う治療法が発達しました。

 

東方

東方は、東シナ海に面し、海や河川が流れ込む所なので、魚や海草が食生活に入ってきて、塩からい食事になりがちです。また交通手段として船の利用が増え、足が衰える傾向にありました。
このような所では、癰(よう)や瘍(よう)という細菌感染性のできものや腫瘍になりやすくなります。
そこで、砭石(へんせき)という現在の外科手術のような治療法が発達しました。

 

西方

西方

西方は、チベットに連なる山岳地帯で鉱物資源が豊かで、砂や石が多い所です。
風がよく吹き、気候風土は荒々しいので、人々は丘陵に住み毛織物を着ていました。
獣肉を食するため脂ぎり太りがちで、動植物を通して摂取した鉱物毒による内科的な病気が生まれました。
そこで、毒に対して薬という毒を使い治療する薬草療法(漢方)が発達しました。
この薬が湯液(とうえき)といわれ、漢方で用いられる煎じ薬のことを指します。

 

中央

中央は、都がおかれる都市部にあたり、東西南北の四方から食べ物が集まってきます。
現代でも都市部では衣食住が豊かで、食べ過ぎて運動不足となりがちです。
これを治療する方法として、マッサージのような導引按矯(どういんあんきょう)が発達しました。

 

漢方の本質

毒を薬という毒で制する

毒を薬という毒で制する

中国の伝承医学は、気候風土や食生活によって病気になったのを治療するために生まれました。
そのうちのひとつである漢方は、毒を薬という毒をもって制する治療法です。
「食べ物で病気を治す」という発想ではなく、「食によって病気になったから薬で治す」という視点で食と薬を見ています。

例)葛根湯

葛根は字の通り、葛(くず)の根で、食べ物としては葛粉に加工してでんぷんを食します。
薬としては葛根湯で用いますが、効果を最大限に引き出すためにその作り方や使い方は、傷寒論という漢方のバイブルというべき古典に記されています。

葛根湯(校正宋版傷寒論)
太陽病、項背強りて几几(しゅしゅ)、汗無くして悪風するは、葛根湯之を主る。
葛根四両 麻黄三両節を去る 桂枝二両皮を去る 生姜三両切る 甘草二両炙る 芍薬二両 大棗十二枚つんざく
右七味、水一斗を以って、先づ麻黄、葛根を煮て、二升を減じ、白沫を去り、諸薬を内(い)れ、煮て三升を取り、滓(かす)を去り、一升を温服す。
覆いて微似汗を取る。餘(よ)は桂枝法の如し。将息及び、禁忌は諸湯皆此れに倣う。

薬と食べ物は違う

食べ物として食するのと、薬として服用するのとでは扱いや期待される効果が異なります。
中国の先人たちは、漢方薬を病状に合わせて使い対処していきました。
実は、傷寒論に代表される漢方の古典では、何をどう食べればよいか、食をどうすればよいのかということにはほとんど触れていません。
ただひたすらに治療について書いているところを見ると、食と薬の境界ははっきりしていたと思われます。

 

まとめ

「医食同源」という語は日本発で、その辞書的意味と、漢方の起源と発達からみた本質は異なるものです。
気候風土や食によって病気になり、その治療法のひとつとして漢方が生まれました。
病気を食べ物で治すという考えは漢方にはなかったと思われました。

 

 

柴田ともみ

一悟術ヒーリング1級
一般社団法人感情カウンセラー協会認定感情カウンセラー
薬剤師

大学卒業後、製薬会社の学術部で社員教育と医療関係者への情報提供に携わり、その後、整形外科病院で薬剤師として勤務、退職。
現在は一悟術ヒーラーとして活動中。

昭和39年生まれ、一男二女の母。
第一子のアトピーをきっかけに桶谷式母乳育児、栄養学、食育を学ぶ。
第三子の妊娠・出産・育児期は夫婦関係や健康にトラブルが続き心身共につらい日々が続いたので、心と体の回復を目指して漢方と心理学を学んだ。

その学びを深めていく中で一悟術と出会い、バーストラウマやインナーチャイルドなどの心の問題に向き合うことで状況を克服。
今では笑顔を取り戻し、日々軽やかに過ごしている。

セッションでは、生きづらさを感じている方の心が軽くなり、日常の幸せに気づき、自分らしさを取り戻していただけるように心掛けている。

HP:https://asakochi.jp/
BLOG:https://ameblo.jp/tomomin358

上に戻る